2006年11月09日

Keep in touch! 7 10月4日前編

8:00 起床

んあー!今日は遂に『東京失格』のInternational Premiereの日じゃあないか!
なのでバッチし「東京失格Tシャツ」を着込む。


9:00 朝食

福島さん念願のジョージアホテルの朝食に行く。
しかし、出てくる物は一緒。


10:30 1人で映画を観に行く

Dancing Boy 2255.jpg

期間中に仲良くなった韓国の女の子の短編。
とってもボーイズラブな初々しい作品。
少しトロイ男の子が、憧れの同級生に振り向いてもらえるように必死でダンスの練習をする。
こういった若い才能が、ゆくゆくは世界に発信する韓国のラブコメディを手掛けるのだろうと納得。


Withered in a Blooming Season2247.jpg

衝撃の映画。
演出も撮影も編集も駄目駄目なので、最初はちょっとこれはマズいんじゃないかと見ていたのだが、後半になって物語はトンでもない展開をし、映画的なエネルギーが暴走し始める。
決して良く出来た映画ではないが、凄まじい情念が渦を巻いているような感じ。
映画は技術だけじゃないと改めて思い知らされた。
圧倒された。

その帰り、ぼーっとしながら歩いていると向こうからトニー・レインズがやってくる。
俺は興奮して「あんな下手なのに最高な映画を選ぶなんて、あなたはスゲーよ!」みたいなことを捲し立てる。
トニーは飽きれながら「あの作品を気に入ってもらえて良かった!しかし今は急いでいるんだ!それと今夜の君の上映も忘れないでね!」


14:00 花よりもなほ1213.jpg

先の作品の衝撃で予定が狂い、暫しぼーっとしてる。
と、丁度『花よりもなほ』の上映時刻になっていたので劇場に滑り込む。

矢張り時代劇とあってかカナダでも大人気で、席は超満員。
期間中にも色々な国の人から「あれ見た?」と聞かれた。
で、劇場でもチャーリー他、何人かのゲストに会う。
上映後にはチャーリーが「最高にcoolだったぜ!君は時代劇撮らないのか?」と言ってきた。
いや、物凄く撮りたいです。


16:00 壁探しwords.jpg

4年前にバンクーバーに来た際、酔った夜中の帰り道にある落書きを発見した。
壁に書かれた「ignorance is the seed of violence」という言葉はそれ以来、俺の心の真ん中に居座り、『東京失格』という映画の象徴ですらあった。
今回、バンクーバーに『東京失格』を持ってくることが出来て、原点の一つとも言えるその壁の落書きを探すことを楽しみにしていた。
実際、一時間以上、思い当たる地点を歩き回って探していたのだが、記憶は曖昧だし、4年も前の落書きなので消されていて不思議ではないし、次第に見つける意義すら失って行った。
結局、途中で探すのは止めた。
なんつーのか、大事なのはその言葉をキッカケに『東京失格』という映画が生まれ、今度はバンクーバーの劇場のスクリーンに俺が落書きするわけで、きっとそうやって想いは受け継がれて行って、物にはさほど意味はないのだと思う。
うん。そうだ。人や物はいつか消えちゃうけど、そこで起きた事や生まれた想いは消えないんだ。
最初から形がないからね。
映画は光だ。


18:00 ホスピタリティ

『東京失格』組全員集合。
とりあえず腹ごしらえで酒と飯を胃に入れまくる。


18:30 上映チェック

本来はお任せなのだが、物凄くナイーブになった俺は無理を言ってゴネまくって上映チェックを御願する。
上映責任者が「こんな先例無いよ!」と飽きれながらも、俺のリクエストに快く応えてくれる。
問題ないのを確認して、漸くちょっとホッとする。
「だろ!俺達もプロだから信用してよ!」とウィンクする上映責任者と握手して、うわーいよいよだと緊張が一気に高まる。


19:15 『東京失格』International Premiere

劇場前には長蛇の列。
まさかと思って確認したら『東京失格』の列だと言う。
嬉しいを通り越して2周ぐらい回って戻って来てやっぱし感動の嵐って感じ。

元から緊張し易い俺だが、この上映を迎えて本当に心臓が喉から飛び出る程緊張した。
関口と「上映中は観ないでおこう」とか弱く相談していたら、福島さんが「一生後悔するから観ておけ」と言う。
しかし、あまりの緊張に震えが止まらない。

バンクーバー在住の友人や、期間中に知り合った各国ゲストや、お世話になっているスタッフや、日本人ゲストのみんなも観に来てくれる。
そして、劇場は300人近くの満員に。
すげー。
ありがとー。俺は緊張しまくりだよ。

なんで、こんなに緊張するんだろう。
劇場公開初日もこんなには緊張しなかった。
やっぱバンクーバーだからかしら。
おお!俺はバンクーバーで遂に『東京失格』を上映するんだぜ!
4年前からずっと思っていた夢を実現しちまうんだぜ!
I'm back!!
ってゆーか個人的な感情持ち込みまくりだよ。
おい!おい!おい!

あー、書いてて緊張が蘇って来たので、続きはまた今度。

posted by 井川広太郎 at 00:11| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バンクーバー旅行記2006 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トニーとかトンとかよい韓国をウィンクしなかったよ。
Posted by BlogPetの失格くん at 2006年11月09日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック