2006年05月21日

この世で一番嬉しいこと

恩師である野崎歓先生に『東京失格』を褒めて頂いた。

言葉にならない程に嬉しい。

俺が映画を撮り続けてきたのは、野崎先生に認めて欲しかったからと言っても過言ではない。

自分がやってきたことが間違えてはいなかったのだと確信出来た。


今日、広報などを手伝ってもらうごくごく身内の仲間に『東京失格』を観てもらった。

概ね好評のようで、何人かは涙目で感動したと言ってくれた。


『東京失格』は、いままでの俺の人生の全てです。

これから劇場公開に向けて、一人でも多くの人に観てもらえるよう頑張ります。
posted by 井川広太郎 at 00:04| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 東京失格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ますます観たくなりました。
Posted by norigo at 2006年05月21日 07:17
>norigo
早くみんなに観て欲しいです。
いや〜ん、8月が待ち遠しい!!
Posted by 井川広太郎 at 2006年05月21日 10:09
劇場公開おめでとう、観に行くよ。
みんなにも宣伝しとく。
Posted by あべいちた at 2006年05月21日 10:16
>あべいちた
有り難う。
君達が劇場に観に来てくれたら嬉しいな。
Posted by 井川広太郎 at 2006年05月21日 21:00
!!!!!
宣伝宣伝。

失格の夏。
Posted by yassy at 2006年05月22日 01:42
>yassy
去年はロケの夏で、今年は公開の夏!!
有り難い話ですよ。本当に!!
宣伝って大変だけど、どういう人に、どう見せたいか?と考えれば、この映画創りの正に仕上げの作業だし、やればやるほど奥が深い〜
頑張ろうぜ〜
Posted by 井川広太郎 at 2006年05月22日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック