2009年01月30日

ネットは広大だわ・・・

Macの内蔵ハードディスクを起動ディスクごと総入れ替えした。

もう大分前からHD(ハードディスク)が香ばしい音を発するようになっていて、諸々のアプリの起動もどんどん遅くなってきていたし、HDがぶっ壊れてデータが全部吹っ飛んだなんて噂話を聞く度に明日は我が身とガクブルしつつずっと何もしないままで居たのだが、ようやく重い腰を上げたというわけなのである。

メインの作業としては起動ディスクであるHDを250Gから500Gへと換装しシステムとデータも全て移行(さらに動画用の400Gも500Gに換装)、ついでにこれまた壊れっぱなしでCDが扱えなくなっていた光学式ドライブも換装するという計画。
機械音痴でマシンに疎いPC素人の俺っちは、物凄く色々とググって傾向と対策を練る。
練れば練るほど分からない言葉や知らない概念が次々と出てきて、俺の処理速度がついていけずにフリーズしそうになる。
俺の脳味噌がクラッシュしてはPCが起動しないでは済まない事態なので、ええい、ままよ、と例によっていい加減な準備で実行に取り組んだ次第である。

朝から始めてまずは、光学式ドライブの換装。
Power Mac G5の光学式ドライブを一般に流通している物と取り替えると、ベゼルが内部で引っ掛かってしまうというのは先に調べて知っていたので、予めベゼルを外す。
っつーか、「ベセル」って何よ!という話である。
傾向と対策をググっていると、みな当たり前にPC用語として「ベゼル」という言葉を使っているのだが、辞書的には「bezel=刃の斜面、(指輪などの宝石の)受け溝」など英語的にはかなりマニアックな単語らしい。
要は「前面パネル」ってことらしいのだが、ベゼルって何よ!という時点で俺の脳内HDはガリガリ音を立てまくっていたのである。
ともあれ、新しい光学式ドライブの「前面パネル」をうんしょうんしょと外して、無事に換装。
なにがベゼルだよ!簡単じゃねーかよっ!と、試しにイジェクトしてみると、ウィーン…ガッっと見事にトレーが中で引っ掛かって出て来ない。
あわわわわ…
もっかい光学式ドライブをMac本体から取り出ししげしげと見つめてみると、光学式ドライブの前面パネルの上部は確かに外したわけなのだが、下部は残ったままであった。
大した厚みがあるわけでもないのだが…と思いつつ、今度はちゃんと全ての「ベゼル」を外してもっかいMac本体の中に入れてみると、今度は何事も無く美しくスムーズにトレーがイジェクトされる。
ぼっ…僕にも出来たっ!

で、ここからいよいよHDの換装とシステムの移行に取りかかり半日ぐらい悪戦苦闘(って程でもないけど)するのだが、もう書くのが面倒になったから端折る。
結果だけ言うと、HDの交換は無事に済みシステムも正常で、あまりに高速かつ静かにMacが起動することに俺はいま猛烈に感動しているのである。


んなことよりさ、こういうのって人間に例えると、臓器移植なのかね?
でも、いまの医学では脳は移植できないし、脳の交換はSFの大テーマだったりもする。
ってゆーかHDは脳味噌なのか、じゃあ光学式ドライブはやっぱ舌なのか。
そもそも、PCを人体に例えること自体に無理があるのだろうが、オペしながらそんなことを考えていた。
どうなんでしょうね、外科医の人に教えて欲しいです。教えて下さい。


あと、こういう時に必ず思い出すんだけど、宇宙人が宇宙船に乗って地球にやってくるのだが、宇宙船が故障してしまってその宇宙人には直せない。それをみた地球人が「宇宙船作るなんて文明はすぐれているはずなのに、オマエは自分が乗ってきたものも修理出来ないのか」となじる。すると、その宇宙人は涙目で「じゃあアンタらは車の構造知ってて乗ってるのか、TVを直せるのか」と逆ギレするってようなのが、星新一の短編であったような気がするんだけどタイトルが思い出せない。
俺の脳にデスクトップ検索をインストールしたい。
posted by 井川広太郎 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック