2014年08月11日

Hamburg over 7

       

2014年5月30日夕方、上映チェックのため、スタジオキノ入り。
大学の後輩で、ドイツ在住の映像作家である国本来る!

映画祭の常設場所であるプロジェクターに行く。
元々、精肉工場かなんかだったところを、アートスペースとして多数の若者に開放していて、プロジェクターはその一室。
そこでニュースサイトかなにかにインタビューして頂き、ハンブルグに留学している日本人学生お手製のカレーを食べる。

そして再び、スタジオキノへ行き、20時からついに拙作「恋人たち」の上映。
お客様は、すごく熱心に観てくれていた。
上映後の質疑応答では原発問題などへの質問が多く、ロビーでも話しかけてきてくれる人もいた。

そのまま22時から、俺が撮影で参加した泉晶子監督の「水着妻」などの短編を3本まとめて上映するプログラムを鑑賞。
さすがにヘトヘトに疲れた。
posted by 井川広太郎 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンブルグ日本映画祭2014 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック