2004年08月17日

04五輪 VSイタリア

力の差が出た。個人の能力も戦術も戦略も相手が上回っていた。んなこと最初から知っている。敗戦は何よりの教訓だ。しかし、それで納得したら次はないのだ。目指すべきところは飽くまでW杯であって、「我々のプランが崩された」から負けたなんて言っていても始まらない。この経験を踏まえ、2年後には勝つサッカーをしなければならない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3失点ともよく似ている。ロングフィードからのゴール前での個人技にやられた。あれらのシュートを防ぐことは難しい。しかし、不可能ではないし、少なくともセンタリングを防ぐことは出来た筈なのだ。

日本は4―3―1―2のフォーメーションで臨んだ。相手の攻撃を警戒し、バックラインを固め、カウンター攻撃を意図したものだった。しかし、そこをイタリアに突かれた。前線と中盤以降に大きく空いたスペースにイタリアは中盤の選手を進入させ、日本のDF陣の裏にロングパスを送ってきた。長く横に広がった日本の最終ラインは、受け身となるが故に、自分を追い越して来るボールに対して個人でも組織でも対応が遅れた。センターリングが上がったとしても日本のセンターバックが跳ね返せば済む問題ではあったが、相手のFWはレベルが一つ違っていた。

システムは攻守の性質を示すものではないし、選手のタイプも様々である。攻撃的なスリーバックもあれば、DFにもストッパー、スイーパーなど色々な性質がある。日本の選手は技術こそあれ、状況判断能力や特に身体能力では劣る。そういった意味で、相手と一対一になり得る上記のような守備は、あまり効果的ではない。

前半の中頃から後半に掛けて日本は大きくシステムを変える。事実上の2―5―3(2-2-2-1-3)のような布陣を取り、守備のリスクを犯して点を取りに行く。これが攻撃面で効果的であったかはさて置き、守備面では絶大な効果をもたらした。中盤に厚く広く布陣することで、イタリアのロングフィードを防ぎ、そこから洩れたボールと相手選手は、二人のストッパーが正面から処理することで、ほぼ理想的な組織をつむぎ出した。

無論そこには、試合を有利に運んでいたイタリアの必要以上に攻撃することはないという思惑があるのだが、にしても、前半からこのようなサッカーをしていたら、あのような失点は防げたのではないか。少なくとも、イタリアの中盤から前線への容易なロングフィードは難しくなったはずであるし、センターバックがイタリアのFWと五分の体勢で競り合うことは避けられたのだ。

こういうのを攻撃的な守備と言い、同じくカウンター攻撃とは言っても、リアクションサッカーとは全く別のものである。02W杯で韓国が使っていたのはこの戦術。

ともあれ、予選から通じてU23の試合は本当に面白い。五輪本戦に入ってから、あまりにも強大な敵を前に自分達のスタイルを半ば捨てたことが裏目に出たが、それにしても、チームとしての意志と指向を感じる。戦術への対応力も浸透度も高く、見ていて大変に参考になり、飽きさせない。五輪に入ってからの松井の活躍は目を見張るばかりだし、大久保、茂庭も素晴らしい。イタリア戦では阿部もFKを決めた。今まで実際、精神的なプレッシャーは物凄かったのであろう。小野は実力からすればまだまだ足りない。後は平山。最後のガーナ戦も是非、面白いサッカーを見せて欲しい。
posted by 井川広太郎 at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック