2009年06月25日

I did.

it taught me to respect other artists.

返す返すあまりにも名言なので忘れないようにメモっといた。
posted by 井川広太郎 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

とりあえず、

お台場の18mガンダム、見に行きたいです。
posted by 井川広太郎 at 19:15| Comment(3) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

されど我らが日々なんだぜ2009

昨晩、長らく手掛けていた脚本をようやく脱稿し、最後の作業をしているその最中、三沢光晴という偉大なプロレスラーの死をニュースで知った。

あまりにショックで信じられなかった。

プロレスに対する俺の思いは複雑だし歪んでいるし、三沢やノアに対してはさらに単純には語れぬ部分もある。

しかし、良しとか悪しとかいう次元ではなく、三沢やノアがこれからのプロレス界で果たすべき役割が大きいことは、死しても尚まぎれもない事実である。

映像で高山や健介の顔を見て感極まって泣いた。

リングの上で死ねたら本望とかいうけど、ファンや観客にとってそんなに悲しいことはない。

しかし、そこにもまた、プロレスラーとファンや観客とのつばぜり合いというガチンコが垣間見え、やはりプロレス的だなと思う。

いつも心にプロレスを。それだけは変わらない。



今日のベルマーレは負けに等しい引き分け。

しかし、負けない強さには誇りを感じる。

とか凹みながらいま、次の用件のため移動していたら、中学の同期から結婚すると電話があった。

めでたいにも程がある。
posted by 井川広太郎 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

カメラを持ってない男

こんにちは。もう6月なんですね、ビックリしちゃいます。

で、今日、6月1日は「写真の日」らしいんです。
32年間、わりと写真に慣れ親しんできたつもりですが、生まれて初めて知りました。
1951年に制定されたそうです。

記念に何か写真をupしようと思いましたが、適当なものが無いので止めました。
というか、わりと写真に慣れ親しんできたつもりですが、最近はあまり写真を撮っていません。
いつも携帯しているコンパクトデジカメで撮ったりはしますが。

ところで周囲の友人達の間で、デジタル一眼レフカメラが大流行しています。
彼らはどんなイベントにでもマイ・デジタル一眼レフを首から下げて来て、シャッターを切るたびにまるでTVCMのようにウットリと自分のデジタル一眼レフを見つめ「良いわ〜」とか言っています。

正直、羨ましいです。
俺も欲しいです。

こないだとある友人宅に行ったら、そこにもデジタル一眼レフカメラが部屋の片隅に置いてありました。
あまり使っていない様子だったので、頂戴と言ってみたのですが、駄目とあっさり断られました。
そこで俺は、もう一回、物凄く物欲しそうな目をして「頂戴」と言ってみました。
やっぱり「駄目」って言われました。
posted by 井川広太郎 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする