2004年08月09日

春夏秋冬そして春

Spring, Summer, Fall, Winter, and Spring(2003/金基徳)

輪廻を描いているので欧米で受けるのは分かる。
ああいう映像を美しいと言うのも想像に難くない。

しかし、哲学するにはあまりにも映像が平面的で、説明的な文脈に止まっていたように思う。また、人生を描いていながら食事のシーンが出てこないという点に、この作品がいかに観念的かが表れている。

一言で言うと説教臭い。その辺は「悪い男」と同じ。


ただ、物語としてメチャメチャ面白かった。

2004年秋 公開予定

sprig.jpg



金基徳公式HP http://www.kimki-duk.jp/
posted by 井川広太郎 at 22:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック