2006年02月01日

外見変えるのは楽

体調が悪いとろくなことが考えられず、仕事も捗らない。

“脳は極めて疲れ難い臓器”という研究結果があると最近聞いたが、細胞で出来ていて血液流れているんだからそれはねえだろとも思いつつ、そういえば脳は、他の臓器と比べて血液との関わりがちょっと違うって話を聞いたことがあるような気もする。どちらにしろ俺は生物学なんてちっとも知らないし、養老孟司先生の講演を聴いてもちんぷんかんぷんだったぐらいだから、もう止め。だけど、一度自分の脳味噌のCTスキャンを見たことがあって、あれは結構面白かったな。

で、ろくなことが考えられない脳は放っておいて、今日はその外側、髪型についての話。


俺の(主な)髪型遍歴

◯小学校まで 坊ちゃん刈り(みたいなやつ)
子供の頃から美容院で切っていて、それが当たり前だと思っていたのだが、小学校に入ってから、男子は一般的に床屋が多いという事実を初めて知り、大変にショックを受けた。で、その後、床屋に行くようになるのだが、その床屋のおかみさん(40前後、ガリガリ痩せ、パーマ、色ブチ眼鏡、金歯)が物凄く田舎の水商売っぽくて子供の俺には刺激的だった。あと待ち合い席のコロコロコミックが楽しみだった。

◯中学、高校前半 7:3か5:5分け
6年間男子校に行っていたので、髪型とかどうでも良いような生活だった。

◯高校末期 長髪
なんで伸ばしていたのかは覚えていない。多分、高校末期は、俺達の学年に妙に自由な雰囲気が蔓延し始めて、それに便乗したのではないだろうか。

◯浪人時代 スキン
浪人中に、ある日思い立ってスキンヘッドにしてみる。初恋の相手に何かアッピールしようと思ってしたような気もする。塾の帰りにその足で床屋に行った。長髪の俺がスキンにしてくれと言ったからか、床屋のおっちゃんに猛反対されたが無理強いする。刈り終わった俺の頭を見て、そのおっちゃんが「頭の形良くて良かったね!」と言っていた。翌日、授業に出ると、教室の視線がガッと俺の頭に集中した。視線には何らかの物質的な力が存在すると確信した瞬間であった。奇しくもオウムが世間を賑わしていた時であり、普通に歩いていて職質されたりして困ったので、暫くは帽子を被っていた。

◯大学初期 色々
入学した時には、既に長めになっていた。暫く、そのまま長髪でいて、それから短めにしたり、色々やっていた。

◯大学後期 ハゲ
色々試した結果、結局、髪型はハゲが一番楽という結論に達し、髪きり鋏を購入して自分で刈り上げるようになる。やっぱ男は短髪だろと思う。因にこの時以降、人に金を払って髪の毛を切ってもらったことは一回も無い。後にバリカンを購入。

◯ここ数年 HIGEカット(所謂ソフトモヒカン)
只のハゲに飽きてきて、なんか遊びをいれようと思い、『コーンヘッド』という映画を洒落て天辺を尖らせてみる。それがソフトモヒカンという髪型だと後で知る。また、ベッカムヘアーと言われるのが非常に癪であった。当初は髪切り鋏とバリカンでこの髪型を作るのに苦心したが、次第に慣れてきた。俺の場合、最悪ハゲにすれば良いという強味もある。その髪型を始めてすぐのある日カットに失敗し、スラムダンクのゴリみたいになってしまったことがあった。凹みまくってその日のアポをキャンセルした。結局、直ぐにハゲにしたし、その仕事先は俺のことを待っててくれた。

◯で、いま 伸ばしかけ
『東京失格』の現場用に尖りを落としハゲになり、それ以降、髪の毛は一切切ってないのでダラダラ延びっ放し。俺的にはまた長髪に戻るのかなあ程度の認識だが、周囲の人にとっては新鮮らしく、「これも悪くない」とか「絶対前の方が良い」とか色々意見を下さって大変に有り難いのだが、正直、髪型とかがどうでも良くなっている。誰か知らない人に拉致られて、人類の誰も試したことの無いような斬新な髪型にされたりしたら、それはそれで、まあ良いかな。なんか自分でハゲにするのが面倒になった。それにいま寒いし。

今後試したいのとかは特にないけど、染めたことないからそれは悪くないが、自分からやることはないだろうな。

ってなわけで髪型に拘りが無い俺の髪型遍歴でした。

でも、髭には拘りあるよ。
posted by 井川広太郎 at 00:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

髪の現状を知る方法
Excerpt: 簡単にあなたの髪の現状を知る方法があります。
Weblog: 育毛サポートweb
Tracked: 2006-05-01 19:55

若はげ対策・育毛
Excerpt: 若はげで悩んでいるあなたへ。若はげの原因は人によって様々ありますが、全てのハゲが遺伝で決まるわけではありません。つまり、抜け毛・薄毛であきらめるには早いのです。若はげ...
Weblog: 若はげ対策・育毛
Tracked: 2006-05-05 19:14