2006年07月03日

あなたの後ろめたさを

というわけで今日は江古田で融解座

16時にフライングティーポット入りして、『東京失格』と『クロス・ザ・レンズ』のビラの折り込みをさせて頂き、置きチラシ、そしてポスターまで貼らせて頂く。

ここに通い始めて、もう8年。まさか自分の劇場デビュー作の告知が出来るようになるとは。感無量。

感無量なので16時半ごろから酒を呑み始める。いつものことだけど、感無量の味わいがまた格別。

で、融解座。酒と煙草と映画の黄金律。

有り難いことに『東京失格』の特別鑑賞券が何枚も売れる。ありがと〜。特製ライターもあげる〜。なんか友達が増えた気分〜。

で、上映会終了後、江古田の台湾屋台村で打ち上げ。当然ここでも、ポスターを貼らせて頂き、チラシを置かせて頂く。

これで江古田でのポスター掲載店舗は3軒。学生さんやクリエイターが多いし、少しでも『東京失格』に興味を持ってくれたら嬉しいな。
それにしてもホント、とってもフランクな良い街だ。

なわけで、かれこれ7時間ほど呑んで退散。


今日はW杯が無いのか〜。
昨晩の「フランス対ブラジル」も良かった。びっちゃけモロにジダン世代なくせに、彼のこと終ったと結論付けかけていた自分に反省。やっぱ最高。つーか、98より2000より、また新たな輝きを見せていた。沈まぬ太陽。2000での寝ながらパスを思い出した。あれってプラティニへのオマージュだったんだといま気付く。
一方、ロナウジーニョとロナウドに頼り過ぎたのか、守備的なブラジルは半自滅。コンディションも上がらぬままの敗退はかなりショックで残念。
やっぱW杯は決勝に向けていかにチームを作って行くかの軌跡。早すぎても遅すぎてもいけないし、何よりチームプレーなので難しい。先の試合でのプレーやメンタルが必ず次の試合に還って来る。
サッカーって本当に奥が深い。
posted by 井川広太郎 at 02:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック