2009年08月12日

映画「クリーン」予告編



カンヌ国際映画祭女優賞&撮影賞W受賞!

オリヴィエ・アサイヤス監督最高傑作の呼び声 高い感動作が遂に
09年8月29日よりシアター・イメージフォーラム(渋谷)にてロー ドショー決定!

作品公式サイト http://www.clean-movie.net


とりあえず予告編なのだが、うーん、予告編だけで胸が熱くなる。

世の中には素晴らしい映画が無数にあって、素晴らしい映画監督も沢山いるが、名前を聞いただけで興奮する映画監督というのはそう多くはありません。

その内の一人が、俺にとってはオリヴィエ・アサイヤスなのだよ。

5年前にバンクーバーで観た映画がようやく日本で劇場公開されるというのも奇妙な感じなのだが、それもまた映画的だなあと思ってしまう。

と、とりあえず予告。
posted by 井川広太郎 at 20:04| Comment(2) | TrackBack(1) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ものすごく観たいです!

最近、『東京失格』、ゲオ行くといつもレンタル中ですよ!!きゃ〜!!
Posted by iceeri at 2009年08月13日 19:47
>iceeri
クリーンは良いよ。マジで。世の中にはこの映画を気に入らない人がいるかもしれないが、それでも俺はこの映画を全ての人に勧めたいね。観てツマラなかったらそれはそれで財産さ。映画に必要な体験は二つ。観たか否かだけなのさ。
iceeriなら泣くよ。っつーか、この映画で泣けない母と女はいないと思うな。俺の中の女心がそう言っとる。この映画で泣けない男は心に女が棲んでいない退屈な男だけだよ。そんな男はさっさとクリーンしちゃった方が良い!
『東京失格』は…誰かうっかりさんが延滞しているだけなんじゃあないかな…
Posted by 井川広太郎 at 2009年08月14日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「クリーン」オリヴィエ・アサイヤス
Excerpt: カンヌ女優賞を取ったマギー・チャンが、ある夜ドラッグで夫を亡くし、 ボロボロになってしまってからの「その後」を描いた映画「クリーン」。 今月末遂に公開。この日が来るのをずっと待っていました。 息..
Weblog: factory magazine diary
Tracked: 2009-08-14 01:35