2007年02月09日

Comfortable+3 26日後編

19:00 ロッテルダムに向かう電車内 DSCN0188.JPG 

いよいよ欧州にて電車移動。
すげー楽しみにしたのだが、外は真っ暗で車窓からは何も見えない。

遠くの幹線道路の常夜灯や車の列になった明かりが見えたり、たまにマンション群の明かりが見えたりはするのだが、行程の概ねが真っ暗。

やっぱ日のあるうちに電車に乗るべきだったと後悔しつつ、なぜこんなに暗いのかも気になる。

DSCN0194.JPG 特急なので唯一の途中停車駅であるハーグ

DSCN0195.JPG 乗車券。予想通り車掌の検札がありました


19:35 ロッテルダム・セントラル到着!! DSCN0196.JPG

快適な運行で予定時刻にロッテルダムの中央駅に到着!
うわーって感じ!

大都市だけあって、この駅での乗降客はかなりの数。
この後、俺達が乗っていた電車はベルギーまで行くらしい。

例によって改札がないまま駅の下の通路に行くと、そこにはまたコロッケの自販機が!
ロッテルダムの初コロッケを早速ご賞味。美味い!

DSCN0198.JPG DSCN0199.JPG DSCN0200.JPG

駅前はデカいロータリーを作るのか工事中。
んで見渡しは悪いのだが、地図好きにはタマラン鳥瞰写真の地図があってとっても便利!

DSCN0201.JPG

この鳥瞰写真やプリントアウトして来た地図、そして通りすがりの人に聞いたりして映画祭本部を目指す。


19:50 映画祭本部到着 DSCN0203.JPG

駅から歩いて5分程、目抜き通り沿いの映画祭本部に到着。
ここは普段はコンサートホールらしく、期間中は映画祭が一階から五階までの殆どを貸し切り、本部から様々な事務室、そしてパーティ会場も押さえているらしい。

DSCN0204.JPG

DSCN0205.JPG

しかし、話に聞いた通り、事務系のオフィスはほとんど閉まりかけている!
慌てて二階のゲストオフィスへ。

PCが並んだカウンターでID欲しいんだけどとスタッフらしきおばさまに声をかける。
聞かれるままに名前や作品名を名乗ると「じゃあ写真を撮るからこのカメラに向かってスマイルして☆」とpCに付いている小さなwebカメラを指差される。
到着情報として顔写真をwebにでも載せるのかしらと思いながらサービス精神でナイス☆スマイルをかます。
と、おばちゃんはニヤニヤしながら後ろの機械でプラスチックのID にいきなりプリントし始める!

DSCN03872.JPG

「この機械調子悪いのよねー、あら、素敵に出来上がったわ☆」
まさかID用の写真とは…
俺が慌ててリテイクを要求すると「何言ってるの!これがあなたの一番素敵な表情よ!」と一喝。
おばちゃんは会って1分で俺の全てを知りつくしたらしい…

因に後日、様々なゲストのIDを見ることになるわけだが、こんなナイススマイルは俺だけでした。
しかも聞いた話によると、この情報は登録されるので、今後ロッテルダムに招待された時は、いつもこの写真でIDが制作されるらしい…

その後、色々なカウンターに行ってプログラムや事務所類、プレゼントなど貰う。

DSCN0438.JPG プログラムなど。この青いカバン持ってる人はゲストってこと!

と、突然「ひょっとして井川監督ですか?」と日本語で声をかけられる。

彼はのこ映画祭の唯一の日本語が話せるゲスト担当のスタッフで緒方さん。
今日は俺達の担当では無かったらしいのだが、たまたま通りかかったらしい。

「井川監督が約束の時間に来ないって、ゲストコーディネーターが心配してましたよ!」

えー、来る前にメールで電車で20時までには来るって言っておいたのにな。
道草が過ぎたのかしら?

ともかく、緒方さんと合流し、今回の旅行を色々と手配してくれたゲストコーディネーターに挨拶し、必要な書類などのチェックをし、今夜は早目にホテルにチェックインしますかということになる。


20:30 ホテルに向かう DSCN0260.JPG

緒方さんが「ホテルへの道すがら街を案内しますよ!」と言ってくれるのでお言葉に甘える。

DSCN0206.JPG 映画祭のメイン会場であるシネコン

DSCN0207.JPG この奥がショッピングモール。遠くに見える塔はドイツ軍がこの辺一帯の空爆の時に唯一標的から外した建造物とのこと。っつーか某国は未だに「誤射」しまくってるのに当時の技術って!

因に緒方さんは、普段はロッテルダムやオランダでの日本から来た撮影クルーのコーディネイトなどもしているらしく、あのシンジ・オノがロッテルダムのクラブであるフェイエノールトにいた時も仕事で関わったことがあるらしい!
オランダの歴史や政治、ロッテルダムの街だけではなく、その辺りに付いても色々と興味深いお話を聞かせて頂きましたー

と、トニー・レインズに道でばったり会う。
え!え!なんで!?と戸惑う俺だが、向こうはやあやあ!という感じ。
トニーは世界的な映画批評家で、数々の映画祭のプログラマーを担当しており、先のバンクーバーでも大変にお世話になった。
ロッテルダムに来るまで知らなかったが、明日の『東京失格』の上映はトニーがイントロダクションしてくれるらしい。
いやー、知らなかったけど、嬉しい!
「いま着いたのかい?君達が日本からの最初のゲストだ!ともかくロッテルダムを楽しんで!」


21:00 ホテルに到着 DSCN0271.JPG

今回泊まるのはチューリップイン!!
なんてベタベタな名前なんだと思ったが、外観は結構普通。

映画祭関係者が泊まるホテルとしては、一番遠いとこなのだが、むしろ、マース川(≒ライン川)沿いだし、道すがら色々なところを通れるし、とっても快適!

DSCN0208.JPG DSCN0210.JPG ホテルの前のマース川


21:30 街を散策 DSCN0211.JPG

緒方さんの案内で街を散策。
三たび発見した自販機でコロッケ買い食いしたり、パブで酒呑んだりしながら、ロッテルダムのダウンタウンの中心部を練り歩く。
お陰で一晩で大体の地理が把握出来ましたー


24:30 ごろにホテルに戻る

流石に疲れたー
海外に来た時はいつもそうだが、これまた長く楽しく充実した初日だった。
つーか、いよいよ明日ヨーロッパプレミア上映。
即効寝る。
posted by 井川広太郎 at 23:34| Comment(1) | TrackBack(1) | ロッテルダム旅行記2007 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失格くんはロッテルダムに東京失格の言葉は欲しなかったー。
Posted by BlogPetの失格くん at 2007年02月11日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ザ・リング2
Excerpt: 映画を見た感想を書いています。今後もどしどし記事を増やしていこうと思っています。
Weblog: 映画@DVDの旅
Tracked: 2007-02-12 18:54