2004年08月10日

ある日、突然。

TAN de REPENTE(2002/DIEGO LERMAN)

ロードムービーってだけで憧れてしまう。だって、映画の本質は“TRAVEL”だから。ましてや、アルゼンチンのような広大な大地を舞台に出来たら、そりゃ素晴らしいに決まっている。

しかし、ジャームッシュやヴェンダースへのオマージュと言うより、パロディーに止まっているとも思う。物語を超えた部分での“TRAVEL”の動機付けが何ら感じられなかったし、登場人物の背景描写も散漫だ。

それでもアルゼンチンを車で旅できたら、やっぱり羨ましい。
マテ茶は美味かった。


8月7日より渋谷シネ・アミューズにて 
連日(21:20〜)公開中!


repente.gif


作品公式HP http://www.zaziefilms.com/totsuzen/
posted by 井川広太郎 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック