2016年08月31日

みかんの丘

『みかんの丘』(原題 Mandariinid/2013年/エストニア・ジョージア合作/配給ハーク/87分)



監督 ザザ・ウルシャゼ
製作 イボ・フェルト、ザザ・ウルシャゼ

公式サイト http://www.mikan-toumorokoshi.info/
9月17日より岩波ホールにて公開


グルジアからの独立を目指すアブハジア自治共和国で、敵対し傷つけあったチェチェン人とグルジア人を、エストニア人の老人が介抱する人間ドラマ

めちゃんこ面白かった!
個人的にはどストライク、モロ好みの絶品。
戦争の悲惨さを描くリアルでドライな物語の中に、ユーモアと人間賛歌が溢れている。

アブハジア自治共和国は、グルジアからの独立を主張し紛争の真っ最中。
そんな中、エストニアからの移民の集落には一人の老人と、みかん畑を営む友人だけが残っていた。
戦線は近づいてきており早く避難をしなければならないが、老人はなぜかこの地を離れる意思はない。
そんな時、老人の家の側で小隊同士が衝突し、ほとんどの兵士が死亡する。
だが、アブハジアの傭兵であるチェチェン人と、敵対するグルジア人だけが奇跡的に生き残り、老人は二人を助け出して自宅で治療する。
老人の介抱の甲斐あってほどなく目を覚ましたチェチェン人とグルジア人は、お互いの存在に気づくと敵意をむき出しにし、隙あらば殺そうとする。
すると老人は、この家の中では揉め事は許さないと一喝する。
恩人である老人には頭が上がらないチェチェン人とグルジア人は、憎まれ口を叩きながらも療養のための共同生活を続ける。
考えも境遇も人種も違う三人だが、一緒に暮らすうちに少しずつ心を通わせていく。
しかし容赦なく拡大していく戦火が、いよいよ老人の家にまで迫ってきて…というお話。

シンプルな物語に個性的な登場人物、真に迫った世界観、笑いを忘れぬ姿勢、緻密でいながら温かみがあるところまで全てが魅力的。
なにより、陽気な老人のキャラクターが素晴らしい。
戦場に居座って孤独ながらしかし楽しく暮らす老人の笑いと涙を併せ持つ人間味が、悲しく不条理な戦争を描きながらも幸福な気分にさせるこの映画を体現している。

そしてエンディング曲。
前振りからしてバッチシなので「来るぞ!来るぞ!」と身構えていたんだけど、果たして、想像を遥かに超えるカッコ良い曲で震えた。
なんでも実際にアブハジア紛争中にグルジアで大ヒットした曲だとか。
これ、これなんだよ!本当に僕は何も知らない。泣かずにはいられないよ、僕は。
posted by 井川広太郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック