2008年08月02日

黄金町失格34

080802_0524.jpg

二次会を経て、三次会は支配人の機転でなぜか劇場で。
深夜に映画館で監督達が集い、さらに上映まで始まり、その作品についての議論が延々と続くという狂乱。
なんだか不思議な時間を過ごし朝を迎え、ようやく帰り。
posted by 井川広太郎 at 05:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 黄金町日誌2008 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
主演のお二人の呼び名が、エンドロールを見て、芸名(本名?)がもじられているものと気づき、面白かったです。
Posted by 映画を観た人 at 2008年08月02日 15:38
終わっちゃったんですね。。
お疲れさまでした。

見に行きたかったけど、突然の引っ越しやら、
長物の仕事で、バタバタして逃しちゃいました。。
「右手」観てないから、行こうとしてたのに。

Posted by よこちん at 2008年08月03日 03:12
>映画を観た人さん
ご鑑賞ならびにコメントありがとうございます!
随分細かいとこまで見て頂き嬉しいです。
おっしゃる通り、この映画の登場人物のほとんどが、役者の実際の名前をそのまま使っています。
決して珍しい手法ではないのですし、作品や作風によっても変わるのですが、映画と世界の繋がりを感じさせてくれるので俺は結構好きです。

>よこちん
また引っ越したの?大変だね。
『右手』は当分観られないだろうけど…
まあ、また機会もあるさ。
Posted by 井川広太郎 at 2008年08月03日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック