2005年12月26日

“偶然の扉”は至るところに

24日は午前8時頃までウォッカをジャブジャブ独りで呑んでいた。
で、昼過ぎに起床。

冬休みの課題の一つであるHUE WEBLOGのリニューアル作業をしている。

と、17時頃にクリスマス会への誘いの電話。

誘って下さったのは暫く前に仕事で知りあった方で、クリエイターの集い的なグループが主催するクリスマス会とのこと。

以前に誘われたのだが、お互いすっかり忘れていて、急に行くことになる。

で、参加条件は、フォーマルな服装。

ジーパンにTシャツ以外の格好を滅多にしない俺は、珍しくスーツを着ることになる。

いや、それだけで結構楽しかった。

で、中野の某店にて十数名のクリスマス会。

俺が下から2番目に若いというアダルティな集まりで、とっても良い人ばかりで平和的。

なんか、普通にMerryでした。


で、明けて25日。

昨日に引き続きHUE WEBLOGのリニューアル作業。ほぼ完了。

その煽りで、当BLOGも微妙に変わる。平たく言うと「東京失格撮影日誌」がこっちに移行されたってこと。

で、夜はバンクーバーから東京復帰したエディと、その友人である日本美術史を専攻するイギリス人と呑み。

語っていたことは、概ねignoranceについて。

とっても刺激的で楽しかった。

遠くバンクーバーのポールとクミコさんも俺のことをcareしてくれているらしい。

Thank you...



まあ、そんなこんなで、俺は無限に広がるチャネルに想いを馳せるんだぜ。
posted by 井川広太郎 at 02:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック