2009年03月27日

女子女子over8

女子女子 over8』 img49b4c8449c41a.jpg
オンナノコがふたりいれば、映画は無敵。

2009年3月28日(土)〜4月17日(金)
3週間レイトショー

◎3/28〜4/10 20:40上映開始
◎4/11〜4/17 20:50上映開始

料金:前売¥1,300 
当日¥1,500 学生/¥1,400 シニア/¥1,000

シネマート六本木


[over8]は「斬新でオリジナリティのある映画を創る」ことだけがコンセプトの、映画監督たちによるプロジェクトです。2005年の発足より現在まで18名の監督が参加し、新作を発信しています。


トーキョーとナゴヤ、それぞれの女子たち。
ヤバクてカワイイ、ミラクルなストーリーが展開します。

『やまないカーテンコール』(2008年/日本/14分)有馬顕
『記憶という名のバスと真冬のリディム』(2009年/日本/13分)ナリオ
『土井さんの不幸』(2009年/日本/14分)西條雅俊
『ramily』(2009年/日本/13分)山田光栄
『月照の歌』(2008年/日本/10分)鎌田千香子
『アメリカの女』(2008年/日本/13分)河本隆志
『街の右側』(2008年/日本/11分)酒井健宏
『ライツオブリトルタウンズ』(2008年/日本/12分)佐藤良祐

[over8]第3弾となる今作はタイトル通り、女子2名が主人公のショートフィルム・オムニバスです。参加する経歴も方向も違う、個性派監督ばかり。しかも今回は、独自の女子文化発達の地・名古屋の若手監督たちも参加。


『女子女子 over8』初日3/28上映終了後、公開記念オールナイトイベント開催!!

※上映やイベントなどに関する詳細は必ず劇場もしくは作品公式サイトなどでご確認下さい。

over8公式サイト http://over8.com/


俺は特に関係があるわけではないのだが、俺の友人や知人が多く携わっているover8というプロジェクトの第3弾『女子女子over8』が明日から劇場公開されるようです。東京と名古屋からそれぞれ4人、「女子2人が出てくる」短編計8本のオムニバス映画。とっても面白そう!

企画段階から色々と話は聞いていて、とっても面白そう!とは思っていたのだが、何分俺はまだ観ていないので、映画の内容については特に何もコメントできない。近いうちに観に行こうとは思っているのだが、観る前の今は特に言うことがなくて困る。困るから、出品作家の1人である西條雅俊監督の悪口でも言おうかと思う。

西條さんとはかれこれ10年近い付き合いになるが、別に仲良くはない。そんな人の悪口を言って良いのかとも思うが、西條さんのblogにはしょっちゅう俺の悪口が書いてあるからおあいこなのである。

この『女子女子over8』に西條さんが参加すると聞いた時、そりゃあナイスだと思った。ちょっと興奮した。というのも、西條さんは乙女な感性を持ち、しかも短編作品でも十分に魅せるキャッチーな才能を持ち合わせているからだ。

当然、俺の心の中にも乙女の1人や2人は棲んでいるのであるが、西條さんの乙女チックには到底敵わない。例えば、彼の映画に出てくる男子は、ことごとく乙女チックなのである。彼ら登場人物が如何に男らしく振る舞っても、とっても乙女な魅力を振りまいている。観ている俺の乙女心を刺激して辱めるくらいだ。であるから当然、彼の映画に出てくる女子共は、過剰なほどに乙女である。女というより、乙女なのである。乙女チックな男子と、乙女な乙女が共存するのである。まさに女子女子である。

さらに彼は、エラく分かりやすい話をとても分かりやすく描くことに秀でている。分かりやすい。分かりやすく描くというのは、努力や勉強や技術でどうにかなる部分もあるが、残念ながら才能が占めている部分も大きいと思う。才能が無きゃ駄目って類では無いが、才能がある方が決定的に有利だ。例えば学園ものという、ジェネレーション的なコンセンサスに裏打ちされたキャッチーな作品、というのであれば、彼はそれらを的確に創る技量、つまりは才能がある。今回の『土井さんの不幸』は別に学園ものとかジャンルものではないと思うけど、乙女なショートフィルムなんて西條さんにぴったりハマっているから、いまから観るのが楽しみなのである。

と、悪口どころか全く褒めまくっているようにも思えるのだが、同じことを面と向かって本人に言うと物凄く怒るのである。俺としては完璧に褒めている、というより嫉妬すら混ざりつつ羨んでいるのだが、本人にとっては全然嬉しくないらしい。ことごとく理解できない。まあ、そもそも仲良くは無いのだからそんなものなのであろう。いずれにしろ、上記は全て西條さんにとっての悪口らしい。ガハハ。悪口いっぱい言ってやったぞ。

あ、肝心なことを忘れていた。『女子女子over8』の公開期間中に劇場で拙作『東京失格』のDVDも販売するそうです。あわわわ。特に関係ないとかいいつつ、このover8プロジェクトの第二弾が『裸 over8』という作品で、『東京失格』は『裸 over8』に続いて同じレーベルから出して頂いているのです。『女子女子』公開→『裸 over8』物販→ついでに『東京失格』も枯れ木も山の賑わいで置いてやろうという流れである。あわわわわ。ありがたい。みなさまシネマート六本木にて『女子女子over8』をご鑑賞の際は、『東京失格』のDVDがこそっと売っているかもしれないので、まあ、よろしく傍観してやって下さいませ。購入しなくても写メは撮らせてもらえると思います。というか俺は『女子女子over8』を観に行ったらシネマート六本木で『東京失格』DVDの販売風景を写メるつもりだ。
posted by 井川広太郎 at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「女子女子over8」書いてくれて、ありがとうございます。
っていいながら、私の作品ではないですが。(笑)
ぜひ、「東京失格」のDVD売り場を観に行くついでに、
「女子女子over8」も観て行ってくださいね。

Posted by itasachi at 2009年04月05日 00:17
>itasachiさん
まさか物販を目的に映画館に行く人はいないと思いますが…
映画を観た人が少しでも興味を持ってくれたらなあって思います!
Posted by 井川広太郎 at 2009年04月11日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック