2009年05月31日

翻弄者

小説をあまり読まないようになってから随分と時間が経ってしまった。

もちろん嫌いとかいうわけじゃないのだと思うが、どうもあまり興味が湧かない。

そんな俺が最近読んだ面白い小説なんていうと、矢作俊彦の『ららら科學の子』とか、もっと昔の筒井康隆の『邪眼鳥』とか、やたらと古いものばかりになってしまう。

それもどうなのかなあと思っていた矢作、じゃなくて矢先、ついこないだ久々に面白い小説を読んだ。

『翻弄者』(藤原章生・著/集英社/発行:2009.04/1600円)

新聞の書評で読んで、おっと思って早速買って読んでみたのだが、そういう時の御多分に漏れず、べらぼうに面白かった。

これが小説かどうかは微妙でもある、ってか、ノンフィクションにカテゴライズされているらしい。

フィクションとノンフィクションの境目なんて、この本を読んでいると如何にも怪しくなる。

作者は「第3回開高健ノンフィクション賞」を受賞しているジャーナリストで、話はバグダッドの預言者、ケープタウンの運転手と娼婦、キューバの詩人を追った三部からなる。

バグダッドの預言者の話が猛烈に面白い。

誰かの話を聞くこと、あるいは文字を読むことには、発する側の意図とは懸け離れた次元で受け手の再構築が介在するわけで、それをギャップとか想像力とか言うのかもしれないが、当事者でありながらも自身をも相対化し、真実であるからこそ事実に捕われず、そういったズレや広がりすら傍観しながら楽しむような、そんな豊かさに満ち溢れている。

俺はこうだ、お前はそうか、お前はそうだからお前で、俺はこうだから俺であり、なるほど、俺と、お前、こんにちは、はじめまして。みたいな。

こういう読み物、好き。
posted by 井川広太郎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック