2008年11月30日

せめて涙がこぼれてしまえばいいのに

泉常夫さんが急逝した。

友人だったとか言うと、どうもしっくりこない。
彼はプロデューサーであり、映画監督であり、演出家でもあったらしいのだが、どれも胡散臭い。
夫であり、父であったようだが、とてもそんな立派な人には見えない。
いつもヘラヘラ笑ってる、ふざけたおっさん。
俺にとっては、イズミさんはイズミさんでしかない。

ほんの一週間前にも会う機会があった。
俺が勧めた登山漫画をようやく読んだと、登山が趣味のイズミさんが感想を聞かせてくれた。
「やっぱ登山やってるならエヴェレストの氷壁を登らないと」と俺が冗談を言うと、「いや、まだそれは無理」とイズミさんは真顔で答えた。
続けて「だったらコータロー、おまえやってみろよ!」と笑ってた。
それからは、例によって下らない話ばかりしていた。
もっと、生きているうちに話さなきゃいけないことがあったのにと、いつも後になってから気付く。

45歳という若さで亡くなったのは、あまりにも惜しいが、しかし45歳だったのかと改めて驚く。
映画をものすごく沢山観ていてとても詳しく、いい映画の趣味をしていた。
とくにカサヴェテスについては、お互いに大好きなので、何度も何度も色々と話した。
そんなイズミさんが俺の映画を高く評価してくれた時は、本当に嬉しかったな。
生意気ついでに俺が「俺の映画の方がイズミさんの映画よりもカサヴェテス的だ」と言うと、「そうかもしれんが、妻がいて子供がいる俺の方がオマエよりカサヴェテスに近い」と威張って返してきた。

27日の朝に亡くなって、その日の午後に一報が届いたのだけれど、全く実感が沸かなかった。
あまりにも突然のことでにわかには信じられなかったけど、嘘だ、冗談だ、間違いだとかいうのではなく、イズミさんのことだから「おおー、悪い悪い、やっぱ死んでなかったわ」とかヘラヘラ笑って起き上がって、皆を驚かせてくれるような、そんな気がしていた。
28日の午後になって告別式の日取りが報され、愕然とした。
本当に死んだのかと衝撃を受けて、感極まった。
告別なんかしたくないと思ったが、イズミさんにもう一回会っておきたいとも素直に思ったし、自分でちゃんと確かめたかった。
そして今日、告別式だったのだが、色んな感情が溢れ出て来てそれはとっくに臨界点など越えていたのだが、俺は泣くことは無かった。
別れの挨拶をすれば、死に顔を見れば、霊柩車を見送れば、いつか泣いてしまうのではと思っていたが、結局、俺は泣けやしなかった。

「おい! コータロー! オマエはいい歳こいて人前で泣くのか! 恥ずかしい奴だなあ」とイズミさんに馬鹿にされるのが嫌だったわけではない。
むしろ、あんなインチキなおっさんの冷やかしなど、どうでもいいのである。
どうでもいい。
「泣くのがいいとか悪いとか、そういうことじゃないだろう! いい歳こいてそんなことも分からないのか!」と、言い返したい。

告別式には斎場に収まり切らないほど多くの人が参列していた。
葬式とはいつも不思議なもので、誰かの死が縁になって旧交を温めたり、再会したり、また何か新しいことが始まったりする。
終わるなんてことは無く、むしろ広がり繋がっていく。
失うことでしか学べないとしたら愚かしいにもほどがあるのだが、それでもそういった機会を大事にすることがいま我々に出来ることなのだとも思う。

しかし俺は、物凄く悲しくて、とてつもなく寂しくて、非常に辛い。
イズミさんが死んで悲しくて寂しいし、そもそもずっと前から悲しくて、寂しいってことも思い出した。
だから、泣けば何かが救われるような気がしていた。


イズミさん、俺は想うよ。

想う。
posted by 井川広太郎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

9マス名前ビンゴ

こんにちは。
先日、友人というか『東京失格』でスタッフをしてくれた女子の結婚パーティーに参加して来ました。
新郎新婦の素敵な人柄そのままの素晴らしいパーティーで、俺っちも親戚のおじさん状態で騒いだりしんみりしたり感動していました。
改めて、おめでとうございます。

で、俺はご用命に従い2次会のお手伝いをしていたのですが、先達て「2次会で行うゲームを考えろ」との使命を前々日に授かりました。

ググったり色々と調べると「結婚式の二次会などの宴会用のゲーム」みたいのが沢山出てきたのですが、「大人数でみんなが参加できる/初めて会った人と交流するキッカケになる/短時間で終わる/あまり道具など設備投資が必要ではない/グループ分けなどは不可」という条件に合致するものがなかなか見つからない。

ならばと、この手のイベントではわりとオーソドックスらしい「名前ビンゴ」を自分でアレンジしてみたのですが、これがまあまあ好評だったので、備忘録的に記しておきます。
今後もパーティーとか忘年会など機会があったら試してみて、ルールなど整備していきたいなあ。

9マス名前ビンゴbingo_l.jpg

【ルール】
◯数字ではなく名前で9マス埋めるビンゴです
◯まず自分の名前を真ん中のマスにフルネームで記入して下さい
◯残りの8マスに、パーティーの参加者から8名に1マスずつフルネームでサインしてもらって下さい
◯新郎新婦の意向で、記入してもらう8名は今日初めて会った方にして下さい
◯基本的には普通のビンゴと同じ進行です
◯縦横斜め3マスが一組でも揃ったらビンゴです
◯ビンゴしたカードに名前が書かれている9名にプレゼントが渡されます
◯同時にビンゴした人が複数いた場合は、ビンゴした人同士がジャンケンして1名に決めます

【必要なもの】
・9マスのビンゴカード(9つのマス目、ルールと新郎新婦の記念写真を印刷した)
・参加者それぞれに割り当てられた番号(ビンゴカードにナンバリングでもよい)とその番号をひくクジ→番号は無くし名前に対応したクジでも可

【進行】
1.受付時にビンゴカードと番号札配布(ビンゴカードにナンバリングでもよい)
2.簡単なルール説明、ビンゴカードを今日初めて会った人の名前で埋めるようにアナウンス
3.ビンゴ開始
4.まず司会者が数字のクジを引き読み上げ、その番号が割り当てられている人に前に出て来てもらう
5.その番号が割り当てられている人は名乗るのと同時に、新郎新婦との関係、二人への祝辞を言ってもらう
6.その名乗った人の名前がカードに書いてある人は自分のビンゴカードの該当マス目をチェック
7.これを繰り返し、縦横斜め3マスが一組でも揃ったらビンゴ
8.そのビンゴしたカードに名前が書かれている9名にプレゼントが渡される

【特徴、その他】
→結婚式の二次会でよくある、初めて会った人との交流、プレゼントありのゲーム、新郎新婦へのメッセージを同時に出来る
→「記入してもらう8名は今日初めて会った方」を「初めて会った異性」など主旨によって変えることも可能
→プレゼントの対象がビンゴした人ではなく、ビンゴカードに名前が書いてある9名ということで、名前をビンゴカードに書いた時点でプレゼントを分け合う仲間となる
→ビンゴカードに名前を書く作業は、基本的にお互いに交換して書くということになる(結果、少なくとも8枚のビンゴカードに自分の名前を書くことになる)
→自分のビンゴカードが8名分埋まった人は、まだ埋まっていない人のカードに一方的に書くことで8枚以上のカードに名前を書くことができ、結果的に賞品が当たる確率も上がる
→9マスにしたのは単に新郎新婦へのメッセージにかかる時間を考慮したためで、16マスでも25マスでも可能(ちなみに9マスでビンゴ開始から終了まで30分以上かかった)
→結婚式の二次会なら、よくある「ポラに記名」したものを、そのままクジに充てることが出来ると思う
→結婚式の二次会以外なら新郎新婦への祝辞を変えて、例えば忘年会なら「今年を振り返って一言」とかにすればいい
→ルールが複雑に思えるが、司会者さえ把握していれば普通のビンゴ同様さくさく進む
→普通の名前ビンゴと大差ない気もするし、あるいは似たようなモノが既にありそうな気もするが、まあいい
posted by 井川広太郎 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

第9回東京フィルメックスに行ってきた

こんにちは。
今日は第9回東京フィルメックス(TOKYO FILMeX)に映画を観に行って来ました。

東京フィルメックスは国際的にも非常に評価の高い映画祭で、海外の映画祭に行く度に多くの映画人からフィルメックスについて聞かれます。
実際この映画祭では、他ではなかなか観られないような素晴らしい作品を数多く観ることができるので、俺も毎年楽しみにしています。

今日の個人的なお目当ては、熊切和嘉監督の『ノン子36歳(家事手伝い)』。
前から楽しみにしていた作品なのですが、期待を裏切らない、面白い映画でした。
映像や音や、スクリーンに収まり切らないどこかから、ぷーんと現実感と生活感が臭ってくるような、想像力をかき立てられる不思議な雰囲気が漂っています。
「女の情念を描く」というのは映画史の中でも特に日本映画において脈々と受け継がれて来た王道のように思うのですが、最近はそういった作品に触れる機会があまり多くはありません。
その点、この『ノン子』はポップで飄々としていながら、力強く「女」が描かれていて、なにかドロッとしているのに爽快な、独特の肌触りの優しさに満ちていました。
東京フィルメックスでの上映は終わってしまったようですが、12月20日(土)より劇場公開されるようですので、特に女性の方にオススメします!

第9回東京フィルメックスは11月30日(日)まで開催されていますので、興味がある方は是非、この機会に足を運んでみては如何でしょうか。
posted by 井川広太郎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

キング・オブ・スポーツとは何か

こんにちは。

スポーツを見ていて、ことごとく面白いんですけど、俺は一体何を面白がっているのかなあと思うことがあります。
フットボールとベルマーレに関しては、ただならぬ関心を持っているので話は別です。
が、それ以外のスポーツに関しては、少なくとも俺にとっては、内容とか勝敗とか結果とかは割りとどうでもいいような気がするのです。

ゲームとしてのスポーツの面白さは色々とあります。
しかし同時に、極端に言うと、俺はルールを知らないスポーツを見ていても面白いと思ったりもするのです。

まずは肉体。
鍛えられた肉体と、その肉体の運動と躍動を見て楽しんでいるのかもしれません。

そして、喜怒哀楽。
スポーツの真最中、そして勝敗などの結果に対してストレートな感情を表情や声や肉体で表現する選手を見ていると、関係ないはずの俺まで心が揺り動かされます。

スポーツでも我々が目にしているのはほんの一部で、選手にとっては練習とか家庭とか苦労とか、それぞれの価値や時間軸や辛さや喜びや思いがあるのでしょう。

しかし、例えば試合中や試合後に垣間みる選手の表情からは、そういった選手当人と他人である観客の差すら越えて訴えかけてくるような感情が露になっていることがあります。

真剣な眼差しや、我武者らに必死だったり、仲間と分かち合う笑顔や、喜びを爆発させたり、悔しさを滲ませたり、悲しみに浸ったり。

スポーツでは、他ではなかなか見られないような、そういったありのままの感情に触れることが出来るような気がします。

そういうふうにストレートに発せられた感情には、あらゆる壁を越えて響き渡る美しさがあるように俺は思うのです。

素直だからこそ、言葉も、国も、時代も、何もかも越えて届く感情。

それが剥き出しになる場。

俺の映画も、まるでそうありたい、と思っているのです。
posted by 井川広太郎 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

最近気付いたこと

俺はカサヴェテスが好きだからカサヴェテス主義者なんじゃなくて
カサヴェテス主義者だからカサヴェテスが好きなんだ
posted by 井川広太郎 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

Intimacy

というわけで、遅ればせながら今日、先月末に発売になったBloc Party.のニューアルバム『Intimacy』をI got it!

で、新宿の某レコードショップで購入したのだが、そこでは『Intimacy』がめちゃレコメンドされてた。

世の音楽情報に全く疎い俺は、へー、Bloc Party.って人気あるんだなあと素直に感動。

デビューアルバム『Silent Alarm』そしてセカンドアルバム『A Weekend in the City』もお手製のポップ付きで紹介するという熱の入れよう。

そこには「Radioheadが好きな人にもオススメ!」って書いてあった。
posted by 井川広太郎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

Shadows

こんにちは。

しかし、それでもやっぱりハリウッド映画はスゴいと思わされることがあって、それは毎年のように、斬新で若い才能を発見し、彼らにチャンスを与え、多数登用し続けるということである。

例えそれが異質なものであっても常に新しい何かを吸収し、あるいは許容する懐の深さも兼ね備え、自身も変化し続けようという機能を備えていることが、生き残り続け成長し続ける実態である。

巨大に、そして強くあり続けるのには、それにりに理由がある。



ところで、ここでドーンと黒人俳優が大統領を演じたアメリカ映画を挙げようとしたのだが、『ディープ・インパクト』(1998)以外、思い出せない。

『ザ・マン/大統領の椅子』(1972)は黒人が大統領になる話で有名だし、『24』ってテレビドラマも黒人大統領らしいね。

他にもあったような気がしていたのだが、そもそも物覚えが極端に悪く、物忘れが非常に激しい俺は思い出せない。

誰か知ってたら教えて下さい。
posted by 井川広太郎 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

三十二年寝太郎

こんにちは。

中学生の時だったか、歴史の授業で先生が「我々はクレオパトラ7世もクフ王のことも遥か昔の話と思うが、クレオパトラから見るとクフ王も同じぐらい昔話なんだ」というようなことを言っていた。
確かにクレオパトラ7世は紀元前50年ぐらいなので、今から2050年ばかり前。
クフ王は紀元前2560年くらいなので、今から4560年ばかり前で、クレオパトラからも2510年ほど前ってことになる。
数字に弱い俺なので適当だが、それでもそう思うと、クレオパトラってかなり最近の人なんだと妙に親近感も湧く。
たった2050年前じゃん。

この間、某氏と話している時に「初期カーウァイ作品」と言う言葉を彼は使った。
初期? 『いますぐ抱きしめたい』のことかっー! いや、これは『最後勝利』も含めているのではないか、あるいは『欲望の翼』までか、よもや『楽園の瑕』なのかっー!と、俺の脳内では大論争が巻き起こった。
めちゃめちゃドキドキした。
が、暫くしてから、それは『花様年華』か『2046』までのことなのだなと納得した。

小学校の同級生達が、それぞれ結婚したり子供がいたりしているという噂話を聞いた。
卒業以来会っていない人は、俺の中では未だに小学生なので、何だか不思議な気がする。
止まっていた時間が、うっかり20年ほど寝過ごしていたことに気付いて、大慌てで走り出したような錯覚。
すげー焦って、やべえ!20年遅刻だよ!マジヤバイ!とか言いながら食パンくわえて全力疾走。

そんなわけで、結果次第では物凄く歴史的なことになるかもしれない選挙の投票中なんだそうだ。
民主主義とか、共和だ民主だとかはよく分からないのだけれど、そんなことに全く関心がない外人の俺までもワクワクさせるシステムを国として運営しているというのは、さすが、スゴいなあと思う。
posted by 井川広太郎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

すれ違いとは何か

毎日大勢とすれ違う

その誰かともしかして親友になれるかもしれない

だから僕はすれ違いを避けない  

ケガする時もあるけど楽しければいい

『天使の涙』(1995/ウォン・カーウァイ)

こんいちは。

この間、夜に、下北沢に行った。
待ち合わせをしていたのだが、相手とは電話が繋がらない。
駅前は人が多いので、そこら辺をうろついていた。

その人から電話がかかってきて、ちょっと先で落ち合うことになったので、俺はそちらへと歩き始めた。
と、刹那、久しく会っていなかった人とすれ違った。
はっとして声を掛けようかと振り返ったが、その人はもう、人ごみに消えていた。

下北沢は俺にとって、すれ違いが多い街のような気がする。
他の大きな街でも偶然に知り合いに会うことは多いが、下北沢でのすれ違いっぷりと言ったらない。
なぜだろうか。

それから、待ち合わせていた人と合流した。
向こうから歩いてくる彼の姿は、遠くからでも直ぐに分かる。
ちょっと時刻が予定より早いから、どうしようかと二人で一瞬立ち止まった。
すると後ろから、声をかけられた。
これから行こうと思っていた店のマスターだった。
あの人ごみで、ほんの僅かなすれ違いの中で、よく俺を見つけられたなと驚いた。
というよりも、その店にはまだ一度しか行ったことがなかったのに、よく俺の顔と名前を覚えていたな。

思えば、先程駅前ですれ違った人も、俺が相手を視認したのは僅かに数秒。
いや、数秒にも満たない一瞬だったと思う。
さほど親しかったわけでもないし、数年ぶりに見かけたのに、直ぐにその人だと分かった。
不思議なものである。

逆に言えば、自分が誰かに気付かれているにも関わらず、こちらが知らずにすれ違っていることもあるのかもしれない。
お互いが気付くか、どちらかが声を掛ければ出会ったことになるが、片方が気付いただけではすれ違いになってしまう。
俺たちは日々、無数のすれ違いをしてしまっているのかもしれない。

ところで俺は、すれ違わずに生きる方法を知っている。
でもそれは、あまり人生の役には立たない。
posted by 井川広太郎 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ご無沙汰とは何か

こんにちは。
俺は「こんにちは」と入力する時に「こんいちは」と打ち間違えてしまう事が多いのです。
はい、未だにブラインドタッチが出来ないのです。
でも、ブラインドタッチが出来ない人間の中では、かなり早く入力できる方だと巷でも評判です。
ブラインドタッチ練習用のゲームとかも頑張ってみましたが、5分も経たずに挫折しました。
よく考えると、96年からPCをいじっている76世代の俺は、もう12年間もこんなぶきっちょさんなのです。
でもまあ、そんなに困ることが無いのも事実です。
だって、ブラインドタッチが出来ない人間の中では、かなり早く入力できる方だと巷でも評判なんですから。


さて、数年間連絡をとっていなかった奴から今朝になって急にメールが来ました。

「このメアドは生きてるかな
なんとなくツタヤ見てたら監督井川広太郎ってゆうのが並んでて
すごいびっくり いやしかし とうとう来たかと思い
借りていま見たとこです 東京失格」(原文ママ)

だって。

俺の映画が、俺が関わった方々へのご挨拶になれば、それはとても嬉しいことであります。
posted by 井川広太郎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする