2011年07月28日

エッセンシャル・キリング

エッセンシャル・キリング』英題:ESSENTIAL KILLING, 2011年, ポーランド/ノルウェー/アイルランド/ハンガリー, 1時間23分, 配給:紀伊國屋書店 /マーメイドフィルム

第67回ヴェネチア国際映画祭W受賞!! 審査員特別賞 / 主演男優賞(ヴィンセント・ギャロ)

セリフを一切排し、83分逃げまくる男を描いた怒濤のノンストップ・アクション!!



17年ぶりに手がけた『アンナと過ごした4日間』が東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、キネマ旬報誌の洋画ベストテン第7位に輝き見事な復活を遂げたポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ。
世界に先駆け彼を断固支持して来た日本の映画ファン待望の新作が遂に上陸する。

『ランボー』とアンドレイ・タルコフスキーの作品を足して割ったような映画と監督自らが語る本作は、極限まで削ぎ落したシンプルなストーリーと今だかつて見たこともないサバイバル・アクションの連続でヴェネチア国際映画祭に一大旋風を巻き起こした。
イスラエル、ポーランド、ノルウェー、の3カ国にまたがるロケーションを敢行し獲得した壮大な極地の風景描写は見る者を圧倒すること間違いなし。
米軍に追われるアラブ人兵士を顔面の筋肉と鍛え上げた肉体で演じきったヴィンセント・ギャロは、大自然と格闘し魂の救済を願う人間の苦悩をスクリーンにたたきつけている。

本年度ミニシアター界最高の話題作、これは見逃せない!

監督 イエジー・スコリモフスキ
出演 ヴィンセント・ギャロ、エマニュエル・セニエ、ほか

公式サイト http://www.eiganokuni.com/EK/

7月30日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開.


こんにちは。

映画を観ていて、時々、「この俳優は走りっぷりがこの作品にピッタリだから配役されたのではなかろうか」と思うことがあります。

走るというのはシンプルな行為であるからこそ、人によって見た目も印象も全く違い、演技的な要素も踏まえつつ、矢張りそれぞれ独特のフォルムであり、役者の走りっぷりは映画の何かを決定づけていると思うのです。

映画がアクションだとして、走るという行為はアクションの基本であるから至極当然なのかもしれませんが、この作品でのヴィンセント・ギャロの走りっぷりが全く見事で、いや、もう、脳裏に焼き付くような見事な走りっぷりなのです。
posted by 井川広太郎 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(1) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

エッセンシャル・キリング
Excerpt: “虚飾を極限まで削り落とした、生々しい生への執着” おすすめ度:★★★★☆ 移送の車から逃げることができたムハンマドは、捕虜用の服に手錠をはめられ裸足です。彼は衣類や靴を手に入れるため、民間人を殺し、..
Weblog: 映画とライトノベルの日常自販機
Tracked: 2012-01-10 10:43