2008年08月27日

Flabbergasted 04

6月27日(金)

DSCN1681.JPG

1800 アエロヌフ

アエロヌフに戻ると、ゲストの誰かがバーカウンターのスペースでトークイベントしている。
ビア呑んで周りの人とダラダラ話していると、とあるスタッフがすっ飛んでくる。

「今日のあなたの上映後の質疑応答のために、フランス語の通訳を呼んだわ!」
あれ、俺に通訳は付いてなかったハズなのに。
「そう、さっき急遽呼んだのよ。もうじき来るはずなんだけど。これからの予定は?」
いまから一本映画を観ようかなと。
「じゃあ、20時過ぎぐらいには来ると思うから、あなたも上のゲストルームに来てね!」

俺の英語が予想以上に下手すぎるから、さすがにフランス語の通訳が必要ってことになったのだろうか、いずれにしろあまりに急でビックリするが、非常に有り難いことである。

film08_compet_comme_ostende.jpg

1900 comme a ostende

アエロヌフでコンペ部門のベルギー映画『comme a ostende』を観る。
別れきれないカップルが痴呆症のじーさんと旅するロードムービーで、演出も映像も俺好みで非常に面白かった。
が、最後がなぜかコメディになっていて一気に白けちゃったな。

DSCN1687.JPG DSCN1688.JPG

この映画祭では観客投票を行っていて、縦長の用紙の「良い」「普通」「悪い」などの区分に切れ込みを入れるシステム。

DSCN1689.JPG

2015 飯くう

では飯喰いに行くかとゲストルームに向かうと、通訳のふみ子さんに遭遇。
本当に急に呼ばれて来たらしく、物凄く慌てている。
いやー、すいませんねえ。ヨロシクお願いします。
ゲストルームで飯喰いながら、簡単に打ち合わせする。

2shot_s2.jpg

2100 東京失格

というわけで、『東京失格』の上映。
上映前の舞台挨拶で、軽くフランス語で挨拶。
ハッハー、一応これでも第二外国語はフランス語だったからな。
と、全くウケない。結構焦る俺。
いままでの経験だと現地の言葉で挨拶するだけでウケるんだけど、やっぱフランス語みたいな大国になるとそうもいかないわね。
まあ、映画を楽しんで下さい!

lille401.jpg

2115 ドライブ

ふみ子さんは上映を観るらしく、俺は少し疲れたので上映終了まで仮眠してようと思う。
その前に煙草が尽きそうなので、この辺りでどこで煙草を売っているかをスタッフに聞く。
すると、いまから用で車を出す連中がいるから、ついでに買って来させるよと言うので有り難くお願いする。
で、アエロヌフのロビーのソファーでウトウトしている俺。

するとDJに起こされる。
「おい!俺っち今からドライブ行くから一緒に行かねえか?」
DJは実際ディスクジョッキーらしいのだが、めちゃくちゃハイな奴で同時に英語が上手なのでいつも良く話していた。
しかし、俺は疲れているし、上映終了までに戻らなきゃいかんし。
「街を一回りして用事を済ますだけだから20分もかからないぜ!それにオマエの煙草を買えって頼まれているし一緒に行こうぜ!」
そこまで言われたら行かないわけにはいかない。

歩き回った道だけど、ドライブするとまた違って見える。
それにしても古い街なので、狭い一通が多く、迷路のように何度も何度も角を曲がらなきゃならず、大変。
「外人はみんなそう言うけど、俺たちには当たり前だからなんとも思わないんだ」
おしゃべりなDJはずっとマシンガントークを繰り広げるので、疲れている俺にはまさにラジオのDJのように聞こえる。
「俺はリールで一つだけ好きなところがある。それは蚤の市さ。毎年9月にやるんだが、アレは最高だ!世界中から100万人も来るんだぜ!」
聞いたことあるけど、100万人ってマジかよ。
「マジさ!3日間、街中は車も通行止めになるんだ。街中の道が露店になって、家具だって何だって売ってる。アレは最高だ!クレイジーだぜ!」
そんなわけで俺は、東京をドライブする映画を上映するのと同時に、リールの街をドライブしてみせた。

DSC_0059.JPG DSC_0061.JPG

2230 舞台挨拶

無事に煙草も購入し、疲れヘトヘトになってアエロヌフに戻る。
程なく、上映が終わり、観客との質疑応答へ。
前から
さすがフランスだけあって突っ込んだ質問が多くて面白かった。

動画がupされているようですが、通訳のふみ子さんのフランス語に吹き替えられているので、俺も何を話しているか全く分かりません。
物凄く恥ずかしいことを言っていたらアレなので、フランス語分かる方、聞き取って教えて下さい!



DSC_0063.JPG DSCN1695.JPG DSCN1690.JPG 

2300 パーティ

舞台挨拶後は終わり、煙草を吸いに外へ。
そこでも、話しかけてくれる観客の人達がいて、10人ぐらいでおしゃべりしてる。
フランス人は大概最初に「英語は苦手で…」とか言うけど、話し始めると俺なんかよりずっと上手い。当たり前だけど。
一緒に呑みに行こうぜ!と言ってくれる人もいたのだが、流石に疲れてまくっているし、映画祭のパーティーに来いと言われていたので非常に残念ながらまたの機会に。

で、アエロヌフのバーカウンターでのパーティーに参加。
ここで『東京失格』のフランス語字幕を制作してくれたリール日本文化普及協会みたいなのの会長と挨拶する。
この映画祭は日本映画は勿論、字幕を付けての上映自体があまりなかったようで、この協会と協力し合って『東京失格』のフランス語字幕を作ったらしいのだが、会長からは「お陰で映画祭と繋がりが出来て良い機会になった」と感謝される。(ちなみに会長は日本語は全く話せずフランス語)
俺の映画が、海外の地で人と人とを繋げるのに役立ったなんて、こちらこそ光栄だ。

2400 ホテルに戻る

疲れたので、寝る。
posted by 井川広太郎 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | リール旅行記2008 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいね・たのしかった。ていうか失格君まだいたんだ。。今気づいた。
Posted by ルルル at 2008年08月28日 02:16
>ルルル
失格君まだいるんだよ。
この人、何歳だったかなあ。
Posted by 井川広太郎 at 2008年08月28日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック