2014年08月23日

グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-

グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-』(De toutes nos forces/2013年/フランス/配給ギャガ/90分)



監督:ニルス・タベルニエ
製作:フィリップ・ボエファール、クリストフ・ロシニョン
製作総指揮:イブ・フランソワ=マシュエル
出演:ジャック・ガンブラン、アレクサンドラ・ラミー、ファビアン・エロー

8月29日(金) TOHOシネマズ 日本橋 他 全国順次ロードショー
オフィシャルサイト http://greatdays.gaga.ne.jp/


障害者でありながらトライアスロンに挑もうとする息子とその父が、当初は反発しあいながらも二人三脚で取り組むうちに次第に絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ。

開始15分からラストまで、ずっと涙が止まらなかった。

感動ものを観るのには少なからず抵抗があるひねくれた僕でも、本作はもう、素直に最高!と言いきってしまう。
「グレート デイズ!」って原題と全く関係なかったり、そもそもフランス映画でなんで英語のタイトルなんだとか、そんなことすら些細だと一蹴したくなるほどに素晴らしい映画。
「最高の二人」を意識しすぎとか、父親があまりにもアイアンマンすぎるとか、そんなツッコミすらも微笑ましいほどの爽やかな風が吹く。

シンプルだが普遍的なテーマを、完璧なエンターテイメント映画に仕立て上げている。
悪人は一人も登場しないが、それでも厳しい環境の中で一生懸命に生きる主人公の想い、父の気持ち、そして、母、姉、友人たち、それぞれの感情がヒシヒシと伝わってくる。

溜まった情感を一気に吹き飛ばすかのように駆け抜ける自転車の疾走シーンが素晴らしい。移動撮影だよ、映画は。その伏線になる友人と自転車で遊ぶシーンも効いてる。家出シーンは子供の頃を思い出した。あの風、あの肌触り。少年は孤独に向き合うことで大人になるんだ。クライマックスは涙を拭く隙すらなかった。

この映画で感動できない人とは、僕は友達になれない。そういう人に、もっと向いている映画もあるんだろうと思うけど、残念だけど僕は知らないよ。よそをあたってくれ。
この映画を観ながら、隣の席のきれいなおねーさんも、反対側の席のしかめっ面のおじいさんも、その間の僕も、みんな泣いてた。
posted by 井川広太郎 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

Hamburg over 14

             

2014年6月2日夜、ハンブルグ空港を発つ。
そういえば、リュックサック(ドイツ語)がなぜか行きに比べてかなり重くなっていて、うっかり重量制限オーバーしてしまうとこだった。
飛行機には手荷物だけで搭乗しないと、バックパッカー(英語)で街歩きストの沽券に関わる。

機内では時差調整のため、ひたすら飲んで食べて寝る。

乗り換えで二度目に訪れたドバイ空港は、やはり落ち着かない。
しかし、搭乗便がなぜか超ガラガラだった。
どうせ時差調整のため、ひたすら飲んで食べて寝るだけなので、あまり関係なのだが。

そんなこんなで、ようやくに羽田に到着。
飛行機降りたら、またなんかバスまだ徒歩移動させられたのだが、とにかく日本は蒸し暑い!
そして、旅が終わると、映画が終わったみたいに感じる。
posted by 井川広太郎 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

Hamburg over 13

            

2014年6月2日午後、暑いのでアイスを食べたりしながらエルベ川から北上し、アルスター湖に向かう。
この辺りは、商業施設が多いエリア。
ハンブルグの中を歩いていてもエリアごとに雰囲気と景色が全く違って興味深い。

そこからさらに北上すると、多国籍なエリアになる。
そうこうしていると、飛行機の時間が近づいてきたので、アルスター湖沿いを歩いて、手近な駅に向かう。
駅の構内で軽く最後の食事をと思ったら、また、尋常じゃない量が出てきてビビる。
なんとか完食してから電車に乗ってハンブルグ空港に向かう。
posted by 井川広太郎 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

Hamburg over 12

                    

2014年6月2日朝、同じ便で帰国する泉晶子監督と、飛行機の時刻まで街歩きする。
ハンブルグでは、綿みたいな植物の何かが無数に舞っている。
この季節特有のもので花粉症とかになる人もいるらしいが、とにかく、尋常じゃない量が街に溢れている。

あと、写真は撮れなかったが、多数の大型犬がリードなしで悠々と街中を散歩している。
よく躾けられているから大丈夫らしいのだが、これもビビる。

港に行ってニシンのサンドイッチを食べてたら、多数の遊覧船が目に入る。
せっかくなので乗ってみようかと軽い気持ちでチャレンジしたら、これがメチャクチャ楽しい!
1時間かけてエルベ川を巡るのだが、水路あり、造船所あり、超大型観光船あり、水門ありと、ハンブルグ港の構造と歴史がよく分かる!
遊覧船は大型のもあったんだけど、波に触れられるほどの迫力で小回りも利く小型船にして正解だった。
posted by 井川広太郎 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

Hamburg over 11

         

2014年6月1日夜、「HAFU ハーフ」 (13、 西倉めぐみ・高木ララ)という映画を観に3001kinoに行ったら、なんと超満員!
仕方ないので観るのは諦め、林海象監督や映画祭スタッフと飲みに行く。

オシャレなカフェやBARが軒を連ねるエリアを散策しながら店探しし、シュパーゲルを食べられる店に入る。
ようやくシュパーゲルにありついたが、量がハンパない…
映画祭最終日ということもあって、映画祭スタッフが続々と加わり、河岸を変えて深夜まで飲む。
posted by 井川広太郎 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

Hamburg over 10

          

2014年6月1日朝、3001kinoという劇場で「オチキ」(12、吉田浩太)を観る。
この3001kinoというミニシアターが素晴らしかった。
通りから入ったとこにあるんだけど、テラスも最高で野外用スクリーンまで常設されていて、劇場内も居心地よく、カフェとして捉えても秀逸。
ちなみに、ここで上映するわけでもないのに私の監督作「恋人たち」のポスターを貼っていてくれていた。

通りがかりのカフェで昼食をとってからstudiokinoに行く。
15時から「あるいは佐々木ユキ」(13、福間健二)を、17時から「赤々煉恋」(13、小中和哉)を観る。
posted by 井川広太郎 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

Hamburg over 9

       

2014年5月31日17時、メトロポリスへ。
ハンブルグに到着したばかりの林海象監督にご挨拶する。
そして、林海象監督作「弥勒」(13)をどういう因果かドイツの地でついに観賞。

それから、映画祭スタッフの方々に案内して頂き、電車で移動。
HAWという大学の講堂みたいなところで、スクリーミング・マッド・ジョージさんの特殊メイク作品などが多数、展示がされている。
そこで、マッド・ジョージさんの監督作である短編映画「Boy in the BOX」(05)とBoy in the BOXのメイキングを観賞。
帰りはすっかり遅くなってしまった。
posted by 井川広太郎 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

構想メモ

鳥のように空を飛べたらいいのにとは思うけど
猫のように街をほっつき歩いたり
犬のように大地を駆け回る方が僕は好き
posted by 井川広太郎 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

Hamburg over 8

           

2014年5月31日朝、アッコさんと国本と散歩。
前から気になっていた、おばあちゃんの手作りパン屋さんで買い食い。
スーパーには、巨大なシュパーゲル剥き機があった。
昼食は、相変わらず大胆なドイツ料理。

プロジェクターに立ち寄ろうと思ったら、蚤の市をしていたので、これ幸いと欲しかった財布を購入。
ちなみに、若者たちは証明写真機をプリクラのように使っていた。
雨が多い時期なのに、滞在中は晴ればかりで、この日は暑かった。
ので、フローズンヨーグルト屋さんに入ったら、おっちゃんが面白くて色々と話を聞く。

裁判所の前にはナチ党が権力を掌握した1933年を表す碑があり、いまの日本を省みても、三権分立がいかに重要か改めて感じる。

陽が出ていると屋内にいるのは勿体ないとばかりに、とにかくみんな日光浴をすると聞いていたが、実際、街中には多くの人が。
自転車専用レーンや、自転車置き場、さらに電車に持ち込んでいる人も多く、さすが自転車環境は整っていた。
posted by 井川広太郎 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

Hamburg over 7

       

2014年5月30日夕方、上映チェックのため、スタジオキノ入り。
大学の後輩で、ドイツ在住の映像作家である国本来る!

映画祭の常設場所であるプロジェクターに行く。
元々、精肉工場かなんかだったところを、アートスペースとして多数の若者に開放していて、プロジェクターはその一室。
そこでニュースサイトかなにかにインタビューして頂き、ハンブルグに留学している日本人学生お手製のカレーを食べる。

そして再び、スタジオキノへ行き、20時からついに拙作「恋人たち」の上映。
お客様は、すごく熱心に観てくれていた。
上映後の質疑応答では原発問題などへの質問が多く、ロビーでも話しかけてきてくれる人もいた。

そのまま22時から、俺が撮影で参加した泉晶子監督の「水着妻」などの短編を3本まとめて上映するプログラムを鑑賞。
さすがにヘトヘトに疲れた。
posted by 井川広太郎 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

Hamburg over 6

            

2014年5月30日朝、友人であり今回の映画祭で上映される短編「水着妻」の泉晶子監督と一緒に、アッコさんがガイドッブックでチェックしていたカフェへと向かう。
なんだか充実した散歩で、軽くお茶のつもりが、着いたらばっちりランチの時刻になっていた。

割と閑静なエリアで、こんなところにあるの?と思ったが、遠目に見ても明らかな混み具合の人気店。
運良く座れて、食事も堪能し、なかなかなお店だった。

それから別行動して、今晩上映なので俺は散歩したり、電車に乗って遠出したり、公園でのんびりしたりしてる。
ドイツの電車には改札も改札機もないので、乗客が自身でチケットを買って持ってるシステム。
たまに車内で検札があって、違反が見つかると重い罰金があって物凄く怒られるらしい。
どうやっても違反者はいるし、それでも多くの人はきちんと対応するということで、改札の煩わしさや運用費や人件費などを考えると、確かに合理的で優れたシステムだと思う。
posted by 井川広太郎 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

Hamburg over 5


IMG_5655.JPG
IMG_5656.JPG
IMG_5667.JPG
IMG_5669.JPG
IMG_5671.JPG  IMG_5675.JPG IMG_5688.JPG IMG_5693.JPG IMG_5699.JPG IMG_5695.JPG IMG_5727.JPG IMG_5730.JPG IMG_5733.JPG IMG_5694.JPG

2014年5月29日の昼すぎ、映画祭主催の街巡りツアーはレーパーバーンへ。
舞台版ロッキーを上演している劇場があったり、アダルトグッズショップが極めてオープンな感じだったり、バチェラーパーティで騒いでいる女子が多数いたりと、色々とカルチャーショックを受ける。
レイパーバーンは、ビートルズさんが活動していたのでも有名で、モニュメントがあった。

そんな感じで街巡りを堪能した後はメトロポリスに移動し、16時から「東京シャッターガール」(13、手塚眞/コバヤシモトユキ/寺内康太郎)、18時から「スクールガール・コンプレックス 放送部篇」(13、小沼雄一) 、20時から「女体銃」(13、光武蔵人)を見る。

そして、スタジオ・キノという劇場に移動して、22時から「ラブクラフト・ガール」(13、平林克理)を見る。
アダルトグッズ開発会社で働くことになった女子を描くコメディで実話がベースになっていて、そのモデルになった実際のアダルトグッズ開発会社の人である河野さんが来てて、色々と興味深い話が聞けた。

ちなみに、このペアシートが常設されている映画館スタジオ・キノで拙作「恋人たち」も上映予定で、既にポスターが貼ってあった。
posted by 井川広太郎 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

Hamburg over 4

                     

2014年5月29日、近くのカフェで朝食してから散歩。
いい街だ。
観光地なせいか、ハンブルグはほとんどの場所で英語が通じる。
ので、中学生レベルの英語を頑張って使いまくる。

その後、昼から映画祭主催の街巡りツアーに参加。
日本人ゲストが一堂に会して市庁舎からスタートし、湖に行き、電車に乗ったり、運河を眺めたり、教会の展望台に登ったり、港町ハンブルグの歴史と地理を色々と聞いて巡り楽しい。

港の側のレストランで昼食。
ドイツ料理は、なんつーか豪快…
posted by 井川広太郎 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

Hamburg over 3

             

2014年5月28日夜、日が落ちるのはだいぶ遅い素敵な街を散策しながら、会場へと歩く。
映画祭のメイン会場は、市営の映画館メトロポリス。
中は赴きある劇場のような作りになっている。

外交官や政治家の方々等も来てスピーチなどのセレモニー。
その後、自分を含むゲストが登壇し軽く挨拶した。
オープニング上映の「ケンとメリー 雨あがりの夜空に」(13、監督深作健太)を観る。

行事も終わり、ホテルに戻るついでに、レーパーバーンを通る。
すさまじい人出と盛り上がり…歩道は幅広いが、それでも通れないほどの若者が溢れていた。
楽しい。
posted by 井川広太郎 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

ザ・ヘラクレス

ザ・ヘラクレス』(原題The Legend of Hercules/2014年/アメリカ/配給 日活、アークエンタテインメント/100分/上映方式 2D/3D)



監督:レニー・ハーリン (『クリフハンガー』『ダイ・ハード2』)
製作:ダニー・ラーナー、レス・ウェルドン、ボアズ・デビッドソン、レニー・ハーリン
出演:ケラン・ラッツ、スコット・アドキンス、リアム・マッキンタイア、リアム・ギャリガン、ジョナサン・シェック

2014年9月6日 より 新宿ミラノほか全国にて公開!
公式サイト http://www.the-hercules.com/


ギリシア神話史上最強の勇者であるヘラクレスの誕生に迫るアクション・アドベンチャー。
射られた矢が本当に飛んで来るような迫力の3Dと、ギリシャの街並みと群衆をも復活させたような緻密なCG、そして何より、マッチョすぎる男たちの豪快なアクションとセクシーすぎる肉体がスゴい。
posted by 井川広太郎 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

Hamburg over 2

                

2014年5月28日午後、ハンブルグ空港に映画祭スタッフのスヴェンさんが迎えにきてくれていて、車で市街まで乗せていってくれる。
ちなみに、車は映画祭のスポンサーであるトヨタさまのプリウスさん。

なぜか懐かしい感じすらする緑豊かな市街を通り、ホテルへ。
部屋の真向かいに見えるのは、FCザンクトパウリのホームスタジアム!!

で、ホテルのすぐ近くの、ドイツで指折りの歓楽街というレーパーバーンへと散歩する。
BARとクラブとポルノショップの密集地帯だが、昼間なのでさすがに閑散としている。

そして港へ。
ハンブルグは、エルベ川に出来た湾岸都市で、ドイツ第二の都市。
イメージしやすいために平たくいうと、日本でいうとこの横浜みたいな感じか。

そんな港町の名物料理のニシンのサンドイッチを買い食いするが、ボリュームがスゴい…
ザッと散策しつつ、手始めに、FCザンクトパウリのTシャツをゲットする。
posted by 井川広太郎 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

Hamburg over 1


拙作『恋人たち』が、ドイツで開催されたハンブルグ日本映画祭で上映され、現地に行ってきた。
この映画祭は多くの友人から評判を聞き、是非とも参加したいと思っていた。
だから僕も旅行記をしたためようと思う。

2014年5月27日火曜の深夜、羽田発のエミレーツ航空の飛行機に乗り込んだ。
機内では時差調整のために、ひたすら酒を飲んで飯を食って寝る。

ふと目を覚ますと、太陽が後ろに。
もう間もなくドバイか。
飛行機雲と並んで空を飛ぶ。

乗り換えのために初めて訪れたドバイ空港は、とても綺麗なのだが、とにかくデカくて空港内を沢山歩かされた。
挙げ句の果てに、搭乗口から飛行機までがえらく遠くて、電車に乗ってバスに乗って、最後は徒歩で搭乗した。

機内ではまた、時差調整のために酒飲んで飯食って寝ていたが、眼下のドバイの他、中東や東欧の景色も楽しむ。
そうして、異様に落ち着く緑豊かな街、ハンブルグに降り立った。
posted by 井川広太郎 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

水の声を聞く

水の声を聞く』(2014/日本/129分/配給:シネマインパクト)



脚本・監督: 山本政志
プロデューサー: 村岡伸一郎
キャスト:玄里、趣里、中村夏子、鎌滝秋浩、小田敬、松崎颯、村上淳

8月30日よりオーディトリウム渋谷で公開
オフィシャルサイトhttp://www.mizunokoe.asia/


新興宗教の教祖に祭り上げられた若い女性が、組織が巨大化していく中で葛藤し、在日である自分のルーツを辿りながら成長して行く様を描くヒューマン・ドラマ。

正直に言って、この映画はあまり好きではない。
なんだかギトギト、ギラギラした独特のコッテリ感が苦手だし、クライマックスは面白いが、それまではちょっと長く感じる。
しかし、誰が創っても同じようなものばかりになる昨今のありふれた映画に対して、この作品は強く作り手の存在を感じさせるエネルギーがある。
例えるなら、熱い握手。手汗までじっとり感じるような、忘れ難いガッチリと固い握手。もしくは、体温や体臭まで含め五感で記憶するようなギュッと強い抱擁か。
どうしてもこの作品を創りたかったという情熱がスクリーンからほとばしってくる、そんな感覚は、まさしく映画的だ。
posted by 井川広太郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

テロ,ライブ

テロ,ライブ』(英題 The Terror Live/2013年/韓国/配給 ミッドシップ/98分)



主演:ハ・ジョンウ『ベルリン・ファイル』
監督:キム・ビョンウ

【ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ(レイトショー)、テアトル梅田ほ-か全国順次ロードショー!!!】
公式HP http://terror-live.com/


生放送中に発生したテロの実行犯に接触することに成功したニュースキャスターが、テロリスト、上司、メディア、そして政府を相手に壮絶な心理戦を繰り広げていくサスペンス。
観ている時は面白いが、コクがないので終わった瞬間に、うっかり全てを忘れてしまいそうになる。
とはいえ、ほぼワンシュチュエーションでありながら、効果的にド派手なCGを使い、とても効率的にサスペンスフルなドラマを作っていくクレバーでスマートな監督の技量には驚きの一言。スゴい監督が出てきたものだ。
あと、ハ・ジョンウは良い。とても良い。
posted by 井川広太郎 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』(原題 Sacro GRA/2013年/イタリア/配給 シンカ/93分)

第70回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞受賞
イタロ・カルヴィーノの名著『見えない都市』にインスパイアされた野心作。



監督:ジャンフランコ・ロージ
原案:ニコロ・バッセッティ

オフィシャルサイト www.roma-movie.com/
2014年8月16日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開


イタリアの首都ローマを囲む環状高速道路の周辺に暮らす、個性的でクセのある人間味の溢れた人々を独特のタッチで追うドキュメンタリー。
posted by 井川広太郎 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする