2007年03月19日

また好きな街に出会った

今年のブラッドフォード国際映画祭での唯一の日本映画として『東京失格』の上映は無事に終わったようです。

映画祭スタッフを始め、携わって下さった全ての人、そして鑑賞して下さった皆様に感謝致します。ありがとう。

ああ、行きたかったなー!!

しかし幸運にも、現地在住で『東京失格』をご覧になったという方とたまたま連絡することができ、素敵なメールを頂いたので、映画祭報告に代えてご紹介させて頂きます。

イギリスにきて4年、日本の家族、友達、日本のすべてから離れてみて得たものは大きかったですが、同時に失ったものも大きかった気がしていました。また具体的にそれがどんなもので、どれだけの価値のあるものかは自覚がしにくいと感じていました。そんな時に『東京失格』を拝見しまして、答えが見えたような気がしました。

変わって行くのは周りだけではなく、自分自信もその変化して行くものの一員である事にふと気がつき、その変化を受け入れる事によって今までの不安を取りのぞく事が出来て楽になれるのかも知れない、と思いました。そうやって前進して行くものなのかな、と感じました。

また、総武線沿線で生まれ育ったので、黄色い電車が見えた時は嬉しかったです!

悲しいけれど何故か元気が湧いてくる、そんな作品でした。


映画ってスゴいね。

ブラッドフォードという街は、かなり映画LOVEな街らしいです。そんな街で『東京失格』を上映できたことを心から誇りに思います。

このブラッドフォード国際映画祭で上映できたのは本当に縁としか言いようが無いのですが、いつか必ず現地に行って、この恩は返そうと思います。


今頃、ブラッドフォードで上映された『東京失格』のテープはドーバー海峡上空を飛んでいるはずです。

近々、次に上映する映画祭をご報告できると思うので、楽しみに待っていて下さい。


んなわけで今夜は、ブラッドフォードLOVE!!!
posted by 井川広太郎 at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京失格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
凄いことですね!!
愛息は意思を持って自立して歩き出したんですね!!
そして他国に身を置く日本人に郷愁を覚えさせ、励ましているなんて素晴らしいですね!!
私も素直にもう一度見たいです。
Posted by mariko(airi) at 2007年03月20日 21:12
>mariko(airi)ちゃん
やあやあ!
スゴいよねー人事みたいに映画ってスゴいなあと思うよ。
俺とは離れたところで彼は独り歩きして世界を回っている。
俺も頑張らなくちゃと思うよ。
日本でも上映する機会を作れるようにしたいです!
Posted by 井川広太郎 at 2007年03月20日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック