2009年07月31日

パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ

パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ』 2008/アメリカ/109分/原題:Patti Smith: Dream of Life/配給:トランスフォーマー

20090619_patiJ.jpg pattismith02.jpg pattismith03.jpg

パティ・スミス。1970年代に頭角を現し、類まれな音楽性、怒りを表現した詩、独自のスタイルを貫くパフォーマンスで、ミュージックシーンを刺激し続けてきた伝説のロッカー。
パンクの女王であると同時に、詩、絵画、写真…、多岐にわたる分野で活躍するアーティストであり、社会活動家であり、そして母であり、娘でもある、そして、ひとりの女性…。
本作は、実に11年間にも及ぶ密着取材で記録された映像をベースに、ライヴ・パフォーマンス 、自身による解説、インタビューを通して、彼女の半生、精神性、哲学を解き明かしていく人生唯一のドキュ メンタリーである。
親友メイプルソープ、よき相談役であった弟、そして最愛の夫フレッド・スミス。相次ぐ理解者の死。熱気に満ちたライブで、「ブッシュを糾弾せよ!」と叫ぶ勇姿。カメラは両親の暮らす実家やニューヨークの自宅、ジャパンツアーのバックステージにまで踏み込み、これまで決して見ることのできなかったパティの素顔に肉迫。そこに浮かび上がるのは、常に人生と闘い続けるひとりの女性、その真実の姿である。



監督: スティーブン・セブリング
出演:パティ・スミス、ジェイ・ディー・ドーティ、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、フィリップ・グラス、レニー・ケイ、サム・シェパード、マイケル・スタイプ(R.E.M.)、トム・ヴァーレイン、ウィリアム・S・バロウズ、ロバート・メイプルソープ、フレッド・スミス、ボブ・ディラン、トム・ヨーク(レディオヘッド)、ボノ(U2)、他

公式サイト http://pattismith-movie.com/

8月29日(土)よりシアターN渋谷、シネマート新宿ほか全国順次上映


長生きするのって大事だなと思いました。

ロッカーだからこそ、いまも生きているというだけで物凄く意味も意義も重みもあるし、それってとてもロックだ。

逆に言えば、どんな形でも放り投げちゃったら、それはロックじゃない。

彼らがもし生きていたら、どんなだっただろうと思い起こさせる。

死がテーマの一つであり、死をめぐる映画でもあるが、それってやっぱり生きているからこそなのでもある。

背負う荷物が増えるのは長生きしている証なのだ。

それを堂々と晒せる生き様は覚悟と勇気の現れなのであり矢張りカッコいい。
posted by 井川広太郎 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

子供とは誰か

みなさん、こんにちは。
はい、こんにちは。

オモチャが好きな俺は時々オモチャ屋さんに行くわけですが、最近はもう手慣れたものです。
ちびっ子に交じってじっとオモチャに見入り、あるいは手に取って吟味したりしていても、どっからどう見ても子供思いのパパなのであります。
しかし、会計で「プレゼントの包装致しますか?」と聞かれると困るのです。
便宜上、子供思いのパパを演じ続けていたいのですが、しかし自分用のオモチャに過剰包装なんてもってのほか、ああいう時はかなりリアルにアイデンティティークライシスをむかえるのであります。

こないだ一年ぶりぐらいに電話した友人の子供が電話口でダアダアしゃべっててビビりました。
俺が抱っこして高い高いしてあげるとキャッキャ笑っていた乳幼児がたった一年でもう話すようになるなんて!
人間ってスゴいなあと思いました。
その親曰く「近頃と来たらなんでも目につくものに興味持ってオイタしまくる」んだそうです。
まるで俺みたいだなと思いました。
posted by 井川広太郎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

ザ・リアル

090720_1217.jpgガンダム!
posted by 井川広太郎 at 12:20| Comment(4) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

チネチッタから遠く離れて

昨日の某ユニコーンの件は伊丹十三監督の『あげまん』なのではないだろうかとのタレコミがあり、なるほどその説なら長年の謎にもガッテン!ガッテン!と膝を打つ合点承知の助という塩梅なのであるが、ブログに書いてみたりするとご近所じゃなくとも結構解決する底力があるのだなあと思い、それなら某サンボマスターのイタリアの映画みたいに分かち合っていたんだとかイタリアの映画みたいに愛し合っていたんだとかなんとかっていうのはなんてイタリア映画?って聞かれた時に「特にどの映画ってわけではなくイタリア映画のイメージなんじゃないすか」と答えたのは数年前の俺だったのだが、イタリア映画って聞いて真っ先に思い浮かべるのが断じてアントニオーニ、次にロッセリーニ、その次がヴィスコンティってな感じの俺には実はピンと来ないんだぜ。
posted by 井川広太郎 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

出世とは何か

某ユニコーンというバンドの歌に、周りの男がどんどん出世していくというような話の映画が云々というのがあって、その歌の中では立場は逆だがまさに僕がそうみたいなんだと続くのであるが、俺の場合はまさに俺の周りの男(と女)がどんどん俺を置いて出世していくのはなぜなんだろうかとずっと前から考えていたところ、実は俺が皆に運をもたらしているのだと勝手に解釈してみることにしたところでだから何って感じなのだが、件の周りの男がどんどん出世していくような話ってなんて映画なんですかね。
posted by 井川広太郎 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

モテキ

という某漫画に、某映画監督にそっくりのキャラクターがなぜか漫画家役で描かれているのだが、あれはいったいどういうことなのだろうか。
posted by 井川広太郎 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

Lost in Blog 五周年

これからもよろしくお願い致します。
posted by 井川広太郎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

バイバイキン

今日、バイキンマンを見た。

走る電車の中から、線路沿いの鋪道を歩くバイキンマンを見た。

数人のスタッフらしき人に囲まれて歩くバイキンマンがチラリとこちらをうかがったような気がした。

走る電車に乗っている俺の姿を、いくらバイキンマンとはいえ視認できるわけもないが、ドキドキした。

ドキがムネムネした。

今日、バイキンマンを見た。
posted by 井川広太郎 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

近況など

みなさん、こんにちは。
もう7月ですね、びっくりしちゃいます。
日々、色々と頑張っているつもりでも、時間の流れがあまりにも早くて焦るばかりです。

さて、最近は何だか久しぶりな人に会う機会が多くて、そういう人達に毎度のようにされる質問が幾つかあるので、ここでまとめて答えておきます。

Q1.元気ですか?

全然元気じゃないです。

Q2.痩せました?

痩せました。

Q3.ベルマーレ調子良いですね

順位や結果など、傍から見ると絶好調に見えるかもしれませんが、本当に一戦一戦、目の前の一試合に勝つために必死なので、調子がいいなんて実感も余裕もありません。ただ、まさにその一戦ごとに充実感に溢れているのは事実です。シーズンが終わり、一年を振り返る時が来たらその時に、10年の悲願が達成されているというふうになれば良いとは思います。その時、自分がどう感じるのかと想像するだけで心が震え、身が引き締まり、改めて力が湧いてくるのです。だから調子の良し悪しなんて人事みたいに言っていないで、競技場にその一戦を、試合を見に来いよと俺は言いたい。10年の重みがある、物凄く素晴らしく美しいフットボールを君はその目で見て、身体で感じ、心を燃やすことができるんだぜ。
posted by 井川広太郎 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする