2006年08月23日

4日目/残り10日


というわけで今日は昼にバンクーバー国際映画祭のコンペへのノミネートの報を受け、大慌てで諸々の事務処理を始める。

海外の映画祭に参加するのって、かな〜りメンドイことが多い。つーかリアルにこの時間もカナダとメールの遣り取りしている。

勿論、大金持ちで物見遊山に行く分には簡単だけど、俺は貧乏でチャンスを掴みに行くわけだから、それ相応の準備がある。

でも、そうやって色々な国の人とコミットしてきた結果が、こうしてまた一つ実を結んだという実感もある。

バンクーバーの担当者にも「well come back!」みたいなことを言って頂き、今までして来た地道な活動が無駄じゃないんだなあと感慨深い。

以前の日記に書いた「2日で英語字幕を付けるの巻」がまさにこのバンクーバーへの道だったわけだ。

面倒くさがりだけど、人に任せてばっかの人よりは得しているなあと思う。

某TV局の人にも「どうやって映画祭に出したら良いんですか?」と聞かれたことがある。
「俺は数年掛けて地道にコツコツやりました」と応えといた。

んなわけで、『東京失格』の音楽を担当した関口純(サントラCDが劇場で好評発売中!)と共におビールで祝杯を挙げながら、事務処理する。それにしても暑い。


Aug23_0143.jpg

で、今日の興行。

駅前のケヅーのビラ巻きもますます効果を発揮し、また評判を聞いて来たという方も多く、なんとも嬉しい限り。

早速バンクーバーのノミネートを祝って頂いたり、すげーデカイお花を頂いたりもする。あっざーす!!

江古田のフライングティーポットのマスターや、『恋鎖』公開間近の西條監督など、付き合いの長い人も来てくれた。

で、西條監督や友達や、今日ふらりとやってきたというお客様共々呑み。

みんなそれぞれの見方で『東京失格』を語っていて、聞くだけで楽しいし面白いし刺激になる。

やっぱ人や、映画や物事との出会いなのだなあ。と改めて思う。
posted by 井川広太郎 at 03:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京失格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック