2016年01月30日

ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャック・リヴェット、87歳で逝去

ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャック・リヴェット、87歳で逝去
2016年1月30日 15:36 映画ナタリーニュース
http://natalie.mu/eiga/news/174319


うわー、リベちんが死んじゃったー(T_T)
posted by 井川広太郎 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

非情城市

#wasedashochiku #theater #houhsiaohsien #acityofsadness #assassin #film #movie #cinema


といわけで非情城市もまた20年ぶりぐらいに
侯孝賢の映画が素晴らしいというよりも、侯孝賢だけが本物の映画なんだという噂は本当なのかもしれないとつくづく思う
唯一の欠点は、観るたびにその作品が最高傑作であるということ
いまは非情城市のことしか考えられないので黒衣の刺客は観ないで帰ってきた
黒衣の刺客はDCPだけど、非情城市は35mmでの上映ってのもある
ありがたや、ありがたや
posted by 井川広太郎 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

マンガ肉と僕 Kyoto Elegy

マンガ肉と僕 Kyoto Elegy』(2014年/日本/配給 和エンタテイメント、KATSU-do/94分)



監督:杉野希妃
エグゼクティブプロデューサー:奥山和由
プロデューサー:中村直史、杉野希妃
出演:三浦貴大、杉野希妃、徳永えり、ちすん

公式サイト http://manganikutoboku.com/
2016年2月11日(木) 新宿K's cinemaシネマにて先行上映、2月13日(土)より全国順次公開


京都を舞台に、様々な女性とめぐり合いながら成長していく青年の姿を描く青春映画。

女優そしてプロデューサーとして活躍する杉野希妃さんの初監督作品ということで観る前は少し身構えていたのだが、正直なところ面白くて驚いた。

冒頭のマンガ的な展開もなるほどタイトルが『マンガ「肉と僕」』だからなのかと、うっかり勘違いしていた。
正しくは「マンガ肉」であって、はじめ人間ギャートルズに出てくるような骨つき肉のことなわけだが、つまりはタイトルは『「マンガ肉」と僕』であるということが分かり始めた頃から雰囲気が変わってくる。

パラパラとページをめくるように、そして過ぎ去りし日々が儚く消し飛んでいくかのようにあっさりと時間を超えて展開していく構成が、後半にはアッと驚くような質量を携えて「僕」にのし掛かってくる。
その重み、肌と身体で感じる確かな圧力。
その確かさこそが青春なんですよ、僕らが体験したことも、失ったことも全部。
過ちも、喜びも、その全部を包み込む何かも、きっと。

少しデフォルメされた世界も青春こそが持つちょっぴり肥大化した自意識の表れであって、涙が乾いた後のような爽やかさがこの映画には満ち溢れている。
そこに鴨川を吹く風を感じずにはいられないのである。

あと、後半に登場するちすんが可愛すぎて俺、病みそう。
posted by 井川広太郎 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

東京五輪反対

ちなみに東京五輪に反対する活動家が出てくる恋愛映画の企画を書いたら結構ウケが良かったんだけど、「スポンサーが集まらない」という理由でどこからも却下され続けています。
映画って何だろうね。不思議じゃない?全然、分からないけど、どうしようもなく魅力的なんだよね。
posted by 井川広太郎 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

ビューティー・インサイド

ビューティー・インサイド』(原題 The Beauty Inside/2015年/韓国/配給 ギャガ・プラス/127分)



監督:ペク
出演:ハン・ヒョジュ、パク・ソジュン、上野樹里、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク

公式サイト http://gaga.ne.jp/beautyinside/
2016/1/22(金)より全国順次公開


目覚めるたびに姿が変わってしまう男が、運命の恋に落ちるラブストーリー

超よかった!
奇妙な設定を構築していく前半、そしてそこから真実の愛というテーマに展開していく中盤、ずっとドキドキしっぱなしだった。
奇想天外な主人公を映画的に表現する遊び心、奇抜なエピソードで物語を紡いでいく緻密さ、丁寧に作られた世界と映像が贅沢で心地いい。

日ごとに姿を変わるのを、別の俳優が演じることで表現するので、とにかく、たくさんの俳優が出てくるわけだが、みんな個性的で面白い。
韓国人の友人に聞くと、みなさんとても有名な俳優さんなんだそうだ。
実際、とても達者で飽きさせない。

突っ込みどころはあるっちゃいっぱいあるけど、テンポの良さと正々堂々としたラブストーリーの前では、そんなの野暮でしかない。

ラストも、そりゃないだろうという展開ではあるんだけれども… ラストのラストに現れるカットの素晴らしさに、うーん…技あり!お見事!!って感じで参りました。
こういった特異な設定の映画は矛盾が生じてしまうのでラストはなかなか上手くいかないもんなんだが、そんな小さなことを吹き飛ばすような映画的なカットの連続がなんとも爽快。
こりゃ予想しなかった。カッコイイからあり!

そしてそして、なによりも、ハン・ヒョジュが可愛すぎてヤバい。
ヤバい。ヤバいヤバいヤバい。僕は病気になってしまった。
映画を観ながらずっと胸が苦しくて、この苦しみから一刻も早く解放されたいがそれでもずっと観ていたい!!とスクリーンを見つめながら悶絶していた。
夏目雅子と原田知世と深田恭子が一緒にウチに遊びに来たようなトキメキ。
ハン・ヒョジュの可憐さと美しさと逞しさが、この繊細な映画を成立させている。
ヤバい、思い出すだけで病みそう。だって可愛いんだもん。そりゃ患うわ。
そんなわけで、いま世界で一番好き。好きだー!!!
posted by 井川広太郎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2015年のベストテン

今更だけど

黒衣の刺客
ナイトクローラー
フォックスキャッチャー
皆殺しのバラッド
ビューティーインサイド
最後の一本
野火
息を殺して
フランス組曲
顔のないヒトラーたち
posted by 井川広太郎 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

レジスター

スーパーのレジ打ちの人がなぜ立っているのか、なぜ座って仕事してはいけないのか、どうしても分からない
「そうでないと日本ではお客様に失礼で…」とかなんとか説明してくれる人もいるけど、到底納得できるものではない
本当の理由はなんなんだろう?
ところでスーパーのレジは名シーンが多いけど、やっぱり「幸せの黄色いハンカチ」だよね
あとヨーロッパでスーパーに行くと「万事快調」とか思い出しちゃってついつい興奮してしまう

posted by 井川広太郎 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

映画初め

#film

遅ればせながら映画初めしてきた
神々の山嶺は予告編だけで泣ける。待ってました!感とコレジャナイ感が絶妙なバランスで、なんとしてでも観なければならんよ、これは、泉さん
アイアムアヒーローの予告編も気になるし、あぶデカの予告編も胸熱
モンスター・ホテルの予告編は面白すぎてもうお腹いっぱい
ほんと映画って面白い、映画館は楽しくて仕方ないことよろ
posted by 井川広太郎 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ひげ剃り

#shaver #myfavorite


こないだ現場でヘアメイクさんがひげ剃りをオススメしてくれたのだが、見てびっくり。
それはかつて愛用していたひげ剃りと同じものであった。

ずいぶん前に安いという理由だけで買ってから長らく愛用していたのだが、数年前に壊れてしまった。
それからは性能自慢から高価なものまで色んなひげ剃りを試したのだが、どれもイマイチ合わない。
結局のところひげ剃りも相性が大事なのかしらなんて懐かしんでいただけに驚いた。

かなり前の商品という印象だったのだが、聞けばまだまだ好評発売中とのこと。
早速、購入してみたところ、その最高にシンプルな機能性と吸い付くような肌触りに感激。
どこか朴訥としていながら一本気なフォルムも美しく、やっぱヒゲ剃りといったらこれだよね!

商品の入れ替わりが激しい昨今、これだけ長く愛されていることこそが素晴らしいひげ剃りであることの証なんだろうなあ、などと書いてると、まるで宣伝みたいだなあ。
posted by 井川広太郎 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

毒蛇は急がない

明るい人は暗い作品を創り、暗い人は明るい作品を創る。
いずれにも当てはまらない人のことは信用しちゃダメ。
posted by 井川広太郎 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

#bird #river #fly #bridge
posted by 井川広太郎 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

あけましておめでとうございます

自主的にスキー映画のシナハンに行ってきました。
とてもキツかったけど、寸暇を惜しんで滑りまくりました。
ゲレンデがとけるほど恋したいので、プロデューサーとスポンサーを見つけなきゃなあ。

posted by 井川広太郎 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする