2016年12月29日

2016年ベスト10

今年劇場で観た中で、個人的に面白かった作品を挙げています。

1位『木靴の樹』
映画を観ていて、この映画がずっと終わらなければいいのにと思うことがまれにあるが、この映画はまさにそれ。
http://lostintokyo.seesaa.net/article/434569284.html


2位『みかんの丘』
嫉妬を禁じ得ないほど完成度が高く、悶絶するほど完璧に好みのタイプの贅沢な映画であった。
http://lostintokyo.seesaa.net/article/441491086.html


3位『疑惑のチャンピオン』
ハリウッド映画はこういったスリリングで革新的なエンターテイメント作品を排出してみせるからカッコイイ。


4位『ルーム』
どうしようもなく悲惨な話なのに子供のキャラクターによって明るく描ききっちり希望を感じるエンディング。


5位『ディストラクション・ベイビーズ』
今年の日本映画は素晴らしい作品が沢山あったが、その中でも抜きん出た面白さであった。


6位『二ツ星の料理人』
何もかもが王道なのに新鮮さすら感じる完成度の高さに作り手の偽りなき情熱を感じる。
http://lostintokyo.seesaa.net/article/438423869.html


7位『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』
泣かせればいいわけでは決してないが、劇場中の老若男女みんな泣くという経験は年に一度はすべき。
http://lostintokyo.seesaa.net/article/443366439.html


8位『二重生活』
日本には素晴らしい監督が沢山いて、これからも面白い日本映画が数多く生まれることを確信させてくれる。


9位『私の少女時代』
スターが映画にとってどんな存在か、どうしたら映画は映画になるのか、開き直ったからこその凄み。


10位『貌斬り KAOKIRI〜戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より〜』
最近は優等生な作品は増えたが、挑発してくるようなキワキワの面白さは久しぶりでガツンとくる。
posted by 井川広太郎 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック