2015年07月18日

共犯

共犯』(原題:共犯 Partners in Crime/2014/台湾/ザジフィルムズ/89分)



監督:チャン・ロンジー
出演:ウー・チエンホー、トン・ユィカイ、チェン・カイユアン、ヤオ・アイニン、サニー・ホン

公式サイト http://www.u-picc.com/kyouhan/
7月25日から新宿武蔵野館ほか全国順次公開


少女が謎の死を遂げた現場に偶然、居合わせた3人の男子高校生が、彼女の死因を探っていく学園ミステリー。

同じ校舎にいてもお互いに無関心で、交わるはずの無かったイジメラレっ子、ガリ勉、悪ガキの3人が、同じ学校の生徒が死んだ場に居合わすという偶然から、一緒にその謎を探っていくことになる。
なるほど、謎解きの中でお互いに理解していくというストーリーなのか、なんて想像してたら、予想外の展開でマジでビビった。

やはり侯孝賢の『恋恋風塵』(87)のせいなのか、台湾の学園ものというだけで観る前からワクワクしてしまう。
他にも『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(91)など台湾の学園ものには傑作も多いのだが、最近だと『あの頃、君を追いかけた』(11)などポップさ全開で、過去の作品とは大分、毛色が変わってきたと思う。
他国のエンターテイメント作品と大差ないと、台湾映画としての強い個性が感じられずに物足りないが、それでも古くて趣きある校舎とか、学籍番号が胸に縫い付けられた白いワイシャツの制服とか、台湾ならではのディテールが映るだけでも萌える。

そして、死んだ少女のクールで儚い謎めいた美しさに始まり、捜査線上に浮かび上がる女生徒の爽やかで健康的な魅力、そしてこれぞ妹キャラって感じのキュートな妹など、次から次に美少女が登場し、それぞれが個性的で素晴らしい。
あと、カウンセラーの先生も、ちょっとしか映らないのにメッチャ綺麗で妙に存在感があって良かったなあ、などと思ってプロフィールを見てみたら、『一年之初−いちねんのはじめ−』(06)の主演の人だった。懐い。
posted by 井川広太郎 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

安保法案反対

安全保障関連法案に断固反対します。

井川広太郎
posted by 井川広太郎 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

715

いい天気だなあ

2572FE40-1042-4E34-9854-ED4B5429132C.jpg
posted by 井川広太郎 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

あの日の僕らにさよなら



それこそ過去に書いた日記を紐解いているかのように、まるで自分のことが書かれているようで興味と恐怖と興奮に悶え感極まりながら読み進めた。
ページを捲る度に心が震え、その街が国立であった瞬間に僕は堕ちた。
posted by 井川広太郎 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

チャップリンからの贈りもの

チャップリンからの贈りもの』(La rancon de la gloire/2014/フランス/配給ギャガ/115分)



監督:グザビエ・ボーボワ
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:ブノワ・ポールブールド、ロシュディ・ゼム、キアラ・マストロヤンニ

オフィシャルサイト http://chaplin.gaga.ne.jp/
7月18日から東京・恵比寿のYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開


チャップリンの遺体を盗み出して身代金を要求するという、実際にあった奇妙な事件を元にしたヒューマンコメディ。

主役の二人の男たちは金もなくて貧しくて、色んなことが重なって確かになんだか大変そうではあるが、とても優しくて賢くて、娘は可愛いし、そして間抜けでいい人過ぎるから犯罪はまるで似合わない。
そんな彼らが、なんとも下らない犯行を企てるという時点でバカバカしい。
無理しちゃってる背伸び感が、計画を実行する過程でのドジとミスの連続とドタバタにつながっている。
いや、おまえらには無理だよ!止めとけよ!と思わず叫びたくなる。

にしても、遺体を盗まれたと脅迫電話を受けた遺族が、もう死んだんだからと取り合わずに電話を切っちゃう下りが痛快。
この冗談みたいな話が史実らしいのだが、さすがチャップリンの家族としか言いようがない。こうありたいものである。
で、劇中では寡黙な執事が亡き主人の遺体を回収するために尽力するわけだが、この執事の忠誠っぷりがまたかっこ良かったりする。
登場人物の中で唯一、ダークサイドを匂わすところがまた渋味を効かせている。

なにより、それら全てを踏まえたコトの顛末が、なんともチャップリンならではの処理になっていて、なるほどという感じ。
冒頭から映画音楽が強烈で、なんという巨匠感と驚いたら、ミシェル・ルグランとクレジットされ、これまた納得。
ところで、劇中でチャップリンの映画の一部が出て来るのだが、とにかく続きが見たくなっちゃって困った。
posted by 井川広太郎 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

映画のチケットをプレゼント

友人や知人に何かプレゼントをする機会が時々あるが、そんな時には映画の鑑賞券が良いという話。

少し前に急にお誕生日会という名の飲み会に呼ばれ、手ぶらもなんだから何かないかと思案していて、時間もないので咄嗟に手持ちの映画の前売り鑑賞券を持っていったのだが、意外と喜ばれた。

その映画を気に入るかどうかは本人が観てみないと分からないわけだが、そのことも含め、映画のチケットって持っているだけでワクワクする。
どんな映画なんだろうと想像し、いつ誰と行こう、どこの劇場で観てその後何をしようなんて色々と楽しいことを考えてしまう。
それが映画の醍醐味だと思うし、そのワクワク感をプレゼントするような感じ。

映画を観慣れた人にとっては劇場に行って1800円払うことなどなんともないことであっても、そうでない人にとっては少しスペシャルな感じがあって、どうしても観る映画は一辺倒になってしまうんだと思う。
映画が嫌いって人もいないわけではないけど、そうでない多くの人も話題だからとか、人気があるとか、CMを見たとか、なにか拠り所がないと、なかなか劇場まで行く踏ん切りが付かないだけなんだと思う。

だから、前売りなどの鑑賞券を貰ったら気軽に映画館に行けるし、そうすることで普段は観ないような映画の魅力に触れることが出来るかもしれない。
映画のチケットをプレゼントするってのは、あまり劇場に足を運ばない人にも映画の魅力を知ってもらう良いキッカケになるんじゃないかと思った。
posted by 井川広太郎 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする