2016年08月06日

監督作『キミサラズ』初上映

本日、監督作『キミサラズ』が、木更津で上映されました。

この作品は、木更津高校出身の俳優であるカマチさんが「地元の木更津で映画を撮りたい!」という情熱から、自らプロデューサーを務め、同窓生に声をかけて資金繰りをして作り上げた作品です。

木更津という地名の由来になったというヤマトタケルノミコトの「君去らず」伝説、お富さんで有名な歌舞伎演目の「切られ与三」、そしてお隣の君津市出身の画家である柳敬助などをモチーフにしたオリジナル脚本で、僕は準備段階で監督をして欲しいと声をかけられ、参加することになりました。

実際、十分と言うには程遠い予算で非常に厳しい状況でしたが、2015年の5月に木更津で撮影を敢行し、なんとか完成するに至りました。

しかし映画は完成してからも、上映するという、さらに難しい段階があります。

その壁を乗り越えるためにカマチさんを中心に集まった「かずさ映画製作委員会」の皆さんが力を合わせ、今後の展開を模索中で、まずは木更津からということで、本日、初上映という運びになりました。

これから東京や全国、そして海外での上映を目指して、「かずさ映画製作委員会」は一歩ずつ動いていくということです。

個人の想いから始まった手作りの小さな小さな映画ですが、本日はここから大きく広がっていくような、そんな希望を感じる上映でした。

まだまだ時間もかかるかと思いますが、どうか、多くの人に届く映画に育っていってくれればと願っております。

明日、8月7日日曜日も、木更津で上映されます。
今後の上映はいまのところ未定ですので、お近くの方はこの機会に是非、ご覧下さい。

かずさ映画製作委員会 https://www.facebook.com/kazusaeiga/

posted by 井川広太郎 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック