2019年01月29日

ビール・ストリートの恋人たち

『ビール・ストリートの恋人たち』(原題 If Beale Street Could Talk/2018年/アメリカ/配給 ロングライド/119分)



監督:バリー・ジェンキンス
製作:アデル・ロマンスキー、サラ・マーフィ、バリー・ジェンキンス、デデ・ガードナー
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、コールマン・ドミンゴ、テヨナ・パリス、マイケル・ビーチ

公式サイト http://longride.jp/bealestreet/
2月22日(金)全国ロードショー


70年代のアメリカを舞台に、幸せの絶頂の黒人カップルが差別と国家権力によって引き裂かれていく様を描くドラマ

アカデミー賞作品賞受賞『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督最新作で、本年度アカデミー賞最有力候補とのこと。
いや、まあ、これ普通に獲るんじゃなかろうか、アカデミー賞とか良く知らないのだけれど。ここぞってとこで良い者でユダヤ人とか出て来るし。

あまりにも見事なファーストカットの美しさに、うっとりさせられる。
ただただ歩く二人を、踊るように祝福するかのように捉える流暢なカメラワークが素晴らしい。

実際、全編を通して圧巻の映像美。
極彩色の衣装や美術に陰影のあるライティング、絶妙なタイミングで入って来る逆光など、隅々まで計算され尽くされ、細やかな所まで緻密に構築されている。
そして演技も素晴らしく物語も面白い、のだが、ちょっと長い。

メロドラマやミュージカルになりそうでならないリアルな話なんだけど、テーマの重さに比べて抑揚が今ひとつ足りない。
主人公二人がいい人過ぎて、一方的に被害者過ぎてイマイチ葛藤が見えないからか。
特に会話のシーンは助長に思え、これで完成尺が90分だったら、と思った。

彼氏役のステファン・ジェームスは幸福の絶頂では生命力溢れる肉体を披露し、壮絶な環境でボロボロになった悲壮な顔まで生々しく演じ切っている。
そしてヒロインのキキ・レインは、とんでもなくチャーミングで可愛らしく、映画の中で成長していく彼女と共に人生という名の時間の旅をしているような夢心地にさせてくれる。
posted by 井川広太郎 at 22:02| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

ハマの靴探偵・舞台挨拶しました

51231716_2303030169716272_3038331586849275904_n.jpg IMG_3510.jpg

監督しました短編「ハマの靴探偵」初日の1月26日(土)に、横浜シネマリンとシネマジャック&ベティで舞台挨拶を行いました。
登壇したのは主演でクレイジーケンバンドのギタリストとしても活躍するミュージシャンの小野瀬雅生さん、共演で俳優でありお笑い芸人でもある大重わたるさん、演技初挑戦のキセリョヴァ・イェヴゲニヤさん、それとプロデューサーの利重剛さんと中村高寛さんと、私でした。

「ハマの靴探偵」は、2月22日(金)まで両劇場にて毎日、本編前(予告編時)のおまけとして1日1回上映されます。
詳細は各劇場にお問い合わせください。
どうぞ宜しくお願い致します!

◯横浜シネマリン
・1/26(土)〜2/1(金)「いつか家族に」15:40回
・2/2(土)〜2/8(金)「ハル・ハートリー監督《ロング・アイランド・トリロジー》」19:50回
※以降は未定
https://cinemarine.co.jp/life-works-vol3/

◯横浜シネマ・ジャック&ベティ
・1/26(土)〜2/1(金)「ヒトラーと戦った22日間」13:00回
・2/2(土)〜2/8(金)「ペギー・グッゲンハイム」16:50回
※以降は未定
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1889/

「ライフワークス」公式サイト: http://lifeworks-film.com/
posted by 井川広太郎 at 10:14| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

女は女である

ミシェル・ルグランが亡くなったとのこと
まじ無理!ミシェル・ルグランから一本なんて選べないよ

posted by 井川広太郎 at 19:54| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

ヒトラーと戦った22日間

監督しました短編「ハマの靴探偵」は、横浜シネマ・ジャック&ベティで1/26(土)〜2/1(金)「ヒトラーと戦った22日間」13:00回の本編前の予告時に”おまけ上映”されます。

「ヒトラーと戦った22日間」はロシア映画!
ナチスの強制収容所に収容されたソ連軍のユダヤ人兵士が脱出を企てるという、実際にあった話を映画化したものだそう。
なにこれ超面白そう!

ちなみに監督と主演を兼ねているコンスタンチン・ハベンスキーは長らく俳優として活躍してきて、これが監督デビューとのこと。スゴい!

奇遇なことに「ハマの靴探偵」は日本語の他に、ロシア語の台詞も使った映画でもあります!
ロシアと日本で撮られた二本のロシア語映画を続けて見られるこの機会を、お見逃しなく!

posted by 井川広太郎 at 10:08| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

いつか家族に

監督しました短編「ハマの靴探偵」、横浜シネマリンでは1/26(土)〜2/1(金)「いつか家族に」15:40回で本編前の予告時に”おまけ上映”されます。

この「いつか家族に」は、「チェイサー」「哀しき獣」で知られる韓国の名優ハ・ジョンウが監督としてメガホンをとり、自ら主演も務めているとのこと。
最近観てメチャクチャ面白かった「1987、ある闘いの真実」でもハ・ジョンウは、物語の起点となる重要な役を演じていました。
そんなハ・ジョンウが監督兼主演をした「いつか家族に」、とても気になります!

そんなわけで「いつか家族に」と「ハマの靴探偵」の二本同時に観られるこの機会に是非!

posted by 井川広太郎 at 20:27| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

ナポリの隣人

ナポリの隣人(原題 La tenerezza/2017年/イタリア/配給 ザジフィルムズ/108分)



監督:ジャンニ・アメリオ
原作:ロレンツォ・マローネ
原案:ジャンニ・アメリオ、アルベルト・タラッリョ、キアラ・バレリオ
出演:レナート・カルペンティエリ、ジョバンナ・メッツォジョルノ、エリオ・ジェルマーノ、グレタ・スカッキ、ミカエラ・ラマゾッティ

公式サイト http://www.zaziefilms.com/napoli/
2019/2/9(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー


家族と溝がある老人が、隣に住む謎めいた若い家族と交流を深めていくミステリアスな人間ドラマ

妻を失ってからは、娘や息子ともまともにコミュニケーションが取れなくなった頑固な老人。
一人で暮らす彼の隣に、幼い娘と息子を育てる若い夫婦が引っ越してくる。
ひょんなことから交流が始まり、次第に老人と一家は擬似家族的な繋がりが芽生えていくのだが…

シンプルな人間ドラマかと思いきや、隣人の闇が露わになると一気にミステリーの様相を帯びて来る。
絶望と不寛容の現代的な家族像は、ハネケの「ハッピーエンド」に通じるものもある。
でもジャンニ・アメリオだけにやっぱりとってもウェット。
ラストはちょっとアントニオーニ。
posted by 井川広太郎 at 23:58| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ハマの靴探偵・詳報

監督しました短編『ハマの靴探偵』が1/26(土)より2/22(金)まで、横浜シネマリンとシネマジャック&ベティで本編前(予告編時)のおまけとして1日1回、毎日上映されます。
​横浜の飲屋街・野毛を舞台に、靴を見れば何でも分かる靴探偵が浪漫と哀愁の大冒険をするハードボイルド志望のコメディです!

主演はクレイジーケンバンドのギタリストとしても活躍するミュージシャンの小野瀬雅生さんで、共演は俳優でありお笑い芸人でもある大重わたるさんと、演技初挑戦のキセリョヴァ・イェヴゲニヤさんです。

初日の1月26日(土)は両劇場にて、出演者お三方と利重剛さん中村高寛さんと舞台挨拶を行います。

上映プログラムは以下の通りです。

◯横浜シネマリン
・1/26(土)〜2/1(金)「いつか家族に」15:40回
・2/2(土)〜2/8(金)「ハル・ハートリー監督《ロング・アイランド・トリロジー》」19:50回
※以降は未定
https://cinemarine.co.jp/life-works-vol3/

◯横浜シネマ・ジャック&ベティ
・1/26(土)〜2/1(金)「ヒトラーと戦った22日間」13:00回
・2/2(土)〜2/8(金)「ペギー・グッゲンハイム」16:50回
※以降は未定
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1889/

詳細は各劇場にお問い合わせください。
どうぞ宜しくお願い致します。

「ライフワークス」公式サイト: http://lifeworks-film.com/

shoesdetective0111_s.jpg
posted by 井川広太郎 at 10:43| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

ハマの靴探偵

kimisarazu_top820copy20copy.jpg

監督しました短編『ハマの靴探偵』が、横浜シネマリンとシネマジャック&ベティで本編前(予告編時)のおまけとして上映されます。

『ハマの靴探偵』は、俳優・映画監督の利重剛さん(「さよならドビュッシー」「クロエ」)と映画監督の中村高寛さん(「ヨコハマメリー」)が企画・プロデュースする、横浜で短編映画を撮影して横浜の映画館で上映するプロジェクト「ライフワークス」シリーズの一編として制作されました。

"映画は都市の記憶"であると考える私からすると、「ライフワークス」は本当に素晴らしい企画です。
このプロジェクトがスタートしたの2014年から、横浜各地でロケーションされた短編映画が20本も制作されてきました。
それらは変貌していく横浜の街を記録するドキュメンタリーでもあるのです。

さらに本編の前に無料で流れる「おまけ」という上映方式も粋です。
かつて映画は複数の作品で一つのプログラムを構成することが一般的で、私が子供の頃も二本立てが多く、お目当の映画よりも同時上映で観た作品の方を気に入ったなんてこともありました。
いまはとかくスタートからゴールに一直線に進むような在り方が歓迎されがちですが、迷子になったり寄り道したりすることからこそ新しい出会いや発見は生まれるものだと思います。

そんな魅力的なプロジェクトですから、私は祭りに参加するようなウキウキした気持ちで臨み、久しぶりにコメディを撮りました。
劇場でたまたま見かけたら楽しんで頂ければ嬉しいですし、これを機会に劇場に足を運んでいただけたら幸いです。

『ハマの靴探偵』は1/26(土)より2/22(金)まで、横浜シネマリンとシネマジャック&ベティで本編前(予告編時)のおまけとして1日1回、約一ヶ月に渡って無料で上映されます。
上映プログラムなど詳細は、分かり次第お伝えします。
どうぞ宜しくお願い致します。

「ライフワークス」公式サイト: http://lifeworks-film.com/
posted by 井川広太郎 at 11:14| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

2018年ベスト10

「ラブレス」これぞ映画


「ハッピーエンド」初見の際はぶっちゃけアバンタイトルで失神しかけた


「バーフバリ 王の凱旋」あまりの衝撃に昨年どハマりした。バーフバリ!バーフバリ!


「バーフバリ 伝説の誕生」三回目となる次こそは伝説の誕生→王の凱旋の順で見よう


「ボヘミアン・ラプソディ」寒い中チャリ漕いでイオンシネマに観に行った甲斐があった


「ウィンド・リバー」エンターテイメント性と芸術性が両立し面白くて深い傑作


「幻土」自らの国をカメラで捉える誠実な映画。俳優たちのクセのある顔が素晴らしい


「暁に祈れ」おおよそ肉体だけで成り立った映画。台詞なくても超怖くて面白い!


「判決、二つの希望」ドラマの中に歴史と社会情勢を分かりやすく描いた秀作


「心と体と」コミュ症同士が夢の中で巡り会うのだが、とにかく鹿がすごい
posted by 井川広太郎 at 14:02| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする