2011年05月24日

バビロンの陽光

バビロンの陽光』(2010/原題:SON OF BABYLON/イラク、イギリス、フランス、オランダ、パレスチナ、UAE、エジプト/配給:トランスフォーマー)

戦地で行方不明になって12年−
顔さえ知らない父を探すため、バスを乗り継いで900キロ。
少年は、祖母と共に旅に出た・・・。

ベルリン、サンダンスで絶賛!
平和への祈りを込めた、慟哭のドラマ。
アカデミー賞外国語映画賞イラク代表作品



監督 モハメド・アルダラジー
出演 ヤッセル・タリーブ、シャーザード・フセイン、バシール・アルマジド

作品公式サイト:http://www.babylon-movie.com/
2011年6月4日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開


漫画は、既に当たり前のように震災について描いている。
その早さに敬意とカタルシスと若干の嫉妬と焦りを感じながらも、どうしても時間がかかってしまう映画は、そういう映画でしかできないことに真摯に向き合うべきなのだと自分に言い聞かせながら、日々、準備をしている。

長い年月をかけて完成した『バビロンの陽光』は、どんなメディアでも伝えることが出来なかったイラク戦争のある一面をリアルに描写するロードムービー。
パンツがスポンジボブってところが最高。
posted by 井川広太郎 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(1) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「バビロンの陽光」それでも生きていく
Excerpt: 「バビロンの陽光」★★★★ ヤッセル・タリーブ、シャーザード・フセイン、 バシール・アルマジド出演 モハメド・アルダラジー監督 90分、2011年6月4日より全国公開, 2010,イラク、イギリス、..
Weblog: soramove
Tracked: 2011-08-08 21:25