information

4/5アップリンク渋谷にて監督最新作『ウワノソラ』上映

監督作短編「ハマの靴探偵」上映終了

監督作「キミサラズ」DVD発売中



2019年08月21日

エンテベ空港の7日間

『エンテベ空港の7日間』(原題 7 Days in Entebbe/2018年/イギリス・アメリカ合作/配給 キノフィルムズ/107分)



監督 ジョゼ・パジーリャ
製作 ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、ケイト・ソロモン、マイケル・ライト
出演 ダニエル・ブリュール、ロザムンド・パイク、エディ・マーサン、リオル・アシュケナージ、ドゥニ・メノーシェ、ベン・シュネッツァー

公式サイト http://entebbe.jp/
10/4(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開!!


実際に起きたハイジャック事件とその人質救出作戦を描くサスペンス

1976年、テルアビブ発パリ行きのエールフランス機を乗っ取った犯人が服役中の親パレスチナ過激派テロリストの解放を要求するが、イスラエル政府は犯人グループが立てこもるウガンダのエンテベ国際空港での人質救出作戦を決行する、という実際に起きた事件の4度目の映画化という。

過去の三本は事件直後に制作されたが、四十余年後に撮られた本作は詳細な研究や取材を基にした史劇であり、多角的に描く群像劇であって、主人公はドイツ人テロリスト。
英雄的な物語ではあるが単なるアクション映画やヒーロー映画ではなく、登場人物一人一人に深い人物造形が施されたリアルでシリアスなドラマになっている。

極限状態の中で理想と現実が入り乱れ仲間と対立し犯行の是非を問い続けるテロリストと、事件が引き金になって政治闘争化していくイスラエル政府を主軸に、長い拘束期間で人間性がむき出しになっていく人質たちや、あまりにも大胆な作戦に困惑を隠せないイスラエル軍兵士など、それぞれの立場で、それぞれの思いや葛藤が丁寧に描かれていく。

しかし事実を積み上げる展開はテンポよく、助長になることも無く、美しく素晴らしいショットの連続で、叙情と緊張感とが両立した素晴らしい演出で手に汗握る面白さ。

様々な国の人が登場するのでドイツ人同士はドイツ語で、フランス人同士はフランス語でなど、きっちり使用言語を分けているのだが、なぜかメイン舞台であるイスラエル政府はヘブライ語ではなく英語で会話しているのが奇妙だった。

劇中の要所でコンテンポラリーダンスが挿入されるのだが、それがとても効いている。
コンテンポラリーダンスを使用する映画はあっても無理矢理感が強かったり、残念な感じだったりすることが多い。
だが、この作品では大胆な起用ながら見事に融合し、むしろそのコンテンポラリーダンスがあるからこそ映画として完成したのではないかとすら思う。
豪快な音楽で煽りに煽ってから踊る、たまらん。
posted by 井川広太郎 at 13:52| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

タロウのバカ

『タロウのバカ』(2019年/日本/配給 東京テアトル/119分)



監督 大森立嗣
出演 YOSHI、菅田将暉、太賀、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼

公式サイト http://www.taro-baka.jp/
9/6(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー


東京のどん底で生きる少年たちが偶然、銃を手にしたことから暴走していく様を描く

資本主義では生産性が高いことが全てという偏った価値観によって、半グレ、援助交際、学歴偏重、違法行為、育児放棄、そして弱者を救済するどころかおとしめる思想や行為の数々など、現代の日本が生み出し続ける病巣を痛烈にえぐり出していく。

舞台を東京の外れ、川沿いの首都高の下辺りという絶妙な位置に設定したことが見事に効いている。

天からの恵みも全てが遮られ、光も届かぬ暗がりで生きる逞しさは、この国の希望なのか絶望なのか。
posted by 井川広太郎 at 15:04| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

世紀の光/ブンミおじさんの森

今日は早稲田松竹で「世紀の光」「ブンミおじさんの森」というアピチャッポン二本立てを見た。
「世紀の光」という邦題より「Syndromes and a Century」という英題の方がしっくり来るが、やはり素晴らしい。ラストのエクササイズが圧倒的にイケてる。
「ブンミおじさんの森」はやっぱりよく分からない。ラストのカラオケバーで流れるソングはカッコいいんだけど。
アピチャッポンは、とにかく音楽のセンスがオシャレすぎて最高。



posted by 井川広太郎 at 15:13| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

ディア・ハンター/ラスト・ワルツ

今日は早稲田松竹で「ディア・ハンター」と「ラスト・ワルツ」を観た。
「ラスト・ワルツ」は初見だったが、「ディア・ハンター」の前に見てよかった。
観る順番が逆だったら大惨事になるところだった。
この組み合わせはなんなの!?と思ったら共に1978年制作の映画ってことらしい。
スコセッシさあ…ってゆーか、それこそタクシードライバーなら最高の組み合わせだったのに。



posted by 井川広太郎 at 20:09| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

今日はシネマート新宿が月曜メンズデーで1100円なので「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」を観てきた。
予告編がとても良かったので気になっていたのだが、そんな期待を百倍返ししてくれるほど、めちゃくちゃ面白かった!
核開発情報を掴むために北朝鮮に潜入した韓国の実在のスパイを描く政治サスペンス。
単なるスパイものではなく韓国政府の思惑、北朝鮮内部の人間味、そして政争に翻弄される個人の愛や信念などが丁寧に描かれ、二転三転する展開にハラハラしつつ、立場を超えた友情が素直に泣ける素晴らしい映画だった。
ところで劇中で、侯孝賢の「ミレニアムマンボ」の象徴とも言える基隆の例の橋が出てくる。
物語の中では北京設定だし、そんなバカな、似たような橋が幾つもあるのか?などと驚いたが、エンドクレジットに台湾でロケした旨、表記されていた。
つまりは古い北京の町並みを求めて台湾でロケしたのか、なるほど。
あのロケ地は本当に例の橋なのかもしれない。胸熱。

posted by 井川広太郎 at 18:35| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

陽のあたる町

先日、横浜シネマリンで開催中の『ジョージア[グルジア]映画祭in横浜』にて「陽のあたる町」を観てきた。
かつては鉱山が栄えたが、今は廃れ過疎化が進んで寂れた街に暮らす人々を映すドキュメンタリー。
ドキュメンタリーというべきか様々な演出が施されてるのだが、僕はいまいち映画との信頼関係を築けなかった。
しかし景色は美しく、数々の廃墟は魅力的で、やはりグルジアで映画を撮りたいと思わせる。

posted by 井川広太郎 at 09:08| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

シークレット・サンシャイン/オアシス

今日は毎月1日の映画サービスデー、早稲田松竹が二本立てで800円なのでイチャンドンの「シークレットサンシャイン」と「オアシス」を観た
問答無用に素晴らしかった!!
平日の昼間だというのに劇場も毎回ほぼ満員の熱気で、外のうだるような暑さを吹き飛ばすぐらいの濃密な時間だった



posted by 井川広太郎 at 18:03| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする