2006年12月24日

Keep in touch! 13 10月6日

8:00 起床

『東京失格』組みんな一緒での最後の朝食。


10:30 『The Last Communist』 0650.jpg

世界的に活躍しているマレーシアの映画監督であるアミールの作品を『東京失格』組の皆で観に行く。
彼とは福島さんや関口が以前から知り合いで、今回の映画祭でも既に会って色々と話していた。
『The Last Communist』は、マレーシアの共産主義者を辿るドキュメンタリーで、手持ちの小型カメラでアミール自身が撮影し、街行く人々に気軽に話し掛ける生々しいインタビューと、マレーシアという国の歴史的な背景が交錯するという、硬軟持ち合わせた独特な映画。
因に、マレーシア国内では未だに上映されていないという。

その後、皆と別れて俺は、『東京失格』と同じコンペにノミネートされている作品を2本観に行く。


13:00 『DO OVER』 1496.jpg

台湾の俊英Cheng Yu-Chiehの作品。物凄くクオリティが高い。
元旦を数時間後に迎える台湾で、映画監督、その映画のヒロイン、そのヒロインに恋する冴えない助監督、不法入国したヤクザ、ラリッたカップルなどの人生が、場所や時間を越えて交錯するというファンタジー。
監督のCheng Yu-Chiehは英語どころか日本語も物凄く達者で、俺は日本語で直接話すことが出来た。
台湾国内でも既に大変に評価が高いらしく、彼は間もなく世界的に活躍することでしょう。
いやー、ビビった。こんなクオリティが高いエンターテイメント作品を撮る同世代が世界にはいるのか!


15:30 『Stories from the North』 2205.jpg

同じくコンペの作品で、タイのUruphong Raksasad監督の映画。
タイの北部の農村部の牧歌的な生活を、ドキュメンタリータッチで描いたこれまた独特な作品。
日の出と共に起きて、日没と共に寝て、犬一匹と暮らし、下手すると一日中誰とも話さないじーさんのリアルスローライフなどを、まさにそこで生活しているかのようなスローテンポでじっくり魅せる。
監督のUruphong Raksasadは笑顔が素敵で、会う度にニコニコと話し掛けて来てくれる根っから優しそうなナイスガイ。
しかし「タイの都会に住む若者に、北部の実情を見せたかった」と言う彼とその作品からは強い意志が溢れていた。
とても素敵な作品で、俺は物凄く気に入りました。


17:30 ホスピタリティ

『東京失格』組の皆が集まって夕食。
あー、みんな一緒での最後の晩餐ですな。


19:15 『隼』 1505.jpg

同じコンペ出品作であり、市井昌秀監督作品の『隼』を、日本人ゲストの皆で観に行く。
市井監督とはもう何日も一緒に呑んでいるし、同じ年と言うこともあり物凄く仲良くなっていたが、作品を観るのはこれが初めて。
『隼』は一回目の上映なので、俺が緊張したようにテンション上がっているかと思ったが、市井監督は結構ケロッとしている。むう…俺っち負けてる…
で、作品の方は物凄くオモシロかった。
駄目カップルの不器用な愛情をコメディタッチで描いていて、一作目でありながらスタイルが確立され、ギャグと切なさが絶妙なバランスで同居する類稀なポップセンスが炸裂しいる。
『東京失格』を観た市井監督が「表現の方向性は違うけど根は一緒だなと思った」と言ってくれた言葉の意味が良く分かった。
すげー!
なんか自分と同じようなことを全く対局で成立させている作品を見て、素直に嫉妬した。
因に『隼』も『東京失格』同様、ロッテルダム国際映画祭にも出品!
同世代の仲間とバンクーバーで出会えて、物凄く嬉しかったです!


21:00 ボスマン呑み

『東京失格』組の皆と昨日と同じパブで呑み。
実は今日で、俺以外の『東京失格』組の皆は帰国してしまう。
長いようで短かったバンクーバーでの日々を振り返りながらしみじみ呑む。

その後、『隼』の市井監督や他の日本人ゲストの皆さんも合流し、呑み騒ぐ。

『東京失格』組の皆は明日の早朝に発つので、バンクーバーで一緒するのは今夜が最後。
あんなことからこんなことまで、とにかく語り尽くし、呑む。


記憶は定かでないが、確か25時くらいから『東京失格』組の皆でパブ巡りをする。
バンクーバーでの日々が余りにも楽しかったから、みんな後ろ髪を惹かれながら呑みまくる。
寂しいとか、悲しいとか、考えなくても済むくらいまで呑んで騒ぐ。


んで、28時頃、部屋に戻り、寝る。

posted by 井川広太郎 at 00:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バンクーバー旅行記2006 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京失格たちが、最後を監督するはず。


Posted by BlogPetの失格くん at 2006年12月24日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック