2012年03月27日

ラヴ・ストリームス【ニュープリント版】

ラヴ・ストリームス【ニュープリント版】』原題: LOVE STREAMS/ 製作年度: 1984年/アメリカ/141分/配給:ザジフィルムズ

large.jpeg

監督:ジョン・カサヴェテス
出演:ジーナ・ローランズ、ジョン・カサヴェテス、シーモア・カッセル

公式サイト http://www.zaziefilms.com/cassavetes/

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」
5月26日より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!


たかだか映画を、過去にも観ている映画を一本観るだけなのに、何日も前からわくわくして仕方がなかった。
そして、観終わったいまは、たかだか映画を、過去にも観ているその映画を観ただけなのに、どうしようもなく胸が熱くなり、興奮さめやらない。

最初に観てから、なかなか観直したいと思わなかったのだが、自分でも不思議だったその理由がハッキリした。
この映画は、とめどなく痛々しく、悲しく、辛いのだ。

今回、観ていて、病に蝕まれたカサヴェテスが文字通りその身体を張って、この映画を撮っていたことに気付かされた。
死と隣り合わせで、まさしく命を賭けてこの映画を撮っていた凄みを、若い頃は観ていても分からなかった。
やはりカサヴェテスの映画は彼の生き様が刻み込まれていて、それが他の何にも決して似ない彼の映画の魅力になっている。
その痛みを伴う凄みが、観ている者の身体に刻み込まれるような実感を伴った映画だった。

わずか二時間強の体験なのに、まるで、一つの人生を終えたような、そんな重みすら感じる。
観ている最中はズキズキと心だけでなく身体まで痛むようで、観た後は肉体的な疲労感に本当にぐったりとした。
愛とは何か、命とは何か。
カサヴェテスはやはり死を意識していたのか、生きているということを深く実感させてくれる映画だった。

そんな、愛が狂おしい映画を観た夜は、どうしようもなく切ない。
消えてなくなるまで、誰かと話していたい。
love streams
posted by 井川広太郎 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」の仮サイト

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」の仮サイト、だそうです。

http://www.zaziefilms.com/cassavetes/


何度も観ている遥か昔の映画を上映するというだけなのに、映画館に行くというこのわくわく感は如何ともし難い。
posted by 井川広太郎 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

ある秘密

ある秘密』原題:Un secret/製作国:2007年フランス映画/配給:紀伊國屋書店、マーメイドフィルム/上映時間:110分

フランスでベストセラーとなった同名小説をクロード・ミレール監督が映画化。第2次大戦下のフランスで、あるユダヤ人一家に起こった悲劇を描く。
内気で病弱な少年フランソワはある日、屋根裏部屋で古いぬいぐるみを見つけたことをきっかけに、両親の知られざる過去を知る。
父マキシムは母タニアと一緒になる前、アンナというユダヤ人女性と結婚していた。しかし、ナチスの存在がアンナの情緒を不安定にさせ、その一方でマキシムは結婚式で出会った美しいタニアに心ひかれていき……。
セシル・ドゥ・フランス、リュディビーヌ・サニエ、マチュー・アマルリックら現代仏映画界を代表する豪華キャストが共演。



監督:クロード・ミレール
原作:フィリップ・グランベール
キャスト:セシル・ドゥ・フランス、パトリック・ブリュエル、リュディビーヌ・サニエ、ジュリー・ドパルデュー、マチュー・アマルリック、ナタリー・ブトフー、イブ・フェアホーフェン、イブ・ジャック、サム・ガルバルスキ

映画の國名作選 V 「フランス映画未公開傑作選」
クロード・シャブロル『刑事ベラミー』、クロード・ミレール『ある秘密』、エリック・ロメール『三重スパイ』
渋谷イメージフォーラムにて4月、限定ロードショー!

公式サイト http://www.eiganokuni.com/meisaku5-france/


「すいませんでした!最近、ヌルい映画しか観ていませんでした!!」と、映画の神様に懺悔したくなりました。
クロード・ミレールって、こういう監督だったっけ?と焦ってくるほど凄みがあって、面白いったらありゃしない。
構成やら、演出やらが凝っていて、それはそれで興味深いのだが、そんなことは二の次で、実際、映画全編に溢れる、覚悟を決めた者にしか出せない凄みが、この映画の魅力なのです。

何と言っても、誘う女の顔!セシル・ドゥ・フランスが男を誘う時の顔こそが、この映画のクライマックス。
清濁併せ呑んでもまだ足りない、業を全て背負い込んだ者にしか出せない、女の顔。
愛しさと、憂いと、喜びと、哀しみと、望みと、諦めと、怒りと、慈しみと、そういった全てを内包するような複雑な表情。

そして、その表情と同様にあの肉体の艶かしさも尋常じゃない。
あの妖婉さ、あの美しさ、腹をくくった者にしか出せない凄みが溢れていて、あのシーン、あの顔、あの肉体が、この映画を象徴しているかのようでした。
女の顔と肉体が全てを物語っている。映画って、やっぱそういうんもんだよな!って、唸るしかない。

誘惑なのか、絶望なのか、挑発なのか、希望なのか…
ああいう女… まさにファム・ファタールと呼ぶべき、覚悟を決めた運命の女。
いや、もうね、普通に男として嫉妬しますよね、あらゆる意味で。

ちなみに原作本は、野崎歓先生の翻訳で既刊とのこと。
不勉強な私は未読ですが、映画観たらめっさ読みたくなりました。

posted by 井川広太郎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

刑事ベラミー

刑事ベラミー』原題 Bellamy/製作年 2009年/製作国 フランス/配給 紀伊國屋書店、マーメイドフィルム/上映時間 110分

セート墓地のそばの海岸。砂浜に黒こげの自動車と焼死体が転がっていた。
ベラミー警視が家の居間でくつろいでいる。休暇中の彼は、妻と毎日のんびり暮らしていた。TVでエミール・ルレの保険金詐欺事件が報じられている。そこへ男がベラミーを訪ねてくる。名乗らず、電話番号だけ伝えて帰る男。
歯医者の友人がベラミーを訪ねてきて夕食。エミール・ルレの愛人でフット・マッサージ店を経営しているナディアの話題になる。
その夜、昼間きた怪しい男ノエル・ジャンティから電話が入る。ノエルに呼び出され、モーテルに向かうベラミー。そこでノエルは信じがたいことをベラミーに告げる。
彼は1枚の写真を見せ、写真の男を殺したと言う。その男はノエルにうりふたつだった。



2010年に惜しくもこの世を去った“フランスのヒッチコック”クロード・シャブロル監督の遺作。
実際に起こった保険金詐欺事件をもとにしたユニークな脚本。
シャブロル作品初登場のジェラール・ドパルデューが、メグレ刑事を彷彿とさせるベテラン刑事に扮し、複雑怪奇な人間模様に翻弄される。
作家のジョルジュ・シムノンと歌手のジョルジュ・ブラッサスに捧げられた巨匠最後の傑作。

キャスト:ジェラール・ドパルデュー/クロヴィス・コルニアック/ジャック・ガンブラン
監督:クロード・シャブロル

映画の國名作選 V 「フランス映画未公開傑作選」
クロード・シャブロル『刑事ベラミー』、クロード・ミレール『ある秘密』、エリック・ロメール『三重スパイ』
渋谷イメージフォーラムにて4月、限定ロードショー!

公式サイト http://www.eiganokuni.com/meisaku5-france/


で、刑事ベラミーって、誰?というのが真っ当な反応なんだと思う。
原作ものなのか、シリーズものなのか、検討もつかないまま予備知識も無く観てみると、はたして、全くのオリジナル作品であった。

なんと、物語としては「刑事ベラミー」が事件の謎を解いていく刑事モノなのだが、映画としては「刑事ベラミー」という人物の素性を探っていくサスペンスなのである。
面白い。
タイトルが既に謎かけですらあり、ジャンルの垣根を越えて、映画という地平で奔放に遊ぶようでもある。

なんとも言いようの無い終わり方をする本作に、もし続編があるとしたら、ベラミーがどんな活躍をする、どんな映画になったのだろうか。
そんな想像を繰り広げてしまうこともまた、巨匠が遺してくれた、大きな映画的な愉しみなのかもしれない。
posted by 井川広太郎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

第一回横浜みなと映画祭 終了

IMG_0726.JPG

第一回横浜みなと映画祭は盛況のうちに終わりました。
ご来場頂いた皆様、ご視聴頂いた皆様、ありがとうございました。
初めての試みで反省することばかりですが、学ぶことも多く、非常に実りの多い三日間だったと思います。
次の開催を楽しみにお待ちください。

横浜みなと映画祭公式サイト http://www.ymff.net/
横浜みなと映画祭USTREAMチャンネル http://www.ustream.tv/channel/第一回-横浜みなと映画祭
posted by 井川広太郎 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

クロージング

iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.JPGいよいよ、クロージングトークイベントのお時間が近づいてまいりました。
posted by 井川広太郎 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

最終日

iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.JPGあっと言う間に、映画祭も最終日
posted by 井川広太郎 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

物販

iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.JPG劇場売店では、映画祭パンフレットや関連作品のDVDなども販売しております!
posted by 井川広太郎 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

二日目

iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.JPG


左)『東京人間喜劇』深田晃司監督

右)『君とママとカウボーイ』稲葉雄介監督
posted by 井川広太郎 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

第一回横浜みなと映画祭オープニングトークショー

第一回横浜みなと映画祭オープニングトークショー 2012/03/16

“町と映画、そして映画祭―地域振興型映画祭の可能性”

http://www.ustream.tv/recorded/21139027
posted by 井川広太郎 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

本日オープニングトークイベント

うっかり、重要なお知らせを忘れていました。

本日、16日金曜日19時より、伊勢佐木町のクロスストリートというイベントスペースにて、横浜みなと映画祭オープニングトークイベントを行ないます。

林海象監督、アミール・ナデリ監督など素晴らしいゲストをお迎えして、“町と映画、そして映画祭―地域振興型映画祭の可能性”と題し、お話しして頂きます。

で、不肖私が司会を務めさせて頂くのですが、そうそうたるゲストを前に今から緊張でふるえている次第であります…
実りあるトークイベントになるよう、精一杯頑張ります…

詳しくは、横浜みなと映画祭公式サイトをご覧下さい!
http://www.ymff.net/
posted by 井川広太郎 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

映画祭パンフレット

いよいよ本日、横浜みなと映画祭が開幕します。

映画祭パンフレットは、各作品の監督のコメントの他、映画祭スタッフのみどころ、伊勢佐木町と映画との関わりの歴史を読み解くエッセーなど、かなりのボリュームで読み応えがあります。
私もプログラマーとして作品紹介を書いております。
オールカラーの非常に綺麗な冊子で、来場ゲストのサインをもらうのにも丁度良く、大きさもB5サイズと持ちやすく映画祭期間中に持ち運ぶのにも便利。

横浜みなと映画祭公式パンフレットは、シネマジャック&ベティでお値打ち価格の600円で販売中!
是非、お手に取ってご覧下さい。

IMG_0717.jpg

横浜みなと映画祭公式サイト
http://www.ymff.net/
posted by 井川広太郎 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

ノボリ

このノボリも立ってます!



横浜みなと映画祭
http://www.ymff.net/
posted by 井川広太郎 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

明日、横浜みなと映画祭

いよいよ、明日、横浜みなと映画祭、はじまります!

iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.JPG


横浜みなと映画祭
http://www.ymff.net/
posted by 井川広太郎 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

横浜みなと映画祭Ustream生放送

本日21時半から、横浜みなと映画祭のUstreamで、急遽、実験的に生放送することになりました!

http://www.ustream.tv/channel/第一回-横浜みなと映画祭

皆様、是非、ご覧頂くと共に、視聴環境や視聴状況などフィードバックして下さると嬉しいです!

また、Twitterをしている方は、ハッシュタグ#ymffを付けて呟いて下さると、なにやら都合が宜しいそうです。
posted by 井川広太郎 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

USTREAMチャンネル

横浜みなと映画祭 USTREAMチャンネルが開局しています。

http://www.ustream.tv/channel/第一回-横浜みなと映画祭

今後も、続々と上映作品の予告編を配信予定!

映画祭の前に、是非、気になる作品をチェックしてみて下さい。
posted by 井川広太郎 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜みなと映画祭2012 | 更新情報をチェックする