2006年07月17日

ロケ地紹介vol.3 高円寺

中央線を代表する街の一つである高円寺では数シーンのロケをしました。

居酒屋 あかちょうちん (北口 庚申通り)
序盤を象徴するシーンの一つであり、映画を観た批評家の方々からも「どうやって撮ったのか?」と何度も聞かれる”居酒屋でのサマーフェスタ“は、高円寺の超有名店「あかちょうちん」で撮らせて頂きました。
広い座敷席を貸し切り、キャストだけでも10数名の大掛かりな撮影。
店長さんも非常に好意的で、差し入れまでして頂きました。
この店は、高円寺のクリエイター、アーティストならば必ず行ったことのある業界御用達の店。
驚きなのは、何と言ってもその安さ! そして、多国籍料理と言っても良いほどの料理の種類の豊富さ!
ポスターも貼らせて頂いているので、是非一度呑みに行ってみて下さい!

カラオケボックスジョイサウンド 高円寺店
『東京失格』の中でも最もエモーショナルなシーンの一つである“カラオケ屋”。
因に、脚本書きながら俺が泣いちゃったシーンは、こことラストシーンなんです。
で、そんなシーンを演じるキャストとスタッフの集中し易い環境を整える為に選んだのが、ジョイサウンド 高円寺店。
広いパーティルームと個室を借りて、じっくり撮影させて頂きました。
ここでも非常に協力して頂き、御陰さまで大変に良いシーンが撮れました。
ポスターも貼らせて頂いているので、高円寺でカラオケする際は是非!
posted by 井川広太郎 at 20:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック