2013年02月28日

ベルトルッチの分身

ベルトルッチの分身』(原題 Partner./1968/イタリア/配給ザジフィルムズ/105分)

日本で唯一ソフト化もされず観ることのできなかったベルナルド・ベルトルッチ監督長編第三作。

『暗殺の森』『ラストタンゴ・イン・パリ』『ラストエンペラー』の巨匠ベルナルド・ベルトルッチが1968年に発表した長編第3作。
ドストエフスキーの「分身」を換骨奪胎し、生真面目な青年と破壊的な殺人者という2つの人格を持つ男の姿を鮮烈に描く。
大学で教鞭をとる青年ジャコブは、教授の娘で恋心を抱いているクララの誕生日祝いに駆けつけるが、奇抜な振る舞いでパーティ会場から追い出されてしまう。
その帰り道、ジャコブの前に巨大な影となった分身が現れ、それ以来、ジャコブと分身は同じアパートの一室で起居をともにすることになるが……。

2013年、ベルトルッチの長編監督50周年を機に初の日本劇場公開が実現。
「ベルトルッチ初期傑作選」と題し、『殺し』『革命前夜』を同時上映。



監督:ベルナルド・ベルトルッチ
原作:フョードル・ドストエフスキー
出演:ピエール・クレマンティ、ティナ・オーモン、ステファニア・サンドレッリ

作品公式サイト http://www.zaziefilms.com/bunshin/

3月9日(土)、シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー!


これは、ベルトルッチ版の『中国女』なのか『気狂いピエロ』なのか。
苦悩と混乱がガチガチに剥き出しで、胎動なのか助走なのか、というか、そもそも…正直、なんのこっちゃ、よく分からなかった。
しかし、全くもって不可解なまま、映画史の空白を埋めるワンピースであるような気もして、映画を観るというのはやはり体験なんだなと妙に納得してしまう。
美人すぎるステファニア・サンドレッリは、テイラー・スフィフトに似ていると思った。
あ、逆か。
posted by 井川広太郎 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック