2005年08月23日

東京失格撮影日誌 0822

10時 起床

11時 集合
     メイク、衣装などの仕込み

11時半 出発

今日は長距離移動
車内で打合せや睡眠、コミュニケーションをとる

14時 現場到着

15時半 撮影開始

作品内では僅か数10秒のカットの為に遥々ここまで来た
それには多くのスタッフとキャストの力が必要だ
映画の大変さと素晴らしさを改めて実感

17時 本日2発目のロケ地に到着

かなりタフなロケが予想されたが驚くほど速やかに撮影終了
それもこれも周到な準備と現場での迅速な対応を行った、
制作部の皆のお陰!
フレームの外側の努力が、映像を創るスタッフ、映像内のキャストを活かす

また、映画の感動を味わう

20時 新宿近辺に戻る

打合せをしながら、次のシーンの撮影に備える

映画人は休める時に休める能力が問われる

移動や待ち時間などで、速やかに食事を摂り、効率良く寝ることが必要

逆に現場では、誰もが平等

24時半 ロケ地の方の寛大な協力の元、撮影開始
      諸条件が面白い様に画面に栄える

25時半 そして、本日の撮影終了

今日は長征と思しき強行軍であったので皆お疲れ

しかし、文句無しに最高の美しい絵が撮れた

今日撮ったシーンは尺こそ短いが、この作品の基調となる

そういった映像は、矢張り多くのスタッフ、キャストの力無くしては生まれ得ない

映画的な感動を孕んだまま、俺は明日の撮影に備える

今日の撮影でのカメラのタイムコードがやたらと俺の好きな数字が揃う
1回なら兎も角、連続するのは天文学的な確率だ
帰り際、「今日はラッキーデーだった」と某スタッフに言ったら
「なんか良いことある予兆ですよ」と言われる。
戯言だと知りながら、君から連絡でもあるのかとそわそわする。

26時 帰宅
     酒を呑む

27時 そして寝る。
posted by 井川広太郎 at 03:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京失格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック