2012年12月15日

悪人に平穏なし

悪人に平穏なし』(原題 No habra paz para los malvados/製作年 2011年/製作国 スペイン/配給 シンカ/上映時間 114分)

2004年3月11日にスペインの首都マドリードで起こった列車爆破事件を題材に、テロ組織の犯行計画に単身で立ち向かう中年刑事の生きざまを描いたハードボイルドサスペンス。
かつては敏腕刑事として活躍していたサントスだったが、過去のある事件がきっかけで左遷され、いまは酒に溺れる日々。
そしてある晩、泥酔したサントスは、酒場で揉めごとを起こした末、店内にいた3人を射殺してしまう。
証拠隠滅のため、現場から立ち去った目撃者の後を追うサントスだったが、その過程で大規模な犯罪計画を練るテロ組織と接触。
殺人事件の容疑者として警察から追われる一方で、刑事としてまだ残っていた最後の正義感から、たった1人でテロ組織と対じする。
12年ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門を制した。



監督: エンリケ・ウルビス
キャスト:ホセ・コロナド、ロドルフォ・サンチョ、エレナ・ミケル、フアンホ・アルテロ、ペドロ・マリ・サンチェス、ナディア・カサード、他

作品公式サイト http://www.akuninheion.jp/
2013年2月9日公開


ハードボイルドなのか、ダークヒーローなのか、予定調和をことごとく崩していくストーリーがサスペンスになっている。
ヒロイン設定のエレナ・ミケルという女優さんは、元々はミュージシャンらしいのだが、超絶綺麗で存在感あって素晴らしい。
posted by 井川広太郎 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック