2008年10月25日

原点回帰、なのかもしれない

というわけで今日は、横浜ジャック&ベティでの台湾シネマウィークの初日に観に行く。

五年ぶりぐらいに観たホウ・シャオシェンの『ミレニアム・マンボ』が最高すぎて何も言えねえ。
やっぱホウ先生あっての俺だなあと原点回帰したような気持ちになる。
俺は一巡したのかな。
こうなると『恋々風塵』もまた劇場で観たくなる。
どこかの映画館でやらないかな。

戦時中に日本で軍事産業に携わっていた台湾の少年達を追うドキュメンタリー『緑の海平線』も興味深かった。
台湾シネマウィークは31日まで。
この機会に是非!
posted by 井川広太郎 at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行きたいけど
忙しい上に、遠い。
Posted by なかえ at 2008年10月26日 13:06
>なかえさん
忙しいのは、きっといい事だと思うよ!よく知らないけどさ!
映画はいつまでも待っててくれるし。
遠いって人は、あれだよ、横浜におデートに行けばいいんだよ。
『ミレニアム・マンボ』を一緒に観るカップルって、カッコいいなあ、きっと幸せになれるよ。
ついでに中華街でも行けば良いんじゃないの。港の見える丘公園 から夜景とか見てさ!なにさっ!なにがおデートだよ!
しかしこの台湾シネマウィーク中は、さながら映画祭のノリなので、丸一日かけても楽しめるプログラムだよ、マジで。
Posted by 井川広太郎 at 2008年10月26日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック