2006年09月29日

そのとき俺は確信するのだろう

というわけで明日、バンクーバーに発ちます。

わずか10日間の滞在ですが、多分、俺の人生にとっては非常に需要な旅になると思う。

それは、初監督作品で大規模な国際映画祭のコンペティションに出品出来ることや、バンクーバーが俺にとっては特別な場所であることとか、夢の実現であるとかそういった理由だけではない。

まだ劇場公開が終ってから1ヶ月も経っていないけど、なんつーか、自分の中でこれからの戦略、生き方、そして映画との接し方を探る重要な日々になると思うのだ。

平たく言うと、気持ちを整理するってことになるのかな。

かの地で『東京失格』が世界中のプロフェッショナル、そして異国のお客様にどう観られるのかといったことや、世界から集まった最先端で最高の作品達を観て得る刺激とか、一緒に行く仲間や懐かしく会う人やそして初めて出会う多くの人々と語り、呑み、接することから得る喜びとか、そういった全てを受けて、俺と俺の映画と俺の人生を相対化しつつ、本当に細やかな自分の感覚や感情を読み取り、解放し、新たな在り方を模索したい。

バンクーバーではネットにも繋がるし、このBlogも更新出来るかもしれないけど、スケジュール的に厳しいかもしれないし、旅先で俺はさらに心の旅に出ちゃうかもしれない。

それでもまあ、物凄く沢山のことを得て来るつもりだし、少なくとも全身全霊で遊んできます。

土産話を楽しみにしていて下さい。

そして、バンクーバーで「映画LOVE」ポーズをキメて来ます。

行って参ります。

映画LOVE!
posted by 井川広太郎 at 22:47| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井川さん、お久しぶりです。
大学生の時はお世話になりました、「眠右」でアシスタントをした木村です。
今回の井川さんのご活躍、いつもバンクーバーからパソコンで見ていました。
本当に嬉しく思います。
私は今年の春からバンクーバーに住んでいて、もう7ヶ月ぐらい経ちます。
フェスティバルの会場から歩いて20分ぐらいのところに住んでいるので、お時間あったら、是非連絡ください。
Posted by kimura keiko at 2006年10月01日 10:52
東京失格は、東京で大きい世界中とか、コンペティションとかを刺激されたかも。
Posted by BlogPetの失格くん at 2006年10月01日 15:21
先ほど、バンクーバー国際映画祭での「東京失格」の上映を見てきました。いつも思うんですが、外国人との笑いのツボの違いをまた感じました。
兎に角、私は評論家ではないので、いいとかわるいとか言えませんが、好きです。
私はこの映画好きです。
二人の主人公は監督の中に共存する、二面性なんだなと納得。
久しぶりに日本の景色が見れてほっとしました。
ありがとうございました。
Posted by めん玉 at 2006年10月05日 14:35
人生などをポーズしたかったの♪
Posted by BlogPetの失格くん at 2006年10月08日 14:26
>kimuraさん
やあやあ。バンクーバーではお世話になりました。
kimuraさんが帰国したら今度は東京で遊びましょう!

>めん玉さん
ご来場ならびにご鑑賞有り難う御座居ました!
国ごとに観客の反応も違うものですが、カナダのお客様の反応はストレートで制作者としては嬉しいものです。
たまに「おい!そこは違うだろっ!」とツッコミたくなることもありますが、それもまた自分の映画の新たな面を気付かせてくれて刺激的で楽しいです。
ですから同じように、素直な感想が一番有り難いです。有り難う御座居ます!
Q&Aでは相変わらずの国際映画祭ならではの鋭い指摘の連続に、日本のトークショーや取材では口にしなかったようなことまでベラベラ話してしまいました。
バンクーバーで観た邦人の方々から「懐かしい風景を観られた」と言って貰えて本当に映画祭に参加出来て良かったと思いました。
Posted by 井川広太郎 at 2006年10月17日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック