2014年08月03日

水の声を聞く

水の声を聞く』(2014/日本/129分/配給:シネマインパクト)



脚本・監督: 山本政志
プロデューサー: 村岡伸一郎
キャスト:玄里、趣里、中村夏子、鎌滝秋浩、小田敬、松崎颯、村上淳

8月30日よりオーディトリウム渋谷で公開
オフィシャルサイトhttp://www.mizunokoe.asia/


新興宗教の教祖に祭り上げられた若い女性が、組織が巨大化していく中で葛藤し、在日である自分のルーツを辿りながら成長して行く様を描くヒューマン・ドラマ。

正直に言って、この映画はあまり好きではない。
なんだかギトギト、ギラギラした独特のコッテリ感が苦手だし、クライマックスは面白いが、それまではちょっと長く感じる。
しかし、誰が創っても同じようなものばかりになる昨今のありふれた映画に対して、この作品は強く作り手の存在を感じさせるエネルギーがある。
例えるなら、熱い握手。手汗までじっとり感じるような、忘れ難いガッチリと固い握手。もしくは、体温や体臭まで含め五感で記憶するようなギュッと強い抱擁か。
どうしてもこの作品を創りたかったという情熱がスクリーンからほとばしってくる、そんな感覚は、まさしく映画的だ。
posted by 井川広太郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック