2005年03月13日

インソムニア

INSOMNIA (2002/Christopher Nolan)

TV朝日で見る。
面白かったYO!

お話
ロサンゼルスのベテラン警部ウィル(アル・パチーノ)は、猟奇殺人事件の行方を追ってアラスカに赴き、現地の新人刑事エリー(ヒラリー・スワンク)と共に捜査にあたる。が、ウィルは白夜の中不眠症に陥り、次第に精神のバランスを崩していく…。

「メメント」(00)は見てないのだけれど、クリストファー・ノーラン監督の才気は充分伝わった。

これ、ノルウェーの1997年の作品にリメイク。

そう聞くと「メメント」の奇抜なアイデアとはギャップを感じるかもしれないが、逆に映像表現の完成度の高さが際立つ。

導入部から細かいジャンプカットでスピーディに展開する語り口にまず引き込まれる。

日の沈まず、消えない薄ら灯りも不気味だし、濃い霧も効果的。

前半で既に、今だ画面にハッキリと姿を現わさぬ大物「ロビン・ウィリアムス」が犯人に決まってるだろ!なんてことは誰でも分かるわけだが、それを逆手に取った後半のロビン出ずっぱりの捻った展開もGOOD!

そして何より、"眠れない感覚”に似た、現実感の薄く掴みどころの無い事実が畳みかけてくる演出が素晴らしかった。

見る側にも悪夢!・・・あえて言えばラスト、夢から醒める感じが欲しかった。

それにしてもクリストファー・ノーランを監督に起用した「バットマン・ビギンズ」が楽しみだよ!
posted by 井川広太郎 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

インソムニア
Excerpt: クリストファー・ノーラン監督。 アル・パチーノ主演。 刑事が応援先のアラスカで窮地に追い込まれる。 アル・パチーノが白夜のアラスカで不眠症に悩まされる刑事を演じている。 そのほかにも初悪役のロ..
Weblog: シネマライフ
Tracked: 2005-03-14 12:40