2009年09月26日

福島拓哉監督作『OUR BRIEF ETERNITY』東京国際映画祭にて上映

第22回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門 公式出品作品
福島拓哉監督作『OUR BRIEF ETERNITY


img4ab09dc187cd6.jpg


上映スケジュール

10月20日(火)
場所:シネマート六本木 スクリーン1
登壇ゲスト(予定):福島拓哉監督、草野康太(主演)
時間:20:00〜21:45(開場19:40)
料金:前売り1300円 当日1500円

10月22日(木)
場所:TOHO シネマズ六本木ヒルズ スクリーン1
登壇ゲスト(予定):福島拓哉監督、草野康太(主演)
時間:11:15〜13:00(開場10:55)
料金:前売り1300円 当日1500円

チケット 9月26日(土) 先行抽選販売スタート!
前売券一般販売 10月3日(土)10:00より


第22回東京国際映画祭 公式サイト http://www.tiff-jp.net/ja/
『OUR BRIEF ETERNITY』紹介ページ http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=155

映画『OUR BRIEF ETERNITY』公式サイト http://www.p-kraft.com/obe/


福島拓哉監督というのは、拙作『東京失格』で主役のタックンを演じているその人である。
その福島監督の8年ぶりの劇場用長編劇映画が『OUR BRIEF ETERNITY』であり、そのワールドプレミア(世界初上映)が東京国際映画祭であり、東京国際映画祭とはあの誰もが知っている東京国際映画祭である。
つまりは、タックンがやらかしたということである。

主演の草野康太さんは、俺が撮影を担当した白川幸司監督作『眠る右手を』でも主役を演じていて、それ以来8年間のお付き合いがある俳優さんなのである。

なので、書くことが多すぎて何をどう書けば良いのか分からない。
昔話とか思い出とか記憶とか沢山ありすぎて、生きていれば生きているほど荷物は増えていって、時々重くて抱えきれなくなって正直困っちゃうこともあるのだが、でもそれってそれぞれの人生の証であってきっと幸せなことなんだと思うよ。
posted by 井川広太郎 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

一昨日まで黄金町映画祭

こんにちは。というわけで、第二回目にあたる黄金町映画祭2009が終わりました。
映画祭が終わるというのは、相も変わらず切ないですね。

今回の映画祭で観たのは七本と個人的にはちょっと数は少ないけれど、どれも本当に素晴らしい作品ばかりだったので充実感がたぎっております。

一番驚いたのは矢張り李纓監督の『モナリザ』。
マジな話、2年前から観たくて仕方がなかった映画なのですが、2年越しの期待感をさらに上回る作品で感激しました。こんな映画が存在するなんて、やっぱ映画って信じられないほど豊かな未来と可能性があってスゴいものなのだと初心に還る思いです。

昨年の『美式天然』に続いて観客賞を受賞した坪川拓史監督の『アリア』も非常に面白かったので今年の東京国際映画祭で上映される川端康成原作のオムニバス映画『掌の小説』もますます楽しみだし(雄弥くんおめでとう!)、こちらは一年越しでようやく観る機会を得た濱口竜介監督の『PASSION』も噂に違わぬインパクトがあってやはり出会うべき映画とはいつか出会うのだなあとシミジミしてみたり、よく考えたら一年ぶりに観る機会を得たのに五十嵐耕平監督の『夜来風雨の声』を見逃したのはマズかったなと今更後悔してみたりもします。

件の司会進行を務めた初日のシンポジウムは、そもそも変な立ち位置の俺が司会するなんてどうなのよと実はかなりドキドキしていたんだけど、良かったと言ってくれた観客や監督もいたので一安心。俺自身もすごく楽しかったです。某監督は「どっかで講師とかやってるんですか?」と俺のベシャリを褒めてくれた。やってはないけど講師になりたいとはいつも思ってます、はい。

いずれにしろ、その他の作品も含めて、改めて黄金町映画祭はプログラムが素晴らしい良い映画祭なのだと痛感し、また今年も沢山の出会いがあったわけです。
新しく出品した監督も多く、去年に引き続いての出品監督もあり、去年からの立ち上げスタッフはもちろん今年から参加した映画祭スタッフにも情熱のある人が多く刺激的で、そしてそういう映画祭に映画を観に来て下さる観客がいるということは、本当にありがたいことです。
なんというか映画を中心に縦横無尽に、時間も越えて自由奔放に人と人との繋がりが広がっていく、あるいはそういうことが積み重なっていくのが映画祭であり、映画であるのだなあと改めて思いました。俺は作品を出品することができなかったけど、この映画祭に二年続けて関われたことがとても嬉しいのです。
そんなわけで是非、来年も開催されることを願っており、いまから楽しみなのであります。
posted by 井川広太郎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

明日から黄金町映画祭

前に書いたアサイヤスの『clean』が大好評らしい
俺のとこにも観て面白かった感動したという連絡が本当に多数来るし、これから全国展開するらしい
間違いなくオススメの作品なので感動に飢えているかたは是非!

090918_2114.jpg

ところで明日から黄金町映画祭である
今日は前夜祭だったのだが、明日の初日に行われる出品監督達によるシンポジウムの司会はなぜか俺がやる
やるからには黄金町映画祭でしか聞けない話をみっちり聞き出す所存である
お時間がある人は是非いらして下さい!
画像は酔っぱらって撮ったのでピンボケているが、エコ活動の一環として作られた内モングルにあるとかいう黄金町映画祭の植林地らしい
posted by 井川広太郎 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

ツインリンクモテキ

モテキという漫画の久保ミツロウという作者が女性であると知って驚きつつ、件の漫画でカラオケで橘いずみの『永遠のパズル』を熱唱するというシーンを読んで、なるほど、何か物凄く納得した、何にどう納得したのかは自分でも全く分からんのだけれども。
posted by 井川広太郎 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

黄金町映画祭2009

みなさん、こんにちは。

昨年、拙作『東京失格』を上映して頂いた黄金町映画祭が今年も開催される運びと相成りました。

横浜 黄金町映画祭2009 9/18(金)〜9/23(水・祝)

KFF_P1.jpg

そうです!今週末からなのです!!

え、連休中?ちょっと急じゃね?いや、いや、それもごもっとも、しかしですね、今年もガチで素晴らしいラインナップとなっております。

上映作品の紹介など、また改めてするとして、ここでしか見られない、この機会を逃しちゃいけない映画が、沢山あるのです。

っていうか横浜最高だから、マジで、様々な魅力が混在し素晴らしく美しい街だよ。

というわけで、連休中は観光がてら黄金町映画祭に来ちゃいなよ!
posted by 井川広太郎 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする