2019年06月30日

ワイルドライフ

『ワイルドライフ』(原題 Wildlife/2018年/アメリカ/配給 キノフィルムズ/105分)



監督 ポール・ダノ
製作 アンドリュー・ダンカン、アレックス・サックス、ポール・ダノ、オーレン・ムーバーマン、アン・ロアク、ジェイク・ギレンホール、リバ・マーカー
出演 キャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホール、エド・オクセンボールド、ビル・キャンプ

公式サイト http://wildlife-movie.jp/
7月5日(金)YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


1960年代のアメリカ、大規模な山火事に苛まれるモンタナ州を舞台に、生活苦から心が離れていく両親の姿を見つめる少年の葛藤を描くドラマ

現時点で圧倒的に今年のベスト。

定職に就けない父親は一念発起し山火事の消火作業員を志願して去り、取り残された母親は寂しさと生活苦の中でパート先で知り合った金持ちの男と親しくなっていき、一人息子は自分の居場所である家庭を守りたいと思いつつ力のない己を恥じて生き方を模索する。

観ていて、侯孝賢やカサヴェテスが脳裏をよぎった。
ポール・ダノ初監督にして圧倒的な才能であった。

冒頭の、父子がアメフトの練習をする長回しでそれは予感される。
タッチダウンの瞬間が木に隠れるという絶妙、そうタッチダウンは映っていないのだが、我々は否応なくそれを想像してしまう。
その後の食事のシーン、家族のつながりと違和感と、彼らが共存する場所といった様々が周到に込められていて決定的だ。
それからはもう脱帽、めくるめく映画の世界にどっぷりと浸かった。

ゆっくりと家族が崩壊していく、静かに音を立て僅かながらしかし確かに。
それは判を押すような単純なことではなく、いろんな葛藤、迷い、事情、溢れんばかりのエモーションがある。
その情景を繊細を丁寧に、そして大胆かつ克明に、なんとも美しく切り取っていく。

母が不倫に陥ちる瞬間、その迷いと喜び、救済と罪悪感、背徳感と恋をするかけがいのないときめきといった矛盾する様々な感情が入り乱れるその時間を、長い長いシークエンスが描いていく。

とにかく俳優が素晴らしい。
妻であり母であり女であるキャリー・マリガン、父であり夫であり男であるジェイク・ギレンホール、主演の名優二人が深い人間性を伴った複雑な人物の魅力を見事に表現している。
感動的に最高だ。

俳優部と演出部は表裏一体であると、いつも思っている。
共同作業である映画の現場において、俳優部と演出部は共犯関係だ。
だから名優が名監督、あるいは名監督が名優とは限らないが、その可能性は比較的に高いと思う。
リチャード・リンクレイターの「ファーストフード・ネイション」で初めてポール・ダノをすげえ役者だと認識したが、それが素晴らしい監督でもあるとこの映画で確信した。

夫と妻の微妙な距離、その躊躇いがちに漂うささやかな空間に、語り尽くせぬ物語が広がっていることを僕らは感じることができる。
そして、それを見つめる眼差し、あまりに完璧なラストカットは映画の神様の祝福なのだろうか。
posted by 井川広太郎 at 18:11| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

新聞記者

今日は新宿ピカデリーで「新聞記者」を観た。とても良かった!
現役の新聞記者が書いたノンフィクションを原案にした社会派の政治サスペンス・エンターテイメント。
この手のジャンルはアメリカ映画や韓国映画では見慣れてるけど、いまの日本では非常に珍しい。
平日昼間なのに劇場はほぼ満席だった。是非ともヒットして欲しいし、今後はこういった骨太の映画がじゃんじゃん生まれることを願う。
ところで今日、生まれて初めて映画を観るのに1900円払った。
いつもはサービスデーなどを利用しているので正直、高え!と思った。
でもまあ「新聞記者」は大満足だったので、観た後はむしろおトクな気分になったんだけど。

posted by 井川広太郎 at 16:59| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

パピヨン

今日はシネマート新宿が毎月25日のシネマートデイで1000円均一なので「パピヨン」を観た。
主演はパシフィックリムのチャーリー・ハナム、共演はボヘミアンラプソディのラミ・マレック。
冒頭、パリが舞台なのに英語で会話してるから、アメリカ人設定なのか何なのかと困惑した。
自伝的監獄映画といえば何と言っても昨年の「暁に祈れ」の印象が強いけど、このリメイク版「パピヨン」も面白かったー。いやあ、怖かったー。

posted by 井川広太郎 at 17:02| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

さらば愛しきアウトロー

『さらば愛しきアウトロー』(原題 The Old Man & the Gun/2018年/アメリカ/配給 ロングライド/93分)



監督 デビッド・ロウリー
出演 ロバート・レッドフォード、ケイシー・アフレック、ダニー・グローバー、チカ・サンプター、トム・ウェイツ

公式サイト https://longride.jp/saraba/
2019年7月12日(金)全国公開


決して傷つけないことをポリシーに愉しみとして銀行強盗と脱獄を繰り返した老人の実話を元に描く

映画史上屈指のスターであるロバート・レッドフォードが「引退作品」として自ら製作し、ダニー・グローバー、トム・ウェイツ、シシー・スペイセクら往年の名俳優達が共演。
ロバート・レッドフォードが主催するサンダンス映画祭で見出されたデヴィッド・ロウリーが監督。
Show must go onなメッセージは感じつつ、ロバート・レッドフォードの「引退作品」があくまで甘くマイルドなコメディ調というのは驚きもあった。
やはり「明日に向かって撃て」のイメージが強いのか、あるいは監督の好みなのかもと思ったが、デヴィッド・ロウリーの過去作「セインツ -約束の果て-」もシリアスに犯罪者を描く映画であるらしくて意外。
「セインツ -約束の果て-」はデヴィッド・ロウリーの盟友である「ア・ゴースト・ストーリー」のコンビ、ケイシー・アフレックとルーニー・マーラが主演。
あいにく「さらば愛しきアウトロー」にはルーニー・マーラは出ていないが、「ア・ゴースト・ストーリー」が好きな人は是非!
posted by 井川広太郎 at 23:36| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

エロティックな関係

昨日は新文芸坐の「追悼 内田裕也 スクリーン上のロックンロール」にて、レイモン・マルローの小説をもとにした長谷部安春の「エロチックな関係」と、そのリメイクである若松孝二の「エロティックな関係」を観た。共に35mmの上映で状態も良く、とても美しい画面であった。
「エロチックな関係」は秀逸な脚本とテンポよい演出が冴え渡り個性的なキャラクターたちが立っていて圧倒的に面白かった!この作品は日活ロマンポルノだが、なんとアマプラでも観られるらしい!
「エロティックな関係」は内田裕也とビートたけしと並び宮沢りえが主演しているが、とにかく宮沢りえの可愛さが常軌を逸しているので、それだけでも価値があるし、オールパリロケの中で日本人が世界でどう振る舞いどう見られていたかなど当時の世情もよく表れていて興味深い。
これで今回の内田裕也特集は終了だが、やはり我々が映画で見ているのは俳優なのだと再認識させられ、改めて俳優の特集上映は面白いと感じた。

posted by 井川広太郎 at 12:07| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

嗚呼!おんなたち猥歌

新文芸坐の「追悼 内田裕也 スクリーン上のロックンロール」にて、神代辰巳の「少女娼婦 けものみち」「嗚呼!おんなたち猥歌」を観た。
神代辰巳を二本同時に観られるなんて今じゃ貴重な機会で、実際どちらも面白かった。
特に「嗚呼!おんなたち猥歌」は、純粋に音楽映画として素晴らしく、日本のロックンロールの記録としても価値がある。

posted by 井川広太郎 at 18:44| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

パリ、嘘つきな恋

ちょっと前の月曜日はイオンシネマがハッピーマンデーで1100円なので、チャリ漕いで板橋イオンシネマに「パリ、嘘つきな恋」を観に行った。
その帰りに、やたらニコニコしてこちらを見ているおばあさんがいたので、「こんにちはー」「暑いねー」「自転車だと意外と気持ちいいんすよー」なんて軽い会話を交わしつつ、そのおばあさんにとっては今日、唯一の会話なのかもなどと想像した。
それから家に帰って、夕飯食べて晩酌していてふと、自分が今日、そのおばあさん意外の誰とも話していないことに気付いた。
映画のチケットはオンラインで入手したし、一言も発していない。
そもそも、そのおばあさんは家族と暮らしていて、今頃楽しく食卓を囲んでいるのかもしれない。
ささやかな会話に救われたのは俺の方だった。

posted by 井川広太郎 at 20:35| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

The Crossing -ザ・クロッシング- PartT

昨日はシネマート新宿が月曜メンズデーで1100円なので、予備知識もなくジョンウー監督「The Crossing -ザ・クロッシング- PartT」を観に行った。
原題の「太平輪」は船の名で、とても有名な海難事故があったらしく、要するにタイタニックみたいな感じらしい。
損なこととは露知らず、しかし日中戦争と国共内戦ばかりの内容で啞然とし、ラスト突如として船が沈む映像と共に次回予告になって「後編にご期待ください!」と。お、おう。

posted by 井川広太郎 at 17:12| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

クレージーだよ奇想天外

今日から池袋の新文芸坐で開催されている特集上映「追悼 内田裕也 スクリーン上のロックンロール」にて、「クレージーだよ奇想天外」を観たのだがまさに抱腹絶倒!めちゃくちゃ面白かった。
昔は東宝でもこんなに面白い映画を撮れたのだと世界に誇りたい傑作。
ちなみに内田裕也特集は14日まで行われていて、劇場では6月9日発売のインタビュー本「内田裕也、スクリーン上のロックンロール」を先行発売していた。

posted by 井川広太郎 at 19:55| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

天安門、恋人たち

「ロウ・イエの中で何が一番好きなの?」などという乱暴な質問は実際、大歓迎なのである
それは「マイベスト映画の一つが『スプリング・フィーバー』であり、人類映画史上ベストの一つが『天安門、恋人たち』である」という意味の分からぬ決め台詞を用意してある今においても、そのいずれを選ぶか妄想するだけで愉しくて仕方なく、話が尽きないからなのである
実のところ、さらに秘密があって、それは『スプリング・フィーバー』は何度も観ているのに対し、『天安門、恋人たち』は一度しか観ていない
『天安門、恋人たち』が再び劇場でかかるのはいつなのか、その時が来るのをいつかいつかと心待ちにしているのもまた映画の楽しみなのである

posted by 井川広太郎 at 16:23| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする