2017年01月22日

マトリックスと俺物語



無性にどーしても観たくなったので、劇場公開以来に「マトリックス」を自宅で鑑賞
めちゃくちゃ面白かった!
つーか1999年の映画なので、もう18年も前なんだと驚愕しつつ、このblogを始める遥か昔なんだなと感慨に耽り、マトリックスと俺物語をしたためることを決意

学生時代、ジーナ・ガーションが好きという理由だけで何気なく「バウンド」という映画を観たら、これが最高で、その監督のウォシャウスキー兄弟(※当時、現在は姉弟を経て姉妹の模様)にハマった
で、そのウォシャウスキー兄弟が「キアヌ・リーブスを主演に迎えてSFアクション映画を撮っている」という噂を聞き、キアヌもSFもアクション映画も大好物だから、そりゃもうワクワクした
その後、映画関係のイベントの運営なんかを手伝うバイトをしていた僕は、たまたまマトリックスのプレスシートをゲット
素晴らしいビジュアルを目の当たりにして興奮し、攻殻機動隊の影響も、マシンガン撮影も、「なぜ気づかない」というコピーも煽りに煽って期待が膨らみまくった
そんなスーパーハイテンションで劇場に観に行って超絶大満足し、キアヌの弾除けもローレンスフィッシュバーンの手クイクイもマネしてた

続編は壮絶につまらなくてガッカリしたが、その理由は今回観ていてなんとなく分かった
そもそも冷静に考えると、ウォシャウスキー兄弟で面白いのは「バウンド」と「マトリックス」だけなんじゃなかろうか
マトリックスの電話がバウンドの応用になってて懐かしかったが、当時は生意気にも「バウンドはヒッチコック主義だ!」とかブってた気がする

で、ようやく本題なのだが、とにかくどうしてもアクション映画を撮りたい!
やっぱりワイヤーアクションでSFもサイバーパンクも良いし、いやいや元体操部員でキンフー好きとしてトランポリンかロイター板を使って竹やぶ飛んでみせたいし、ジョンウーやジョニートーのようなアクションノワールも撮りたいし、ブルースリーのファンとしてカンフー映画もやりたい
ホンや企画はあるので、侯孝賢が満を持して「黒衣の刺客」を実現したように、必ずアクション映画を撮ることを改めて決意
posted by 井川広太郎 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック