2014年01月06日

ほとりの朔子

ほとりの朔子』(2013年/日本・アメリカ合作/配給:和エンタテインメント/125分)

フランスのナント三大陸映画祭で最高賞の「金の気球賞」と「若い審査員賞」をダブル受賞!

監督:深田晃司
プロデューサー:杉野希妃
キャスト:二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治、杉野希妃

2014年1月18日(土)より渋谷イメージフォーラム、2月8日より大阪シネヌーヴォ、その他全国順次-公開!
オフィシャルサイト http://sakukofilm.com/



大学浪人中の朔子(二階堂ふみ)が、避暑地で繰り広げられる恋の駆け引きを傍観しながら、思春期ならではの淡い恋心も抱き、大人と子供の狭間で揺れる様子を繊細かつ鮮やかに描く青春映画。
前半は、驚くほど秀逸にエリック・ロメールをカヴァーしてみせる。
久しく観ていない『海辺のポーリーヌ』(1983/エリック・ロメール)は、まさにこんな映画だった!と思い出させてくれるほど見事で、ここまで完璧にオマージュを捧げたことに嫉妬を禁じえない。
だが、個人的には、ロメールを振り切って一気に転調する後半が好き。
情動と理性が入り乱れ、次にどんなシーンが出て来るのか想像もつかぬようなワクワク感を持った、エネルギッシュな無軌道さが、青春独特のざわめきを感じさせてくれる。
自転車を二人乗りで疾走するか、あるいは手で押して並んで歩くか、はたまた歩行者に併せてゆっくり蛇行するか、変化に富んだ多数の移動撮影が、いちいち映画的で素晴らしい。
個性的な俳優陣が活き活きとし躍動する中、特に、絶妙に甘酸っぱくはにかんでみせる二階堂ふみが強烈に魅力的。ってか、エモい。
posted by 井川広太郎 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック