2007年04月15日

第9回バルセロナアジア映画祭にて上映

『東京失格』が今月末からスペインのバルセロナで開催される第9回バルセロナアジア映画祭にて上映されます。

バルサ!リーガも最高潮の中、憧れの地であるバルセロナで自分の映画が上映されるなんて、なんて不思議な気分なのでしょう。

デコやガウショが観に来るかもしれません。それは冗談としても、自分の代わりに作品が世界の人々に挨拶してきてくれるような、そんな感じ。

非常に惜しいのですが、本当に非情にも、俺は残念ながら現地に行けないわけなのですが、スペイン、そしてカタルーニャの人々にどう観られるのか、考えただけでドキドキします。
いや、やっぱ行きたいなあ、おい…


因に、日本からの招待作品は以下の五本のようです。
「ルック・オブ・ラブ」植岡嘉晴 2006
「東京失格」井川広太郎 2006
「ゆれる」西川美和 2006
「無花果の顔」桃井かおり 2006
「世界はときどき美しい」禦法川修 2006


ともあれ、『東京失格』5カ国目となる第9回バルセロナアジア映画祭での上映、本当に楽しみです!

worldtour.JPG
posted by 井川広太郎 at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京失格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック