2014年12月31日

映画納め

今年の映画納めは、キネカ大森にて侯孝賢『恋恋風塵』。
高校生の時に、この映画を観なければ、僕の映画人生はなかったかもしれない。
初心に返り、新年を迎えます。
皆さま、よいお年を。

71AB7727-D364-458D-ABBC-B6280B0F5674.jpg
posted by 井川広太郎 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

ミラノ座

映画を観ようとふと思い、それならばミラノ座しかないなと



3920CD66-35A8-419E-96D4-E57AB81C41B5.jpg
19F4CC78-9D04-4461-9162-5FFD1BB88550.jpg 63996594-14AE-44D0-8613-85C792B314A2.jpg
39A3A7B9-91AF-4DFB-94ED-AF39F975D10C.jpg
posted by 井川広太郎 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

ガガーリン 世界を変えた108分

ガガーリン 世界を変えた108分』(原題 Gagarin. Pervyy v kosmose/2013年/ロシア/配給 ミッドシップ/113分)

監督:パベル・パルホメンコ
出演:ヤロスラフ・ザルニン、ミハイル・フィリポフ、オルガ・イワノワ、ウラジミール・ステクロフ、ビクトール・プロスクリン



12月20日(土) 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー!
オフィシャルサイト http://gagarin.jp/


ガガーリン生誕80周年を記念して制作された伝記映画で、1961年にボストーク1号に乗っての人類初の有人宇宙飛行に挑む108分間を中心に、飛行士になるための厳しい選抜や訓練、そして半生も交えて描く。

ロシア映画はタルコフスキーやソクーロフ、エイゼンシュタイン、あとはミハルコフやアンドレイ・ズヴャギンツェフを少々ぐらいで、その他はあまり観る機会もない。
そんな中、バリバリのエンタメ映画を予感させる本作で、冒頭でどーんとロシア語のテロップが表示された時の気高さと同時に感じる違和感がハンパない。
ただし、これは“コレジャナイ”的なガッカリ感ではなく、むしろ、今まで観たことがない異様なものを観るワクワク感。
一体、これはどんな映画なのか…

ところが実際、始まってしまえば割と普通なわけである。
ちょっぴし大地が広大すぎるのと、若干、建造物が大胆な作りなことぐらいで、後は割と普通。
むしろ、普通であることへのガッカリ感はある。

だが決定的に、ロシアン・ジョーク(と思われるシーン)の意味が分からない。
過酷な訓練中に、多分、ジョークの掛け合いをしているのだろうが、字幕を読んでもその意味が、それが面白いのか、笑うとこなのかどうなのかすら、それとも全く別の意図があるのか皆目見当がつかない。
岩明均風に言うと「文化がちが〜う」である。

壮絶なプレッシャーがかかる選抜、そこから生まれる葛藤や仲間との友情、常軌を逸した過酷な訓練のシーンなどに手に汗握り、激動の半生や、宇宙飛行士ならではの家族の苦悩などもまた興味深く、また宇宙飛行のシーンはかなりよく出来ていて楽しい。
楽しいはずなのだが、しかし、エンタメ映画的な盛り上げがイマイチ足りていないのか、中盤はだれる。

だが、クライマックスの地球への帰還、そして着陸のシーンは本当に感動的。
宇宙船がどーんと荒野に落ちてくる、まさに落ちてくる描写が素晴らしい。
それこそ、この史実を元に、その後の創作でも何度もコピーされてきた名シーンだが、やはり本家本元、ロシアの広大な大地でこそ可能な圧倒的な表現に納得の大満足である。

(宇宙からの)パラシューターに驚く通りすがりの農民からの、宇宙船を格好の遊び場と勘違いする子供たちと、彼らの前になす術もない脆弱な柵、そして、なによりそれら全てを受け止める広大な大地。
この大胆さは、他では決してマネできないリアリズムが充満しており、僭越ながら一言で言ってしまって「おそろしあ」なのである。

にしても、ガガーリンの生誕からわずか80年とは驚きである。
いまや宇宙ではソユーズが活躍し、国際宇宙ステーションがあり、民間人の宇宙観光旅行ももうすぐ実現するかもしれないという。
わずかの間に恐ろしいほどの進歩だ。
それだけにパイオニアの偉大な業績に感服するし、人類初の冒険をした男の想像を絶する勇気には、ただただ感動するほかない。
posted by 井川広太郎 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

期日前投票

期日前投票してきた
結構、人いて普通の投票と同じ感じだった(^_^)
新聞テレビ各社が出口調査してた
posted by 井川広太郎 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする