2005年12月21日

愛しきあなたはどこへ消えるというの

今日は仕事で神奈川までロケに行きました。

近くながら故郷である神奈川に足を踏み入れたのは、クソ熱い仲間達とクソ暑い中での『東京失格』のロケハン以来。

その時は結局「やっぱ嘘はつかずに東京にこだわろうぜ」ということで、本当に足を踏み入れただけで帰京したのですが。

久々に乗るオレンジと緑の東海道線の車両は、相変わらず最高にCUTEでCOOLだぜっ!

で、多摩川を越える長い道中、担当さんと色々な話をする。なんか話が合いまくって、それは俺の仕事先との関わりとしてはとても珍しいのだけれど、すっかり意気投合する。

国立とか、俺の琴線に触れるキーワードまで出て来る。サンモークの「ないものはない」について語れれば、盛り上がるしか無いだろ。

で、ロケ後、さらに珍しいことに担当さんとサシで酒を呑みに行く。

その場で、輪を掛けて極めて異例ながら、かなりディープな話になる。

その中で彼が、俺が甚だリスペクトするこの世で最も“ロック”な芸術を志していたことを知る。どうりで馬が合う訳だ。

そんな最中、ドイツから国際電話が入る。久しく連絡を取っていなかった信頼する友人からであった。

といっても彼は何度かメールを寄越していたらしいのだが、俺のメルアド変更の件で繋がらず結果迷惑かかっちゃった上で、いよいよ電話をしてきたらしい。俺は最近も彼のことが気になっていて、そういやメールしなきゃなとか正に思っていた矢先であったのだ。

で、そのドイツの友人がクリスマス過ぎから日本に帰って来るらしい。そりゃナイスですよ!再会を楽しみにしていますわ!

まあ、そんなこんなで、諸々がつながっていくの。

つながっていたいの。
posted by 井川広太郎 at 01:36| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうサンで、電話しなかった?
Posted by BlogPetの失格くん at 2005年12月21日 14:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック