information

noteにて映画脚本「チキン♥ハート」連載中



2018年11月07日

いろとりどりの親子

「いろとりどりの親子」(原題Far from the Tree/2018年/アメリカ/配給ロングライド/93分)



監督:レイチェル・ドレッツィン
製作レイチェル・ドレッツィン、ジャミラ・エフロン、アンドリュー・ソロモン

公式サイトhttp://longride.jp/irotoridori/
2018年11月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

 
ダウン症、小人症、ゲイ、自閉症などの”周りとは違う”子供を持つ親たちにインタビューしたドキュメンタリー

いまのところ今年一番泣いた映画。
超良かった!

本編にも登場する作家アンドリュー・ソロモンの著作を元にしたドキュメンタリーで、ダウン症、小人症、ゲイ、自閉症などの子を持つ親たちへのインタビューで構成されている。

登場する人が皆、困難はあってもとても明るく前向きで、素晴らしい。
最高の笑顔連発で、見ているだけでこっちも楽しくなってくる。

”周りとは違う”などという、おおよそ暴力的なカテゴライズによって、僕らがどれだけ不理解に陥っているか。
”健常者”であれば幸福なのか、全てがうまくいっているのか、問題は何もないのか、そんな疑問を突きつけられる。

そもそもトラブルのない親子関係なんてあるわけもないし、誰もが上手くいかない悩みも人には言えない苦しみも抱えている。
そこで目を塞がず、痛みやつらさといった困難に向き合い乗り越えたからこそ、実感できる愛があるのだ。

そしてラストに描かれる「親になる瞬間」、こんな感動的なことがあろうか!こんな素晴らしいことを僕らは皆、体験し共有しているのだ!
”幸せ”になるか否かは自分次第なんだと痛感し、清々しい涙を流さずにはいられない。

僕らはみんな違う、だからこそ世界は美しい。
他者を認めるということは、自分自身を受け入れることなのだ。
posted by 井川広太郎 at 12:16| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

ハズバンズ

ちょうど今の僕の年の頃(よりちょっと前)にカサヴェテスはハズバンズを撮っていた件
アーチー!急げ!俺はやるぞ!

posted by 井川広太郎 at 23:13| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

生きてるだけで、愛。

『生きてるだけで、愛。』(2018年/日本/配給クロックワークス/109分)



監督:関根光才
製作:甲斐真樹、松井智
出演:趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗

公式サイト http://ikiai.jp/
11月9日(金)新宿ピカデリーほか公開


躁鬱が激しく社会に適応できないで苦しむ女と、彼女と同居する恋人との奇妙な関係を描くラブストーリー

とてもよかった!
ヒロインがどうしようもないクズなんだけど、突き抜けた明るさや苦悩を吐露する正直さがなんとも愛らしい。
ややもすると不快になりそうなところ、いや実際あまりのダメさにムカつくんだけど、ギリギリのラインで魅力的に感じさせる演技が素晴らしい。

こういう奴、いる!いっぱいいる!たくさん見てきた。
今風に言ってしまえば「メンヘラ」で片付くわけだが、実際にメンヘラと生活するとなると、なかなか大変だ。
それだけに、彼女を見守っているのか付き従っているのか、諦めと無気力の中に屈折した激情が見え隠れする彼氏もリアルで惹きつける。

そんな彼らの周りにもいい人がいて、いい出会いもあり、うっかり安直なドラマに陥りそうな罠がありつつも、ろくに進展しないという勇敢さ。
情には流されない物語の停滞感が主人公たちの悩ましいモヤモヤを表象しているからこそ、その中に潜む煌めきがスパークするラストのシークエンスは、なんとも感動的だ。

ここんとこ、シンプルでディープで”文学的な”恋愛ものの日本映画が多い気がするけど、それはキラキラ映画に対する反動なのだろうか。
それとも単に、草臥れて救いどころがないけど愛おしいこの現実を愛でていたいという、大人たちのカタルシスなのであろうか。
ともあれ、その多くが面白い映画であるから、なんとも嬉しい。

ロケ地が良い。
横浜の下町、朽ちたネオンが輝く大岡川沿いの猥雑で寂れた雰囲気が、生活感と哀愁を遺憾無く映している。
posted by 井川広太郎 at 18:35| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

チキン♥ハート

スクリーンショット 2018-10-03 0.07.15.jpg

noteにてオリジナルの映画脚本「チキン♥ハート」の連載を始めました。
https://note.mu/kotaroikawa

「チキン♥ハート」は十年ほど前に書いた脚本です。
その後、多少手を加えましたが、映画化は実現しないまま”お蔵入り”になっていました。

文章力がないので小説を書くことはできないのですが、いっそのこと脚本をそのまま連載したらどうなんだろうとずっと考えていました。
脚本は映画を撮るための手段であり、そのまま読んで面白いのかどうか、よく分からないところもあり迷い続けています。

ですが、なかなか映画を撮れず、オリジナル企画や脚本が溜まっていく中、少しでも世に出すことが良いのではないかと思いました。
そもそもが長い脚本なので結構な連載になりそうですが、ぜひ、ご一読ください。
posted by 井川広太郎 at 22:29| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ブギーナイツ

人生で一番好きな映画の一つ
ポルノ映画に人生を賭ける馬鹿野郎たちが、業界が斜陽化していく中で葛藤し、感情をあらわにしていく愛憎劇
マーク・ウォールバーグ、ジュリアン・ムーア、ウィリアム・H・メイシー、ヘザー・グラハム、ジョン・C・ライリー、ドン・チードル、そしてフィリップ・シーモア・ホフマンと素晴らしい役者が総出演
中でもカッコよくてセクシーで、エゴむき出しの力強さがありながらインチキ臭さと哀愁が漂うバート・レイノルズが最高、最高なんだ
久々に見たい!ので、どっか映画館でやらないかなあ

posted by 井川広太郎 at 10:58| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

AKIRA

こないだハリウッドのつまらねー映画に金田のバイクが出てたねってナウなヤングと話していたら「AKIRA観たことない」と言うので驚いた
彼女はかなり映画好きでよく観ているのでなおさら、これがジェネレーションギャップかと

そんな中、くだんのAKIRAを観に目黒シネマに行ったわけだが、満員の劇場は若者でいーっぱい
特にオシャレ女子が多く、おじさん感激
貴重な35mmでの上映であり、来年はAKIRAの舞台である「東京五輪を翌年に控える2019年」でもあるからか、めっちゃ盛り上がってた

しかし久しぶりに観たAKIRA、凄すぎて面白すぎて震えが止まらない
初めて観る人にとっても、何度目かの人でも、いや、これ、すごい映画だよ、やばいよ、やばいよ

posted by 井川広太郎 at 20:30| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

Gamer

「Gamer」は、ウクライナ人のオレグ・センツォフ監督によるドキュメンタリー映画で、国際的に活躍する10代のゲームプレイヤーの戦いと孤独を描いているとのこと
2012年のロッテルダム国際映画祭でプレミア上映されたらしいが、映像が美しく哀愁漂う音楽が非常にカッコよくワクワクするし、現代的なテーマを鋭く深く切り取っているようだし、とにかく面白そうなのでとても観たい!



巨匠らが解放呼び掛け=ロシア収監のウクライナ映画人
2018年8月19日 15:35 発信地:フランス [ 例外 その他 ]
時事通信
http://www.afpbb.com/articles/-/3186511

ロシアの獄中でハンスト ウクライナ人映画監督「死ぬ用意できている」
2018年8月11日 16:21 発信地:モスクワ/ロシア [ ロシア ウクライナ ロシア・CIS ]
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3185759
posted by 井川広太郎 at 13:01| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする