2006年06月04日

融解座で『雲母』上映するなりよ

明日、6月4日(日)の融解座で、18時頃から『雲母(English subtitle version)』を上映します。

さらに福島拓哉監督も来場して7月に公開される『クロス・ザ・レンズ』の予告編を上映するそうです!

そして、こそ〜り『東京失格』の特別鑑賞券も個人的にお取り扱い始めましたので、明日の融解座で買ってくれると物凄く嬉しい。

劇場や各プレイガイドで販売される前にGETして、お友達に差をつけちゃおうぜっ!!

posted by 井川広太郎 at 00:02| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今こそ。
諦めのカリスマ
ウズマキマキオに学ぶべし
共に
悟りませう。
Posted by ちい at 2006年06月05日 01:58
>ちい
俺は悟りたくなんてないよ。
人間らしく、貪欲で、生々しく、生に執着していたい。
辛いことも多いけど、そっちの方が楽しいんだもん。へらへら。
当時41歳のマーク・コールマンがミルコに負けてのコメント「今回はミルコ選手の方が自分より強かった。でも、まだ私は終わっていない。絶対にやめない」
ちょいモテなくても良いから、こういったカッコいいオヤジになりたいです。
あと、ウズマキさんは、口では適当に言うけど、根は熱い男だよ。(言うと怒るから本人には内緒で!)
Posted by 井川広太郎 at 2006年06月05日 02:02
きししし。
観ちゃったもんね雲母。
ほのかにカホル切なさと青さと甘酸っぱさを感じたもんね。
ヒゲのくせに繊細なんだもんね。
きしししし。
Posted by マニ at 2006年06月05日 14:38
ふん!
Posted by ちい at 2006年06月05日 18:05
>マニ
観てくれてありがと〜
どうやら気に入ったようで良かった。
髭って結構繊細なんだぜ。
手入れが大変だし、色とかも疎らだし、何より個人差が大きいし。

>ちい
俺は度胸はないけど、こう見えて根性の塊なのよ。
社会一般では「シツコイ」と言われるけど!
因に俺がドイツで悟った真実は「女は愛嬌、男は度胸」。
Posted by 井川広太郎 at 2006年06月05日 21:20
水前寺清子みたいなこと言いますねぇ。
男こそ愛嬌ですよ、私が思うに。
…あ、雲母に触れずスマソ。


Posted by ちい at 2006年06月07日 01:28
>ちい
「愛嬌」って深いよね〜
簡単そうで難しい・・・
俺もまだまだ「愛嬌」が足りないのかな。
一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がっても頑張ります。
『雲母』について言いたいことがあるなら、言っちまいなっ!!
Posted by 井川広太郎 at 2006年06月07日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック