2011年11月22日

岩明均「ヒストリエ」7巻

岩明均『ヒストリエ』の七巻が今日、発売されたので、とりあえず近所の本屋さんで購入した。

いまちょっとなんだかバタバタしているし、待ちに待った新刊なので読む愉しみをしばらく取っておこうと思ったのだが、うっかり読破してしまった。

こうして新たに繰り返し読むという愉しみを得ると同時に、早速、続きが読みたくなってしまい困る。

前巻が発売されたのは一年半前だったらしい。

なんだか生きていると色々あるから、一年半なんて、あっちゅう間だよな。
posted by 井川広太郎 at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井川監督!ぜひ映画化してください!
Posted by みか at 2011年11月28日 10:00
みかさん
はじめまして。こんにちは。コメントありがとうございます!
ヒストリエを映画化するには、一体どれぐらいのお金がかかるんでしょうか…
CGの技術が上がっていけば、こういった時代物も比較的低予算で作れるようになったりするのでしょうかねえ。
もしそこをクリアしても、あまりにも完璧な漫画を敢えて映画化するのには、相当な勇気も覚悟も高い能力も必要でしょうね。
とにもかくにも、完結していない作品を映画化するというのはあまり好きではないので、ヒストリエの完結を気長に待ちたいと思います!
読みながら一ファンとして映画化の構想を練るのは楽しいものです。
Posted by 井川広太郎 at 2011年11月29日 15:59
じゃあ、寄生獣でいいじゃないですか!井川ファンは待ってます!できない理由を考えるようになったら年ですよ。どうやってやってしまうかを塚本監督は考えると言ってました。井川監督の才能があれば、CGなんかくそ食らえでしょ?
Posted by みか at 2011年12月01日 08:46
みかさん
「じゃあ、寄生獣」って…なんてことを…もちろん生涯で最も映画化したい原作ものです、寄生獣は。
ハリウッドで映画化の動きは常にあるようですが、なかなかまとまった情報が入ってきませんね。まあ、いつか、ご縁があれば。

ただ、ご指摘のように、できない理由を考えていたら駄目だと自省しています。
残念ながら塚本監督のような才能はありませんが、来年は自分なりにやりたい放題、ムチャクチャしてやろうと思っています。
Posted by 井川広太郎 at 2011年12月02日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック